SSブログ

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください! [健康]

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください! (水上治、大橋弘祐、文響社、Kindle版あり)を読みました。がん患者を、1万人以上みてきた水上治医師と、質疑応答の会話形式で書かれています。現在がんについてわかっていることや、治療や心がけについてまとめられています。



Amazonの『使用品の説明』で、すでに明らかにされている本書の質問の内容は以下のとおりです。

・そもそもがんって何ですか
・がんになったら絶対死ぬのですか
・コンビニの弁当は食べてもいいんですか
・食べたらいいものはなんですか
・健康診断でがんはみつかるんですか
・がんになって何年も生きる人とそうでない人の違いはなんですか
・がんにいい治療法はないのですか

などについて、質疑応答の会話形式で書かれています。

そして、水上治医師はこう答えています。

がんは遺伝しない※
60歳でみつかるがんは40歳でできている
魚のこげは食べても大丈夫
がん早くみつければほとんど治る
食品添加物は気にしなくていい
人間ドックはほとんど間違っている
医者のいうことを聞いているだけではだめ
すい臓がんも治る薬もみつかっている
第四の治療法「免疫療法」でがんは治るようになってきた

ということです。

※注釈をつけますと、大腸がんなど一部のがんには遺伝性のものがあります。

本書はとくに著者が新発見したことではなく、今後書き換えられる可能性はありますが、現時点で「現在の医学でできること、わかっていること」をまとめたがんの全体の概論です。

福島のがんを原発のせいにするのは合理的なのか


たとえば、福島で、震災の直後から甲状腺がんを徹底的に調べて、「こんなに数字が出ているからこれは全部原発のせいだ」という“啓蒙”がありますが、あれはおかしいでしょう。

なぜなら、がんは急にはできません。今見つかるがんは、2011年以前と考えるほうが合理的です。

そして、甲状腺がんを発症する子供はそもそも一定の割合で必ず見つかるといわれています。

数字が出たのは、今までしなかった人たちまで徹底的に検査したからであり、少なくともそれが即原発由来ということにはなりません。

ただ、震災後8年たち、政争の具ではなくまじめに因果関係を疑うなら、むしろこれからが大事だと私は思います。

がんにならないためには?


では、がんにならないためにはどうしたらいいか。

結論から書くと、これをしなかったら絶対にがんにならない、ということはわかっていません。

本書は、そういうものがあったらとっくにそれを推奨しており、がんに「ならないこと」だけを考えるのではなく、がんは誰でもなり得るから早期発見で退治できるようにしたほうがいい、というスタンスです。

「ならないこと」ばかり考えると、エビデンスもない、できそうにもない健康情報に囚われてしまうおそれがあるからです。

もっとも、ストレスとがんの関係については「わからない」そうです。

ストレスが溜まることはよくありませんが、ストレスが溜まる環境だからといって、「ああ、私はがんになってしまう」と心配しても、また新たなストレスが溜まるだけだといいます。

「アメリカが、国家予算をかけて調べたがん予防にもっとも効く食べ物」「侵襲性が比較的少ない万能の検査」「BMIとがん死亡の関係」「どれぐらいが免疫力を活性化させる適切な運動量か」などについても言及しています。

医師はプライドが高いので、平ったく言えば「ヨイショ」して良好な人間関係を築くことも大切だといいます。

そして医師も人間ですから相性もありますし、納得行かなければチェンジすべきといいます。

「がんもどき理論」についても述べているので、信者の方は読まれるといいと思いますが、まあ信者だから何を読んでも無意味かな(笑)

スポンサーリンク↓

人生は必然と偶然が糾える縄のごとし


『がんの練習帳』を書いた中川恵一医師(東京大学医学部附属病院放射線科准教授)は、がんになるか、ならないか、原因の3分の1は運、という説を述べています。

最近も『サイエンス』に掲載された研究が、ガンになるかどうかは結局偶然の結果だと述べています。

これは、「どうせ運だから酒もタバコも無原則にいい」という話ではありません。

あらゆることに原因と結果がありますが、人間は無謬でも万能でもありませんから、すべての原因にもれなく対応はとれません。

人生の多くの場合は、その原因を放っておいてもたまたま悪い結果にならなかったという「幸運」をともなっています。

「不運」というのは、その逆の見方を述べた主観的表現です。

つまり、原因がわからないこと、もしくは原因に対応できなかったことが、たまたま悪い結果として出てしまったということです。

ですから、「運」という言葉について、非合理な言い方であると否定する向きもあるのですが、もともと主観的な表現ですからいいも悪いもありませんし、「運」という言葉がよくないのなら、「偶然」といってもいいでしょう。

要するに、人生は万事、偶然と必然で糾われているものだというのが私の考えです。

そして、「必然」については本書を読んで生活に反映させ、「偶然」に巻き込まれてがんになったら速やかに(早期発見で)対応する、というのが本書の結論です。

ご自身やご家族の健康管理について、ご関心のある方はおすすめします。

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!
難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!

  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2016/04/28
  • メディア: Kindle版



nice!(241)  コメント(12) 
共通テーマ:健康

nice! 241

コメント 12

末尾ルコ(アルベール)

「質問の内容」というものがなかなかシンプルですが、一般の人たちにはこのような段階からお話を進めないといけないのでしょうね。わたしは比較的「がん」関連の本も読んできておりますが、「魚のこげ」や「食品添加物」については曖昧な知識しかありませんでしたので、この方の説は興味深いです。

>がんは急にはできません

こうした最低限度の知識は徹底的に普及させてもらいたいですね。こうした前提さえ知らない人たちがおかしな療法や薬などに騙されてしまうのだと思います。

>がんは誰でもなり得る

これも誰もが知っておくべきですよね。がんのリスクを減らす生活習慣はあり得ると思うのですが、「100%ならない」なんてことはあり得ませんよね。それとよく見たり、聞いたりするのですが、「がん検診や人間ドッグに行ってたのになぜ罹ってしまったのか」という声ですね。しかし検査って、「見落としの可能性あり」というものなのだとわたしは捉えております。疾病によってはほぼ100%見つけられるものもあるのでしょうが、がんに100%はあり得ないのではないかと。
ストレスとがんの関係は、「ありそうかな」とは思うのですが、まず永遠に実証はできなさそうですね。
「運」というのはもう、まったくその通りだと思います。そもそも生まれてきて、「自分である」こと自体がほぼ100%「運」の賜物です。できれば人生、「運」の影響を減らして、自らの力で切り拓く要素を高めたいものですが、おのずと限界があります。しかしだからといって、占いや運勢学などに頼るのも全く違いますよね。

スーパーでついに『どん兵衛 鴨だしそば』を見つけましてですね、昨日の朝食にいただきました。コクがあるけれどしつこくはなくて、朝食にはピッタリで美味しかったです。この期間なかなか「料理して」という気分にはなりませんもので、スーパーの弁当やカップ物などが多くはなっておりますが、そんな中でも極力お食事にも興味を持っていきたいと思っております。
考えてみれば母が救急車で運ばれたのは今回3月14日の件で少なくとも5回目です。しかし以前の4回は見た目の印象が強烈だったに関わらず、すぐに家へ帰してもらえました。決して無駄に救急車を呼んだわけではなく、本当に(まずいかも!)と危機感を抱いたものばかりでした。ただ母はかなり前になりますが、脳梗塞や狭心症とも診断されており、それらの時は救急車の必要はなかったのですから分からないものです。

>痰がからんで呼吸ができない

わたしの母も3月14日に運ばざるを得なくなる以前に、痰がからみやすい、背中に痛みやだるさがあるなどの、今思えば心不全を連想させる症状はありました。特に搬送数日前くらいからは息切れがかなり激しくなっていましたが、判断は本当に難しいですね。しかし一歩間違えれば道端で倒れたりと、そういう可能性もあったわけですから、家で、しかもわたしがいて、起きている最中の発作だったというのは不幸中の幸いだったとするべきかもしれません。家での発作だったとしても、わたしが出かけている時間だったなら、即座に救急車も呼べなかったですからね。     RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2019-03-23 03:14) 

pn

医者はプライドが高い、かぁ。うんうんなる程なる程、だからあんなに上から目線で接するのか(笑)。
それは置いといて、何にせよ明日ありと思う心の仇桜って事なんすかね?一寸先は闇、ガン云々ではなく危険はあちこちに転がっている。
by pn (2019-03-23 06:20) 

kou

自分は大腸をやってますが、なったらなったで仕方が無いです。早期発見に尽きると思います。
でも、20年前にタバコはやめましたけど。
by kou (2019-03-23 07:58) 

とし@黒猫

がん細胞が無限増殖するメカニズムは、
精子を無限に増殖させるメカニズムとおなで、
人間が進化の過程で、生殖とセットで
手に入れたもの、と、NHKの番組で見ました。
防げないんじゃないですかね、確率の問題であって。
by とし@黒猫 (2019-03-23 09:52) 

なかちゃん

偶然と必然、そして運と不運、これについては以前違う問題で考えたことがあります。
それは事故についてなんです。
今の交通マナーの中で運転するということは事故に遭うためと言って過言ではない…って感じですね。
要は、事故に遭ってないのは単に幸運なだけだと言いたかったんです。
何となく通じるものがありそうで、思わず書いてしまいました(^^;

by なかちゃん (2019-03-23 13:09) 

Take-Zee

こんにちは!
ガンになる確率は50%。
でも、出来ればなりたくないですね!

by Take-Zee (2019-03-23 14:18) 

kohtyan

不摂生をしててもガンにならない人、
いくら気をつけていてもガンになる人、
運命というより、遺伝子が関係しているのでしょうね。
by kohtyan (2019-03-23 15:00) 

足立sunny

その人がガンになるかならないかは予測の出来ない個人個体の問題で、そのなかで、現代医学の進歩により切って治るとか血液系のガンのように薬で寛快にもっていけるようになる割合が徐々に多くなってきたのは朗報ですね。
早期発見が大事と自分も思っていますが、発見できるかどうかも偶然が左右しその人の運次第の面もあると思っています。
by 足立sunny (2019-03-23 15:03) 

さうざんバー

義理父が前立腺ガンですが、余命1年から、なんと8年たった今でも生存中。
本当に運だと思います。
by さうざんバー (2019-03-23 16:02) 

ヤマカゼ

ガンの因子は誰でももってるいわれますが、まさにいっぷくさんのいわれる通り運なのかもしれないですね。
by ヤマカゼ (2019-03-23 16:06) 

ナベちはる

質問の内容、シンプルですが癌の治療について知りたいことがたくさん書かれてありますね。
by ナベちはる (2019-03-24 00:29) 

cheese

はじめまして。
先日、検診で乳がんが見つかりました。
医者からは早期発見だから大丈夫と言われましたけど
これって運がいい?(笑)
by cheese (2019-03-24 01:21) 

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。