SSブログ

増税地獄 増負担時代を生き抜く経済学(森永卓郎著、角川新書)Kindle版 [経済]

増税地獄 増負担時代を生き抜く経済学 (森永卓郎著、角川新書) Kindle版

増税地獄 増負担時代を生き抜く経済学 (森永卓郎著、角川新書)は、課税と社会保険料の現状を解説。家計大苦難時代の生き残りを伝授しています。闘病が話題になっている経済アナリストの森永卓郎さんによって上梓されました。

続きを読む


nice!(128)  コメント(11) 
共通テーマ:学問

お坊さんはなぜ領収書を出さないのか(大村大次郎著、宝島社) [経済]

お坊さんはなぜ領収書を出さないのか(大村大次郎著、宝島社)

お坊さんはなぜ領収書を出さないのか(大村大次郎著、宝島社)をご紹介します。元国税調査官の著者が、領収書から税金と経理のウラを語ります。「お布施」は経理上も不透明で税金もかかりません。「住職の80%程度は脱税をしている」と本書では指摘しています。

続きを読む


nice!(142)  コメント(9) 
共通テーマ:学問

改訂版 金持ち父さん貧乏父さん(ロバート・キヨサキ著、 白根美保子翻訳、筑摩書房) [経済]

改訂版 金持ち父さん貧乏父さん(ロバート・キヨサキ著、 白根美保子翻訳、筑摩書房)

改訂版金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学(ロバート・キヨサキ著、 白根美保子翻訳、筑摩書房)を読みました。「金持ち」になる人と「貧乏」になる人の生き方・考え方について2人の「父さん」を比較してまとめています。

続きを読む


nice!(137)  コメント(9) 
共通テーマ:学問

まんが悪の帝王列伝残虐非道な日本の経営者たち(コアコミックス) [経済]

まんが悪の帝王列伝残虐非道な日本の経営者たち(コアコミックス)

まんが悪の帝王列伝残虐非道な日本の経営者たち(コアコミックス)は、実業界で大きな成果を出して名を成した伝説の人物伝です。思ったことはすぐに実践し、失敗にもめげずに前進あるのみ、人生やるかやらないかだ、という積極性で共通した人々です。

続きを読む


nice!(148)  コメント(8) 
共通テーマ:学問

給付金2回目はあるのか、与党議連80名以上が下村政調会長に要望 [経済]

私が昨日、Facebookに投稿して、エンゲージメントが高かった投稿は、特別定額給付金、持続化給付金の再給付に向けて、自由民主党の2つの議連が、50兆円規模の2021年度第1次補正予算案の編成を申し入れた件です。

政府の経済対策に、与党の一部からも不満出てきているそうです。

いずれにしても、財政出動は今や待ったなしと思います。




続きを読む


nice!(195)  コメント(11) 
共通テーマ:学問

「国の借金1200兆円、1人あたり983万円」本当の話 [経済]

3回目の緊急事態宣言が発出されたこのコロナ禍で、よりによって「国の借金」を強調する財務省肝いりのキャンペーンがさりげなく行われています。

給付金等財政出動をしないだけでなく、昨年度のコロナ対策で補正予算を組んだので、そのうち増税しますよ、という「予告」です。

しかし、そんなことをしたらどうなると思いますか。

一部の与党議員ですら、何度も財政出動や給付金を求める声が出ています。

それが実現しないのは、実は野党も「財政再建」の呪縛にとらわれているため、政府の方針を根本的に転換する対案の提示や追及ができないのです。


中には「財政再建」のお好きな方もおられるようなので、面倒だからここ(SSブログ)では書くのやめとこーかなと思っていましたが、やはり大切なことなので、事実はきちんとしておこうと思います。






続きを読む


nice!(188)  コメント(8) 
共通テーマ:学問

コロナ騒動でトレンドのMMTから経済学の玄関先にお邪魔しよう [経済]

コロナ騒動でトレンドのMMTから経済学の玄関先にお邪魔しよう

コロナ騒動で、にわかに経済関連のYoutube動画が参照数を上げているといいます。MMTとか、財政出動とか、プライマリーバランスといった言葉が飛び交うようになったからです。そこで、忘れられない私がいくつか関連動画をピックアップしてみました。

続きを読む


nice!(229)  コメント(8) 
共通テーマ:学問

Amazonは“書籍販売の新自由主義”にいよいよ乗り出すか [経済]

Amazonは“書籍販売の新自由主義”にいよいよ乗り出すか

Amazonが、これまで新品である限り同一価格で販売されていた書籍について、値下げ販売を検討すると発表しました。それによって、とくに中小書店、零細出版社、作家などに影響が心配されます。“書籍販売の新自由主義”は波紋を呼びそうです。

続きを読む


nice!(220)  コメント(9) 
共通テーマ:学問

バナナと日本人ーフィリピン農園と食卓のあいだ (岩波新書) [経済]

バナナと日本人

バナナと日本人ーフィリピン農園と食卓のあいだ (岩波新書) という書籍を、バナナの日とされる本日ご紹介します。お手頃価格で甘美なバナナは、多国籍企業の暗躍、農園被雇用者の窮乏、さらに明治以来の日本と東南アジアのいびつな結び付きがあると書かれている衝撃的な読み物です。

続きを読む


nice!(217)  コメント(10) 
共通テーマ:学問

知らないと損をする!国の制度をトコトン使う本(KADOKAWA) [経済]

知らないと損をする!国の制度をトコトン使う本

知らないと損をする!国の制度をトコトン使う本(KADOKAWA)という書籍です。清水京武・著、東園子・漫画、KADOKAWAから出ています。本書は、タイトル通り、国民・納税者が自動的に享受できるわけではない、しかしきちんと申告や申請を行えば受けられる制度を紹介しています。

続きを読む


nice!(279)  コメント(19) 
共通テーマ:学問