SSブログ

星由里子さん7回忌、東宝娯楽映画の美しきツンデレヒロイン [懐かし映画・ドラマ]

星由里子さん7回忌、東宝娯楽映画の美しきツンデレヒロイン

星由里子さん(1943年12月6日~2018年5月16日)が、心房細動と肺がんのため京都市内の病院で死去してから今日で7回忌になります。東宝映画でデビューし、『大学の若大将』など若大将シリーズを11作、『世界界大戦争』『クレージーだよ奇想天外』など数々の東宝娯楽映画、さらにテレビドラマでも美しいヒロインを演じました。74歳でした。(画像は上段左から『クレージーだよ奇想天外』『銀座の若大将』中段が『ハワイの若大将』下段左から『ゴーゴー若大将』『日本一の若大将』より)



1958年 東宝が募集した「ミス・シンデレラ娘」に16歳で優勝し芸能界入り。

多くの映画、ドラマに出演しましたが、一躍人気女優としてポピュラリティを獲得したのは、1961年から始まった、映画『若大将』シリーズのマドンナ役です。

『若大将』シリーズのスミちゃん


全17作中、星由里子さんがヒロインを務めた11作は、主人公の若大将(加山雄三)が運動部に所属する大学生。

運動の種目は毎回異なります。

そして、毎回様々な経緯で知り合う、時には大学の同級生であったり、ときにはOLであったりするヒロインスミちゃん(澄子)が星由里子さんです。


ストーリーは、まさにこのポストの通りです。

毎回、ヤキモチ焼きで早とちりのスミちゃんのツンデレが若大将を振り回し、時にはピンチに追い込むのですが、スミちゃんは映画の終盤になると自分の独り相撲であることに気づき、若大将と和解。

そのやり方がまた直截すぎます。

いつも若大将はスポーツ大会の最中。

そこにズカズカやってきて、「好きよ、好き好き」と叫んで若大将は優勝してしまいます。

走る若大将
『日本一の若大将』ではレース中にコクる

星由里子さんご自身は、このスミちゃんのキャラクターは好きではなかったらしいですけどね。

大人の役への転換期に木下恵介作品に出演


他の東宝娯楽映画としては、特撮モノが紹介されていますが、私はあまり詳しくありません。

私が最初に星由里子という女優を知ったのは、木下恵介脚本、木下忠司音楽の『父子草』(1967年、東京映画/東宝)です。

子供の頃でしたが、最初に「きれいな女優だなあ」と思った人でした。

『父子草』のストーリーは、ガード下のおでん屋の屋台が舞台です。

父子草.jpg
『父子草』より

そこで文句を言いながら、飲んだくれている土工が渥美清。

屋台のおかみさんが淡路恵子。

毎晩、ご飯だけ入った弁当箱持参で、おでんの具を2品頼んでご飯をかきこむ浪人生が石立鉄男です。

星由里子は、石立鉄男の恋人役で出演しています。

土工は、アカの他人の浪人生を、自分の息子と重ね合わせて援助します。

土工が、なぜアカの他人の浪人生をサポートしたかがこの映画の見所。

兵隊に行っていた土工は戦死したと思われ、土工の妻は土工の弟と結婚。

英霊扱いされた土工は身を引いたものの、残してきた息子だけは心残りで、息子を浪人生にみたてているのです。

もう今は、戦争が終わって半世紀以上たっているのでわかりにくいエピソードかもしれませんが、昭和40年代ぐらいまでは、戦争にまつわる悲劇が映画やドラマにしばしば使われました。

浪人生は最後に大学に合格します。

星由里子にとって、『若大将』シリーズを降りて大人の役に脱皮しようとしつつある頃でしたが、良質の作品に出演できてよかったとおもいました。

星由里子さんの出演作品は覚えていますか。

忘れるものか - 石原裕次郎, 星由里子, 二谷英明, 市原悦子, 金田竜之介, 田崎潤, 川口恒, 太田雅子, 玉川伊佐男, 松尾昭典
忘れるものか - 石原裕次郎, 星由里子, 二谷英明, 市原悦子, 金田竜之介, 田崎潤, 川口恒, 太田雅子, 玉川伊佐男, 松尾昭典
箱根山 - 加山雄三, 星由里子, 東山千栄子, 森繁久弥, 佐野周二, 三宅邦子, 川島雄三, 井手俊郎, 川島雄三
箱根山 - 加山雄三, 星由里子, 東山千栄子, 森繁久弥, 佐野周二, 三宅邦子, 川島雄三, 井手俊郎, 川島雄三
日本一の若大将 - 加山雄三, 星由里子, 中真千子, 江原達怡, 田中邦衛, 北あけみ, 福田純, 笠原良三, 田波靖男
日本一の若大将 - 加山雄三, 星由里子, 中真千子, 江原達怡, 田中邦衛, 北あけみ, 福田純, 笠原良三, 田波靖男
nice!(41)  コメント(3) 
共通テーマ:学問

nice! 41

コメント 3

猫の友 メルティー

「僕のつくった歌です」と、若大将がすみちゃんに
歌を披露すると、初めて歌を聞くすみちゃんが
ギターに合わせて上手に歌うシーン、
加山さんが監督に「これはおかしい」と、
注文をつけたものの、そのまま収められたそうです。
by 猫の友 メルティー (2024-05-16 15:49) 

いっぷく

>若大将がすみちゃんに歌を披露すると、
記憶は完璧ではないですが、『エレキの若大将』だったかな。たしか、二瓶正也さんとか、黒沢年雄さんとかと演奏したときですよね。
by いっぷく (2024-05-16 17:43) 

pn

本人嫌でも当たり役とか結構悩んだんでしょうね。
by pn (2024-05-17 06:27) 

Facebook コメント