SSブログ

草刈正雄さんの『ファミリーヒストリー』で考える家系調べ議論 [社会]

草刈正雄さんの『ファミリーヒストリー』で考える家系調べ議論

ここ数日来、トレンドになっているのが、草刈正雄さんの父親の消息がわかった話です。14日放送の、NHK『ファミリーヒストリー』が“神回”だと、ネットでは興奮が続きます。同番組は、本人も知らない有名人の先祖を明らかにする番組です。

草刈正雄さんが、「朝鮮戦争で死んだ」と母から聞かされていたアメリカ空軍兵の父は、朝鮮戦争では亡くなっておらず、2013年に83歳でがんで亡くなっていたことが、番組で明らかになりました。


父親は、帰国後の53年に西ドイツに行き、結婚していたことが判明。

親族とのDNA検査で、草刈正雄さんとの血縁関係も証明されました。

番組には、父の姉(伯母)からの手紙も寄せられ、「本当に今日は幸せです」と号泣。

草刈正雄さん自身も ノースカロライナへ行き、伯母との対面。

伯母の家には親族の写真が飾られているが、そこに草刈正雄さんの写真も加わった、という話です。

いったんは、「出自が複雑…」という理由で出演を断った草刈正雄さんですが、NHKはめげずに出演交渉して実現したそうです。

番組の内容では、草刈正雄さんご自身は、実父一族との邂逅を心の底では望んでいたわけです。

それが今回、父親一族との関係が繋がったということですから、良い結果になったと思いました。

国は国民の情報を管理している


ここで、興味深かったのが、紹介された江川紹子さんの関連ツイートです。

「見つけ出したNHKの調査力と、情報に関する米国の合理的システムにも驚く。それにしてもお父さん、そっくり!」



父子が「そっくり」かどうかという議論が、興味深いわけではありません。

「情報に関する米国の合理的システム」という指摘です。

現在、戸籍制度が設けられているのは、日本と中国だけといわれています。(韓国はすでに廃止)

ところが、アメリカは今回、戸籍制度なんかなくても、追跡できたということです。

つまり、アメリカは、一般人が普通に追跡しきれないプライバシーが、特定の機関から追跡できるということですよね。

まあ、軍人だからかもしれませんけどね。

問題は、これをどう見るか。

国家が、国民自身も把握できていない情報を把握できることがいいのか、戸籍という形で、プライバシーが守られた「公開」形式の中で、本人も自由意志で確認できるほうが良いのか。

私は、家制度否定派なので、昔は単純に戸籍制度なんて廃止しろと思っていました。

でも、戸籍制度を廃止しても、我々自身が先祖を容易に追えなくなるだけで、むしろ国だけが国民の家系図を把握するような社会になってしまうのではないか、と今は思っています。

「差別」で何でも台無しにするな


ところが、戸籍制度について、単純に、「戸籍制度は、先祖の身分が記載されていて差別を助長する(から否定する)」という向きがあります。

えー、そんな単純な話じゃねーだろうー

というのは、今書いたとおりです。

戸籍なんかなくても、その人のルーツや素性なんて、本気で調べようと思えば調べられる、というのがひとつ。

ですから戸籍をなくしたって、「差別する心」が改まらない限り、差別そのものはなくなりません。

もうひとつは、「先祖の身分」は、現代では昔のように有利にも不利にもならないということ。

そもそも今は、昔の戸籍を請求しても、記載されていた華族・士族・平民・新平民・元えたという族称は消されています。

たまに消し忘れ(汗)もじつはあるのですが、「だから何?」という話で、戸籍自体、原則本人しかとれず、たとえば事実婚の場合、実父でも子供の戸籍は取れないほどプライバシーに厳しいのが今の日本です。

つまり、「先祖の身分」は、本人が言わなければ普通は話題にならないし、人に言われても証拠は出せないことになっています。

昨今流行の家系図調べというのは、自分探しであり、先祖の家柄で威張りたいからではないでしょう。

要するに、戸籍(制度)を否定しても、差別したい人はし続けるし、一方で、戸籍がなくなったら、今回の草刈正雄さんの感動にあやかろうと、個人でルーツを調べて、遠い親族との邂逅を試みることもできなくなる、ということです。

以前書いたように、私は、両親とも兄妹とも父母両方の親戚とも折り合いが悪く、いったいどんなふざけた低級な一族なのだろうと家系図作りを行ったところ、父方高祖叔父が高橋是清と公私に繋がっていたことを知り、腰を抜かしたとともに、心を入れ替えて真面目に生きようと思った経験があります。

「ファミリーヒストリー」には、そのような「生きる活路を見出し得る」ことがあり、今回の草刈正雄さんの感動は、自分におきかえると実感があります。

調べたくない人は調べなきゃいいだけの話で、何でもかんでも差別・差別って、禁止・否定のヴェールをかけまくるのは、結局国民にとって損失ではないかと私は懸念するものです。先祖調べ否定派は、一体誰に遠慮してるんですか?

草刈正雄さん、よかったじゃないですか。よかったですよ。

自力で家系図を作る方法 自力シリーズ - ERIKA
自力で家系図を作る方法 自力シリーズ - ERIKA
nice!(151)  コメント(11) 
共通テーマ:学問

nice! 151

コメント 11

赤面症

誰に遠慮・・・タブーですねm(_ _)m
by 赤面症 (2023-08-19 01:06) 

コーヒーカップ

相続の問題が有るときは役に立ちますね
納得できかねることも確認できました。
by コーヒーカップ (2023-08-19 01:17) 

萌田かずきち

養命先生・草刈さんの御父上、本当にそっくりですね。
大河ドラマの真田幸村(若しくは真田昌幸)役は、凄く
かっこ良かったですね(*´ω`*)。
by 萌田かずきち (2023-08-19 03:31) 

猫の友 メルティー

草刈さんは子供の頃は苦労されたそうですが、
モデル、役者として成功されて、出自も含めて全てが
救われたのでしょう。いい役者さんですね。
by 猫の友 メルティー (2023-08-19 06:02) 

pn

軍人だったから何とかなったんでしょうね。戸籍無いとなるとIDだけで民間人も追えるんだろうか?
by pn (2023-08-19 06:15) 

青い森のヨッチン

母親とこの番組見ました。
朝鮮戦争で死別したと思っていたら父親は他の女性とアメリカで結婚して暮らしていたという事実は息子としてはどう受け止めていいものか正直番組ではその点には深く言及はなかったけど続編(訪米編)もあるようなので楽しみです。
日本は敗戦直後に軍部が各機関、役場に軍関係のあらゆる書類の焼却処分を命じましたが、いずれ貴重な資料となるはずと命令に反して隠して保管された資料が今では当時を知る貴重な存在になっています。
by 青い森のヨッチン (2023-08-19 17:57) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。
ちょっとこなれてない書き方になってしまいましたが、ウィキに「「本人」を重視する現代社会の精神に反し差別の助長につながる」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC)と、先祖調べを批判する指摘があります。
この指摘には賛成できないという趣旨のことを書きました。
by いっぷく (2023-08-20 02:30) 

横浜かるめん

NHK草刈正雄さんのファミリーヒストリー
とても感動しました。
NHKスタッフ、過去の履歴(戸籍)などを探し当てますね。
アメリカでの身内が見つかり、ラストに草刈さんとの親戚たる方々とアメリカでお会いしたシーンは涙を誘います。
by 横浜かるめん (2023-08-20 05:59) 

エンジェル

草刈正雄さんのファミリーヒストリー、私も観ました。
モデル時代の草刈さんより役者として今が一番カッコイイと思ってます。ご自分のルーツが分かって初めて父上のお写真も見られて本当に良かったですね。彼の感動が伝わって来ました。
by エンジェル (2023-08-20 08:48) 

そらへい

私もこの番組は録画予約して見ました。
かっこよくて今は渋い草苅さんにも
こんな過去があったとは知らなかったです。
そう言う苦労を乗り越えて
お父さんとその一族を知ることが出来た事は
本当に良かったと思いますね。
by そらへい (2023-08-20 21:19) 

yokomi

私も番組を見ました。良かった良かった...ですが、母親の大変な苦労、本人も辛い差別が有ったのでしょうね。ただ今回は数少ない成功例だと思いました。当時は色々な境遇の親子が居て、大変な苦労をされたと思います。戦後70年余、大人はともかく、小さな子供たちの間にも理解が進んでいるか気になります。
戸籍制度については未だ直すべき所は有るのかも知れませんが、堅持すべきですね。
by yokomi (2023-08-21 01:49) 

Facebook コメント