So-net無料ブログ作成

藤谷美和子は繊細すぎる心を持った切ない演技のできる女優だった [懐かし映画・ドラマ]

藤谷美和子は繊細すぎる心を持った切ない演技のできる女優だった

今日は藤谷美和子さん(1963年3月10日~)の誕生日です。おめでとうございます。14歳でカルビーポテトチップスのCMで衝撃のデビュー。NHKの連続テレビ小説『心はいつもラムネ色』のヒロインに抜擢されるなど昭和のドラマで活躍しましたが、いつしかフェードアウトしました。(上の画像は、左上がYoutubeより、それ以外は日テレプラス放送画面より)



カルビーのポテトチップス



藤谷美和子さんといえば、なんと言ってもカルビーポテトチップスのCM(1978年)で、衝撃デビューに触れないわけにはいかないでしょう。

「100円でカルビーポテトチップスは買えますが、カルビーポテトチップスで100円は買えません。あしからず」

当たり前のことを言っているのですが(笑)、Youtubeには「何十年経っても忘れられない」というコメントもついています。

青春学園ドラマ



『青春ド真ん中!』『ゆうひが丘の総理大臣』『あさひが丘の大統領』と、1970年代後半の青春学園ドラマに立て続けに生徒役として出演しました。

3作品すべてレギュラーで出たのは、男子が井上純一、そして、女子生徒は藤谷美和子だけです。

彼女はいずれも、ひょうきんなヘンテコちゃんではありますが、実は家庭では孤独な境遇の設定でした。

その『あさひが丘の大統領』の最終回では、井上純一が転校することになり、お別れの前に1度だけ井上純一を抱きしめたい、という希望を持った藤谷美和子に対して、担任のハンソク先生(宮内淳)が、「人生後悔しないようにヤラセてやれ」と井上純一に提案。井上純一もそれを快諾します。

ところが、その場面を杓子定規なタックル先生(片平なぎさ)に見つかってしまいます。

それまで照れてためらっていた藤谷美和子は、もうチャンスがないと思い、「大西先生(宮内淳)がいいって言ったんです」と叫んで井上純一を一瞬だけ抱きしめ、耳元で「さよなら」とささやいて去っていきます。

昭和50年代に高校生だった人には、ジーンと来るシーンだと思います。

これまた、脚本は鎌田敏夫さんです。いや、すばらしいですね、この方のホンは。

でも、やっばり、演じた藤谷美和子がいちばんすばらしいのかな。

のぶ子マイウェイ


日本生命が単独スポンサーをつとめた『のぶ子マイウェイ』(1985年6月13日、フジ)というスペシャルドラマが、藤谷美和子にとっては初主演作品です。

赤川次郎作の小説『女社長に乾杯!』のドラマ化です。

「自分のプランがメインバンクの頭取に認められ、ひょんなことから社長代行となる女性を描く」(テレビドラマデータベースより)ストーリーです。

これは私にとっても懐かしい。

藤谷美和子の勤める会社の同僚役で、私が出てるんです(笑)

セリフは「おはようございます」だけですけどねー。

社内のシーンが、三鷹にあるスタジオで夜中撮影して、出社のシーンは、ピーカンの日曜日に撮影したのを覚えています。

JR中央線の市ヶ谷駅から飯田橋に向かう、お堀に沿った道を何度も歩きました。

待ち時間に、彼女がスカートがまとわりつくといって、スプレーをスカートの中に吹き付けるときは、どこを見て良いのか困りました。

スカートをまくりあげたわけではありませんが、じっと見るわけにもいかないですから。

ポテトチップスCMや、学園ドラマの彼女を視聴者として見てきたので、近くで実物を拝見して「あー、おとなになったんだな」と感慨深いものがありましたね。

DVD化もされていないので、CSやBSでの放送を強く希望したいドラマです。



カムバックはむずかしいかもしれないけど……


おバカキャラを装って、プッツン女優などというレッテルを貼られていましたが、本当は感受性が強く、それゆえ芸能界がちょっと合わなかっただけのような気もします。

過去のインタビューなども、読み返すと気持ちの温かい方ではないかと思いました。

スパッと引退した山口百恵とは、経緯は異なる残念なフェードアウトですが、中森明菜とともに、ずっとその消息やカムバックを、ファンに期待され続ける人のように思います。

藤谷美和子さん、平成世代の方はご存じでしょうか。

あさひが丘の大統領DVD-BOX(9枚組) - 宮内淳, 片平なぎさ, 秋野太作, 金沢碧, 土屋統吾郎, 佐藤重直, 馬越彦弥, 鎌田敏夫, 畑嶺命, 大原豊, 宮内淳
あさひが丘の大統領DVD-BOX(9枚組) - 宮内淳, 片平なぎさ, 秋野太作, 金沢碧, 土屋統吾郎, 佐藤重直, 馬越彦弥, 鎌田敏夫, 畑嶺命, 大原豊, 宮内淳

ふんわり三角

ふんわり三角

  • 作者: 藤谷美和子
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 1984/03/01
  • メディア: 単行本



nice!(212)  コメント(16) 
共通テーマ:テレビ

nice! 212

コメント 16

pn

愛が生まれた日ー♪って歌ってた頃が最後に見た姿かな?同じプッツン系でも石原真理子よか藤谷美和子の方が好きだった(笑)
by pn (2020-03-10 11:29) 

ヤマカゼ

愛が生まれた日。
火曜サスペンス。
by ヤマカゼ (2020-03-10 12:46) 

ゆうのすけ

ゆうひが丘~ 毎週(あんな感じの高校生活を)憧れてみてましたね。藤谷美和子さんってドラマの中でも 素人っぽさを感じるようなとても自由な感じが好きでした。なんだか横向いちゃいながら はにかむしぐさが印象的なんです。^^
あ!同じく今日誕生日の松田聖子さんよりひとつ若かったんですね!(ちょっとびっくり!)
by ゆうのすけ (2020-03-10 14:30) 

よーちゃん

初コメントです。
藤谷さん、やはりカルビーのCMが
一番記憶に残ってますね。
永遠の名コピーだと思います!
by よーちゃん (2020-03-10 15:10) 

こんちゃん

プッツン女優が一番に浮かびました。
芸能界で生き残るのは大変なことですね。
by こんちゃん (2020-03-10 15:47) 

starwars2015

懐かしい方ですね。
目を細めて笑っているイメージがあります。
by starwars2015 (2020-03-10 18:03) 

ヨッシーパパ

元気いっぱいな女の子だった記憶があります。
by ヨッシーパパ (2020-03-10 18:26) 

Boss365

こんにちは。
藤谷美和子さん懐かしい女優さん、CMが印象に残ってます。
30年以上前のCM!!ポテチの容量は違いますが、価格が変わらない(笑)
「プッツン女優」のレッテルありました。
現在どうしているのか?気になりますね!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2020-03-10 19:12) 

八犬伝

懐かしい名前ですね
そして、とても個性的でしたね。
いったい、どうしてるのでしょうかね?
by 八犬伝 (2020-03-10 20:21) 

そらへい

ブラウン管(当時は)の中を流れすぎていく芸能人の中で
印象に残っている方ですね。
by そらへい (2020-03-10 21:07) 

mau

カルビーのCMは学校で色々パロって使いましたね
by mau (2020-03-10 22:08) 

ナベちはる

>DVD化もされていないので、CSやBSでの放送を強く希望したい

DVD化されていないと放送してもらうしか見る手段がないので、また見るためにも放映してほしいですね。
by ナベちはる (2020-03-11 00:49) 

sana

繊細な雰囲気がありましたね。
おお、共演されてたんですね!^^
芸能界は異常な人間ばかり、と最近、タレントが言ってました。
変わり者でいいけどたくましい性格でないと、もたないところはありそう?
芸能界は別に一生いなくてもいいんじゃないかしら…
どこかで幸せに過ごされていることを祈ります^^
by sana (2020-03-11 00:53) 

Rinko

藤谷美和子さん、覚えています。かわいい方でしたよね~。
きっと今もキレイなんだろうな~。
by Rinko (2020-03-11 07:46) 

なかちゃん

カルビーポテトチップスのCM、面白かったと記憶しています。
そして他の方が書かれているように、『愛が生まれた日』ですね。

by なかちゃん (2020-03-11 08:21) 

ようこくん

強がっていてもガラスのハートを持っているイメージでした。ぷっつん女優!そうでしたね!!
by ようこくん (2020-03-11 08:44) 

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます