SSブログ

美人な幼なじみと縁を切った話(はむら芥著) [生活]

美人な幼なじみと縁を切った話(はむら芥著)

美人な幼なじみと縁を切った話(はむら芥著)は、親友だと思っていた人が、たんに自分を引き立て役に利用していたことを知り絶交する話です。恋愛、仕事、結婚など様々な体験談をKindle版のマンガ化して無料公開にしするシリーズの一つです。

本作『美人な幼なじみと縁を切った話』は、はむら芥さんによる体験談を基にしたマンガで、主人公・加奈と美人な幼なじみ・マキの関係性とその変化を描いています。

どこかの誰かの体験談マンガ、というサブタイトルが付いています。

最近は、そういうのがウケるみたいですね。

人間関係というのは、打算が多かれ少なかれあるものですが、それが露骨なことに嫌気が差し、遅きに失しましたが、主人公は成人してから幼馴染の「友人」と絶交。自分らしさを取り戻す話です。

陰で陥れながら誰にでも優しい自分をアピール


主人公・加奈とマキは幼なじみです。

昔から美人で社交的なのがマキ。

一方、加奈はいたって普通の女性です。

加奈は、昔から美人であるマキと比較され、引き立て役であることにコンプレックスを抱えていました。

その上、なぜか加奈は、クラスでは「裏で悪口を言う人」として嫌われていました。

しかし、マキはそれをかばってくれるので、ずっと友人を続け、2人とも同じ大学に進学しますが、そこから2人の関係に変化が生じます。

大学のサークルの先輩に一目惚れしたマキは、加奈に協力を求めますが、先輩が加奈と親しそうなことにヤキモチを焼き、加奈のことを誤解するような嘘を先輩に吹き込みます。

しかし、そんな小細工はすぐにバレるもので、加奈は先輩から、その嘘を聞き驚きます。

加奈は、高校時代の同級生を呼び出し、「裏で悪口」の真相を聞き出すと、やはりマキが言いふらしたものでした。

マキは、女生徒たちのカーストの頂点におり、周囲をイエスマンにしていたものの、加奈だけは唯一マキに対等な感じだという評価を聞き、それが気に食わなくて「加奈はいつもみんなの悪口言ってるよ」と加奈を嫌われ者にしたうえで、「でも私は、可愛そうだから付き合ってあげるつもり」と、加奈を陰で陥れながら、誰にでも優しい自分をアピールしていたというのです。

加奈はマキに抗議したものの、言い分が振るっていました。

「私は美人で、あんたはブスなんだから、私を引き立てることで『対等の付き合い』になる。むしろ、私のような美人といることで、見知らぬ人に奢られたり得しているでしょ。持ちつ持たれつお互い様。得した分は返してよね。友達なんだから」

この作品の見どころは、「友人」の本性を見抜けず関係を切れない葛藤と、日常に潜む「美人コンプレックス」というデリケートなテーマを扱っていることです。

また、幼なじみという親密な関係性がどのように変わっていくのか、その心理描写が丁寧に描かれていることも特徴です。

読者は、加奈の視点を通じて、人間関係の複雑さや成長の過程を感じ取ることができるでしょう。

はむら芥さんの公式ブログでは、このマンガの連載が行われているので、公式LINEでは後日談や入りきらなかったシーンなどのおまけ漫画が配信されています。

人間関係は結局打算ではないのか



たしかに、本作の場合には、加奈を利用しているマキの態度は悪いですよね。やり方が汚い。

私も、どちらかというと、マキではなく加奈の側の経験をさせられるので(汗)、この体験談は、よくわかります。

ただ、「自分は美人だから、加奈は引き立て役になってもらう付き合い方の何が悪いんだ」というマキの「友人観」は、本作ほど極端でなくても、多かれ少なかれ、人間関係にはあるような気がします。

結局、人付き合いって、自分にとってその人に価値があるから付き合うわけですよね。

そういう打算だと思いませんか。

加奈だって、カーストの頂上にいるマキと付き合う自分に、誇らしさがあったことを作中で告白しています。なんだかんだいっても、加奈なりの打算があったわけです。

人脈って言いますが、孫正義さんやホリエモンが、そのへんの市井の凡人とわざわざ「人脈づくり」と友だちになると思いますか。

自分にとって、利用価値があるから名刺交換するんですよね。

「いや、自分は損得とかビジネスとか関係なく、その人の人柄がよいから友人付き合いしている」

と言われる方もおられるかもしれませんが、「この人はいい人だ」というのも、結局その人の価値観にとって都合がいいだけですよね。

逆に「この人は嫌な人だ」と思える人と付き合えるのか。付き合えないですよね。

ということは、やっぱり、打算で付き合っていることになりませんか。

「知り合ったのもなにかの縁だ」と、どんな人でも受け入れるのではなく、自分にとって都合のいい人だけと付き合うのは、マキほど極端ではなくても、実は同じ「友人観」ではないのか、なんて読んでいて考えてしまいました。

みなさんは、人間関係ではどちらかというと加奈タイプですか、マキタイプですか。

美人な幼なじみと縁を切った話 どこかの誰かの体験談マンガ - はむら芥
美人な幼なじみと縁を切った話 どこかの誰かの体験談マンガ - はむら芥
nice!(138)  コメント(9) 

nice! 138

コメント 9

pn

利用されてても特に酷い影響無ければまあ流せるかも。
けど嘘つかれて悪評ばら撒かれるんじゃちょっとなぁ(^_^;)
by pn (2024-04-15 06:27) 

mm

ふふふ、カッコよく、わたくし「孤高の人」(おほほ)
実は人付き合い苦手です。一人でいるほうが気が楽。
by mm (2024-04-15 06:30) 

Take-Zee

おはようございます!
美人と縁を切る・・・厳しい選択ですね!

 * 今日の記事で3月10日と誤って記載しました
   4月10日の間違いでした、訂正させていた
   だきました (>_<)!

by Take-Zee (2024-04-15 06:33) 

夏炉冬扇

久代ちゃんはネックレスもしています。100まで生きな、といつも声かかけしています。
by 夏炉冬扇 (2024-04-15 07:40) 

もーもー

人生の中で  自分に合わない人がいれば
少しずつ距離をおいて  切り捨てるのも
最終的に人生にも  左右されますよね・・・
勇気ある決断ですが  自分にあった人  が大切です
by もーもー (2024-04-15 08:36) 

ムサシママ

本当の美人なら引き立て役はいらないのでは?
人付き合いは面倒なので深入りはしません。サラッと付き合います
女性の友達も殆どいません。面倒なだけで必要と感じません
外野は気にせず我が道を歩んでいます
ストレスが無くて実に良い人生です
by ムサシママ (2024-04-15 14:53) 

コーヒーカップ

歳を取るほど友達はいなくなりました。
見た目も性格も加奈タイプかも知れないです。
友人に関しては容姿も性格も似たような人が多かったので、
こういうこととはあまりなかったかもしれません。
by コーヒーカップ (2024-04-15 16:08) 

tai-yama

かの水原さんも大谷さんは財布代わりにしていましたし。
サークルの先輩にモテていた加奈さんはそんなに
不細工ではない気も・・・
by tai-yama (2024-04-15 22:35) 

mau

体験談、ウェブ連載多いですね
年をとってくると、最近は介護とかみちゃいます
by mau (2024-04-15 23:44) 

Facebook コメント