SSブログ

証言・臨死体験(立花隆著、文藝春秋社)における木内鶴彦さんの証言 [(擬似)科学]

証言・臨死体験(立花隆著、文藝春秋社)における木内鶴彦さんの証言

証言・臨死体験(立花隆著、文藝春秋社)をご紹介します。病気や事故で、生命の危機に瀕した23人の臨死体験をした人々の体験談をまとめたものです。人類にとって、「シんだらどうなるのか」は、興味深い未知のテーマですが、この記事はその中の木内鶴彦さんの証言をご紹介します。



臨死体験。

実は、私には身近に証言者がいます。

妻が、火災による一酸化炭素中毒で心肺停止をして、その後も1週間深昏睡しました。。

しかし、巷間よく言われる、三途の川やお花畑は出てきたのか、と尋ねましたが、そんなものは出てこなかったそうです。

まあ、脳の後遺症なく生還しているので、停止時間が短くて、そういう体験をする時間はなかったのでしょう。

本書23人の体験者の中では、医師から、「お亡くなりになりました」とシ亡診断されてから30分後に息を吹き返し、その間、いわゆる幽体離脱をしただけでなく、「あちらの世界」で様々なものを見たという、木内鶴彦さんの体験談が話題になり続けています。


初出から20年以上ももたっているのに、現在もYouTubeで、この体験談が多くの人に紹介されるだけでなく、ご本人もたまに出演されて、自らの口で語っています。

ということで、以下は木内鶴彦さんの体験談について、かいつまんでご紹介します。

木内鶴彦さんは、1976年、2009年に臨死体験を経験。

1976年の時は、自衛隊のディスパッチャーをつとめていた22歳で、原因不明の病で生死をさまよい、臨死体験、というよりシ亡体験をしました。

その中で、宇宙の創世や五次元の世界、過去や未来に瞬間移動する体験をしたとされています。

また、タイムトラベルで子供の頃の自分に会ったり、宇宙の始まりを見たりしたと語っています。

時間と空間を自由に移動



木内鶴彦さんは、聞いたこともない腸閉塞に属する奇病で突然入院。

医師からは「余命1週間」と言われ、家族が駆けつけます。

その1週間目に検査を行った時、木内鶴彦さんはそのまま気を失い、暗闇を歩き、遠くに光を見つけました。

光の先には草原が広がり、川があったので、船で向こう岸に渡ります。

すると、向こう岸には、ナくなった従兄弟など数人がいて、しばらく話をしたそうです。

その後、その中のひとりの中年女性に「ついておいで」といわれ、しばらく歩いていると女性を見失い、気がつくと病院のベッドに戻っていました。

間もなくして、脳波や心臓が停止。しかし、木内鶴彦さんは、痛みも苦しみも感じなかったので、ベッドの足元で柵を握りしめている父親に、「大丈夫だよ」と言おうとしましたが、シんでいるので伝わるわけがありません。

なんとかして伝えたいと思った瞬間、自分は父親に憑依して、父親の目を通して自分で自分のイタイを見つめる状態になり驚いたといいます。といっても、父親のタマシイはもちろんそのままで父親も何も気づきません。

「母さんはどこへ行ったんだろう。ねえさんのところに電話でもしに行ったのかな」

木内さんがそう思うと、今度は病院の公衆電話を使っている母親に憑依したそうです。興奮している母親は、プッシュボタンをうまく押せないので、木内さんは番号を読み上げてあげたそうですが、もちろんそれは母親には聞こえません。

まるで、『もーれつア太郎』の父ちゃんみたいですが、一般的に言われる憑依と違うのは、その人に代わってその肉体に入るのではなく、その人に重なるように体に入り込むのです。

さらに、時間軸を超えて、木内さんは過去の自分も見えたといいます。

子供の頃のことです。

姉と川に遊びに行き、どこからともなく「危ない」という声が聞こえたので、姉を押すと姉は足に怪我をシてしまいました。たしかに、石が上から落ちてきたのです。

しかし、そのとき、ふざけて姉を押して怪我をさせたように家族には思われ、ずっと悔しい思いが残っていたそうです。

木内さんがその時を思い出すと、なんとその場面を見下ろしていました。

そして、実際に石が落ちてきたので、木内さんは「危ない」と声を上げると、幼少期の自分が姉を押していました。

なんかSFドラマみたいですが、タイムスリップはこれだけではありませんでした。

過去にタイムスリップし、ある場所に「来た証拠」としていたずら書きをしたところ、生還後にそのいたずら書きが残っていた、しかもそれまでなかったのに急に現れたと、そこでは大騒ぎになったそうです。

木内さんは、シ後の世界を経験したことで、

1.魂は生き続け、死後も意識が存在すること、
2.肉体が魂の乗り物であること、
3.魂は瞬間移動が可能であり、死後の世界では思った場所や時間(時代)に即座に移動できる

と説明しています。

さらに、55歳のときに、木内さんは2度目の臨死体験もして、その思いを確信したといいます。

臨死体験で考えた世界観


時間や空間の移動が自由なのは、実はすべてがひとつの意識体を形成しているからではないか、と木内さんは推理しています。

つまり、実は、私も、みなさんも、木内鶴彦もない。

肉体に乗っかった一時的な姿であり、私達すべてのおおもとは、意識が「我」としてつながり、ひとつの大きな意識体を形成している。

その中には、過去から未来に至る、生きとし生けるもののあらゆる記憶経験が集まっている。

逆に言うと、あらゆるものは本来ひとつで、そこから生物として肉体という乗り物を使って一定期間生きている、という考え方です。

木内鶴彦さんが語る臨死体験の世界は、物理学的には量子力学の「ゼロポイントフィールド」という仮説と重なります。

ゼロポイントフィールドというのは、簡単にご説明すると、そこには宇宙界の過去・現在・未来のすべての情報が記録されているという仮説です。

それとともに、詳しい説明は省きますが、概念的には老荘思想(汎神論)を思い起こさせ、哲学的には仏教(諸法無我)と軌を一にしていると思います。

本書では、肉体は魂の乗り物である、と表現していますが、その考え方は、神道やキリスト教の立場でもあります。

つまり、木内さんの体験が、もし再現性ある真実とするなら、科学はもちろん、既存の宗教も創作ごとではなく、実は真実の一面をあらわしていたということになります。

では、その臨死体験は信じてもいい話なのでしょうか。

木内さんは、科学、宗教、哲学を、うまく融合した世界を創作して「臨死体験」と言いふらしているのでしょうか。

いや、世界観の異なるそれらを、うまく融合させるのは、かりにそれらに精通した学者でも困難なことです。

少なくとも、宗教や哲学を長く研究してきたわけではない、当時22歳の若い自衛隊員だった木内鶴彦さんにそんなことができるのでしょうか。

臨死体験は、知識を使った創作ではなく、体験の正直な告白である……と信じたいところです。

もし、作り話だとすると、木内さんは相当高度な形而上学の大家であり、もうSF作家は飯の食い上げではないかと思いますけど、みなさんは、木内さんの臨死体験は、いかが思われますか。

木内鶴彦さんについては、臨死体験をきっかけとしたその後の人生についても、また別の機会にご紹介したいと思っています。

証言・臨死体験 - 立花 隆
証言・臨死体験 - 立花 隆
nice!(148)  コメント(16) 
共通テーマ:学問

nice! 148

コメント 16

df233285

>>木内さんの臨死体験は、いかが思われます
天文学上は、スイフト=タットル彗星を検出した方です
ので、深く尊敬致しております。私も運よく経験の有る、
「こっそり打ち上げた人工衛星の、噴射光」とみられる
ものを、「見た事有り」と御本人の口から、直接聞いた
覚えが有り、観察力と根性で、並大抵の方では無い事は、
よく存じます。今も御元気でしたらよい事ですが、最近
は、どうされておられるものと思います。臨死本の内容
の真偽はうっかりしてましたがそう言えば未検討でした。
by df233285 (2024-04-07 06:51) 

mayu

生命が、跡形もなく消滅してしまうのは受け入れがたく
意識はどこへ行くのだろうという疑念がね人には常にありますね。
by mayu (2024-04-07 07:40) 

夏炉冬扇

タケノコも喜ばれるのはそんなに長くありませんから。今は引っ張りだこですが。
by 夏炉冬扇 (2024-04-07 07:44) 

Take-Zee

おはようございます!
今日も菜種梅雨が続いていますね~!!
青空の下の花見は難しい年です (>_<)!
by Take-Zee (2024-04-07 07:50) 

pn

少なくとも自分は異星人だと言ってる人の言い草よか信じられると思う
by pn (2024-04-07 09:21) 

安奈

こんにちは。
奥様、そんな大変な目にあわれたことがあるんですか。
無事に生還されて何よりです。

普通ならタヒんでると言われた経験が何度かありますが、
いつも記憶がなくて真っ暗なので、
タヒんでも同じように真っ暗になって終わりだと思ってましたが、
そんな風に現実が見られるなら、万が一猫を残してタヒぬ事になっても
見守っていられるかもしれないですね。
見守るだけで面倒見てあげられないですが…。
by 安奈 (2024-04-07 09:42) 

プー太の父

私にはこういう話って未確認飛行物体のようなもので
100%は信じられない気持ちですがほんとの話かも
知れないとも思います。こんな体験してみたいですね(^^
by プー太の父 (2024-04-07 13:27) 

コーヒーカップ

死を迎えて終わりと考えると、そうでないとは思いたいです。

by コーヒーカップ (2024-04-07 14:50) 

ムサシママ

ナくなられた沢山の方々が彷徨っているとすれば
その空間はかなりの人口密度になるでしょうね
大都会以上かな?
by ムサシママ (2024-04-07 15:31) 

tai-yama

死ぬも生きるも僅かな差なのかも。
私も救急車で運ばれる前に突然起き出したけど
それまでの直近の記憶はなくしていました。
by tai-yama (2024-04-07 22:53) 

ミケシマ

いのちって不思議ですよね。
考え出すと眠れなくなりそうです。
by ミケシマ (2024-04-08 00:08) 

mau

同じ体験をした方が何人もいるのか、聞いた話に引っ張られているのか検証が出来ないものですね
by mau (2024-04-08 00:17) 

よいこ

壮大な世界観なので本当だったらすごいなと思うのですが、自分では絶対したくないです
by よいこ (2024-04-08 03:40) 

風の友

臨死体験では、不思議な話が多いのですが
魂があるとかないとかに行くと変なことになるように
思います。脳が夢を見ただけの事だと思いますが・・・・
by 風の友 (2024-04-08 11:18) 

itomaki

立花隆は子供のころに近所に疎開していて同じ学校だった、と父から聞いたことがあります。
「危ない!と聞こえたから背中を押した」のところは大変興味深いです。私にも人生の山や試験の答えを導いてくれる自分がいて欲しいし、死んだら生きている自分に答えを教えに戻りたいです。
by itomaki (2024-04-08 19:20) 

itomaki

それと、もう一つ。若い時に夜中に見た外国の(多分アメリカとか)ドキュメントで、幽体離脱の実験で脳のあるところを刺激すると幽体離脱した体験をするのだとか。意識を失って死期が近づくと脳のその部分に刺激がいくのではないか?って結論になってました。ような、そんな番組を見ましたよ。昔。
by itomaki (2024-04-08 22:21) 

Facebook コメント