SSブログ

『腰痛ベルト お医者さんのコルセット』で介護の腰負担を軽減 [遷延性意識障害]

youtsuu.png

『腰痛ベルト お医者さんのコルセット プレミアム』を使っています。コルセットはいろいろなものが売っていますが、「お医者さんの」と入っている商品名につられて選びました。もともと長男の介護による腰の保護から使い始めましたが、現在も引き続き使っています。



2日前に、5年前の火災で受傷した長男の1年半を駆け足で振り返りました。

脳障害、受傷後1年半の場合

寝たきりになってしまった長男の退院後のために、入院中は、病院がカニューレ(喉に挿す空気穴)の抜き差しや、タンの取り方を、私に特訓してくれたことを書きましたが、それとともに、入浴も看護師さんと一緒に行いました。

最初は、病院の最上階にある、寝たきりの人を洗う浴場までストレッチャーで長男を運びました。

長靴をはいて、プランターを大きくしたような浴槽に長男を移し、シャワーでお湯をかけてから石鹸をつけて全身をこすり、またお湯をかけます。

その間、長男にはタオルを握らせています。

そう、体は大きいけれど、赤ん坊の沐浴と同じです。

ああ、頭の中はすべて吹っ飛んで、赤ん坊になってしまったんだなあとこの時、思いました。

4ヶ月後に退院しましたが、長く入院していて久しぶりに外の空気をすったためか、風邪をこじらせてすぐに再入院。

そして、この時こそが大変でした。

会話はできなかったのですが、簡単な意思の疎通は可能になり、歩行器を使って歩けるようになっていたので、入浴は寝たきりの人用ではなく、小児科病棟の風呂場を使うことになりました。

普通の風呂場ですが、自力では立てないし、もちろん洗えないので、寝かせて洗うことは以前と変わりません。

車椅子や歩行器で風呂場につくと、

1.そこから長男を抱っこして脱衣場まで運び、
2.服を脱がせて風呂場までまた運び
3.洗い終わると脱衣場までまた運び、
4.服を着せて車椅子や歩行器まで運ぶ

のですが、当時の長男の体重が27kg

連日、そのすべてをお姫様抱っこで、腰を支点に持ち上げていたため、日に日に腰が痛くなってきました。

「これを退院後も毎日行うのか。子どもはさらに体が大きくなるし、大変なことだな」

と、さすがに先のことを考えると怖くなりました。

そのとき使ったのが、『腰痛ベルト お医者さんのコルセット』です。

スポンサードリンク↓

腰と骨盤をカバー


まあ、たぶん使用されている方の多くがそうだと思いますが、「お医者さんの」とついた商品名に説得力を感じて購入しました。

商品名って重要ですよね(笑)

ネットの販売ページによると、「東京のお医者さんが考案した」コルセットだそうです。

サポーターのように、きっちり腰をガードしてくれますが、ゴムで締め付けているわけではないので圧迫感はありません。

内側にすべり止めのゴムが6箇所ついていて、前でマジックテープを止めて使います。

装着した感じでは、腰から骨盤にかけて広くカバーされていて、要するにコルセットが支えてくれる範囲が広いので、安心して動くことができます。

腰痛ベルトお医者さんのコルセットの前
腰痛ベルトお医者さんのコルセットの前

腰痛ベルトお医者さんのコルセットの後ろ
腰痛ベルトお医者さんのコルセットの後ろ

コルセットの外側にはクロスベルトがついていて、締め方の強さも調節してくれます。

「プレミアム」という新バージョンでは、このクロスベルトが2本になっています。

普段つけていても決して着膨れしたような状態にはならず、まあさすがにスーツでは苦しいのですが、チノパンなどは問題ありません。

ムレるということも全く無いですね。

ショップの商品説明動画もあります。



その後、長男は自力歩行できるまで回復し、風呂場に運んだり寝かせたり、といったことからは解放されました。

が、重いものを運ぶ時や、これからそうですが梅雨時に腰が痛むことがあるので、そんなときは引き続き使用しています。

本当は1日中使いたいぐらいですが、逆に保護し過ぎると腰の筋肉が落ちてしまうそうなので、どうしても必要なときに限ってつけるようにしています。

もちろん、高齢者の骨粗しょう症由来の腰椎圧迫骨折や、ぎっくり腰や、その他あらゆる腰痛時に(医師と相談の上)使えます。

治療中の方は補装具扱いになるかもしれないので、商品選択の余地がある場合は、候補の中に入れておかれることをお勧めします。

お医者さんのコルセット プレミアム仕様 3L-4L

お医者さんのコルセット プレミアム仕様 3L-4L

  • 出版社/メーカー: アルファックス
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


nice!(313) 
共通テーマ:健康

nice! 313

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。