So-net無料ブログ作成

吉永小百合が「銀幕のスター」という言葉を葬ったのか [芸能]

戦後史(芸能史)上、大女優、名女優と呼ばれる人はあまた存在するが、あの“毛の商人”高須基仁氏をして、その男性遍歴にもっとも興味があるといわしめたのは、吉永小百合と岸恵子である。

その吉永小百合の男性遍歴に言及した書籍が今、注目されている。吉永小百合主演の『泥だらけの純情』(63年・日活)や『光る海』(同)などを撮った中平康氏の娘・中平まみ氏が書いた『小百合ちゃん』(講談社)である。9月に上梓されて以来話題にされ、今週の『アサヒ芸能』にも取り上げられている。

中平まみ氏自身、吉永小百合のファンクラブに入っていたそうだが、そうした彼女が書く以上は、でっちあげではなく、吉永小百合の生き様や女優像を明らかにするためのものであろう。

では具体的に、同書ではどのような男性の名前が取りざたされているのか。中尾彬、渡哲也、石坂浩二、岡田裕介、清原和博、東山紀之、本城和彦などだ。

スポンサードリンク↓

そのすべてが「男女の関係」であるわけではないし、関係を示唆する詳細な記述は渡哲也ぐらいなものなのだが、その中では、少なくとも筆者からすると、岡田裕介・東映社長とのツーショットが写真誌にすっぱ抜かれたのはショッキングだった。

何しろ、吉永小百合はその時点ですでに結婚していたから、不倫を示唆する激写である。

清純派として売った者がそのような事実を取り上げられるのは、吉永小百合のファンでなくても、「芸能人は夢を売る」という建前が壊されてしまったように感じてがっかりしたものだ。

そのへんのくだりを、同誌から引用しよう。
ちなみに、先の「天国の駅」の企画者・岡田裕介氏(現・東映社長)とはその2年後、彼の自宅から出て2人で車に乗り込んだところを写真誌に撮られ、大騒動に。それから彼女が変わっていったとの声もある。 「あの騒動以降、夫との別居説が頻繁に流れ、仮面夫婦ではないか、とも言われた。はっきりしているのは、ある頃、40代半ばあたりから、年下の男性に興味を持ちだしたこと。清原和博に私信を出し、東山紀之にはラブコールを送って対談相手をしてもらい、ラグビー界のスター・本城和彦(早大)を奇声を上げて応援する‥‥。彼女の中で何かがふっきれたんでしょうね」(芸能関係者)
「ふっきれた」ことを公然とさせてしまうことで、「スター」も人間。その概念は幻想なのだということを筆者は思い知らされてしまったわけだ。

今の、恥も外聞のない私生活切り売りの「おしゃべり」で構成されるひな壇バラエティは、公共の電波を使った番組としてふさわしいかどうかを議論する向きもあるが、そもそもそうした堕落は、すでに、吉永小百合という銀幕のスターの「人間宣言」から始まったひとつの必然であるのかもしれない。

いずれにしても、吉永小百合という戦後史(芸能史)に欠かせない女優の遍歴に、読者はさまざまな思いを抱いていることだろう。

【吉永小百合関連記事】
吉永小百合、『小百合ちゃん』に書かれていたこと
吉永小百合、多情と書かれた女優人生の真相

小百合ちゃん

小百合ちゃん

  • 作者: 中平 まみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/09/23
  • メディア: 単行本


nice!(87)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 87

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます