SSブログ

戸籍のことならこの1冊(第5版)(はじめの一歩)(著/石原豊昭、國部徹、飯野たから、自由国民社) [生活]

戸籍のことならこの1冊(第5版)(はじめの一歩)(著/石原豊昭、國部徹、飯野たから、自由国民社)

戸籍のことならこの1冊(第5版)は、戸籍の基本的な知識から、取り方、読み方、活用法に至るまで、戸籍に関するあらゆる情報を網羅している戸籍のガイドブックです。戸籍がどのように機能するのか、また、日常生活や法的手続きにおいて、どのように利用されるのかを理解するための実用的な手引きとなっています。



本書『戸籍のことならこの1冊 第3版 はじめの一歩』のポイントは以下のとおりです。

戸籍の基本……戸籍とは何か、その目的と構造についての説明。
戸籍の見方・読み方……戸籍謄本や抄本の正しい読み方と解釈方法。
戸籍の作成と変更……出生、結婚、死亡などのライフイベントが戸籍にどのように反映されるか。
戸籍の調査方法……先祖の研究や家系図の作成に役立つ戸籍の探索法。
法的手続きと戸籍……結婚、離婚、相続などの際に戸籍がどのように関わってくるか。

本書には、戸籍に関する様々な具体的なエピソードや事例が含まれています。

これらのエピソードは、戸籍の取り方や読み方、さらには戸籍を活用するための知識を理解するのに役立ちます。

例えば、戸籍謄本の見方や、家系図の作成方法、相続手続きにおける戸籍の役割などが具体的に説明されています。


また、戸籍の複雑なケースや、隠れた養子や離婚歴など、戸籍に記載される様々な状況についても触れられています。

誤解されやすい「戸籍用語」


戸籍について、わかりにくい言葉について本書では解説されているので、いくつかご紹介します。

婚姻と入籍
たとえば芸能二ュースで、結婚式をせずに、もしくは結婚式に先立って婚姻届けを出すことを「入籍した」と表現しますが、結婚自体は法的には「婚姻」といい、「入籍」ではありません。

婚姻は結婚の法的な状態を指し、入籍は既存の戸籍に入ることを意味します。

たとえば、いったん親の戸籍を出ると、離婚しても元には戻れないので、その戸籍のまま次の結婚相手と再婚すると、再婚相手や、相手にもし連れ子がいたらその戸籍に入ります。そのプロセスの記載は「入籍」になります。

そして、相手の連れ子は「入籍」しても、それだけでは自分の子供にはならず、さらに養子縁組の手続きが必要です。その手続きを通じて、連れ子とは法律上の親子関係が成立し、同じ姓を名乗ることができ、相続などの法的な権利を有するようになります。

戸籍謄本と戸籍抄本
「謄本」は戸籍に記載されている全員の情報を含む証明書で、「抄本」は特定の個人の情報のみを含む証明書です。これらの違いはよく混同されます

除籍と改製原戸籍
「除籍」は、シ亡や婚姻などで現在の戸籍から除かれることを指し、「改製原戸籍」は戸籍の記載方法が改正された際に新しい体裁の戸籍が作成され、元の戸籍が「改製原戸籍」となることを指します。

筆頭者と世帯主
「筆頭者」は戸籍の最初に名前が記載されている者を指し、戸籍の管理上の代表者です。一方で、「世帯主」は法的な意味合いではなく、たんなる家庭内での経済的責任者や管理者を指します。


娘婿と婿養子
これも意外と間違えられやすいのですが、結婚して妻の姓を名乗ったからと言って、それをもって婿養子になるわけではありません。婿養子とは、妻の親との間に養子縁組を結び、養子になった人のことを指します。

妻の姓を名乗っただけで、即婿養子と思うのは、旧弊な家制度の価値観のままなのでしょう。戦前生まれか、その親の教えに囚われている人がしてしまう誤りです。

……とまあ、このような説明が平易に書かれています。

氏を変更する「裏ワザ」


結婚すると、新しい戸籍が、どちらの姓を名乗るのも自由と言いながら、やはりそこは父系社会というか、たいていは夫の姓で新戸籍を作ります。

私もそうでした。

別にそれまでの自分の姓にこだわりもなかったし、というよりむしろやめたいぐらいだったのですが、あまり深く考えず婚姻届を出してしまいました。

でも、すぐにそれを後悔して、人生をやり直すつもりで、妻の姓を名乗りたと思ったのですが、今の日本の法律では、たとえ配偶者の旧姓であっても、いったん名乗った氏の変更は容易ではありません。

方法は全部で3つ。しかし……

1.妻の親の養子になる……相続や扶養などでトラブルが生じやすい
2.妻といったん離婚してから再婚する……戸籍を弄ぶとのそしりは免れない
3.家裁に氏の変更の申立を行う……認められるハードルは高い

と、いずれもすんなりと実行はできないので、5年前に「第4の方法」を見つけて、「変更」しました。

それは、戸籍はそのまま、「読み」だけを変えて、役所(住民基本台帳)に変更を申し出るのです。

これは、電話1本でできます。極端に言えば、「佐藤」と書いて「すずき」と読むことにしても通ります。

ただし、周囲の人にそう読んでもらうのは大変だと思いますが。

名前の「読み方」が記載されているパスポートを日常的に携行するしかないですね。

もう何年も前から、選択的夫婦別姓なる制度を求める声があります。

私は、旧弊な家制度絶対否定派なので、本来なら賛成したいのですが、以前も書いたように、その制度はよく考えると、決して現在の民法(家族法)に則ったものとはいえない憾みを抱えていると思います。

それなら、配偶者の旧姓に限っていつでも自由に変更できるようにする方が、現行制度を守りたい人とも合意し得る現実的な方向だと私は思うんですけどね。

みなさんは、戸籍や氏に関することで、悩みはありませんか。

戸籍のことならこの1冊(第5版) (はじめの一歩) - 石原 豊昭, 國部 徹, 飯野 たから
戸籍のことならこの1冊(第5版) (はじめの一歩) - 石原 豊昭, 國部 徹, 飯野 たから
nice!(128)  コメント(9) 
共通テーマ:学問

nice! 128

コメント 9

mm

おはようございます^^
今はもうどうでも良いと思っていますが、結婚当初は不愉快な気持ちになりましたね。夫の姓を名乗っていますので、夫の親は「嫁が来た」感覚が抜けず、わたくしは単に夫の姓を名乗っているという気持ちしかなかったので。「夫婦は平等」だと思っていても、義両親はそうは思っていなく・・・
因みに夫は長男ではなく末っ子(三男)ですが、親と同居でした。
その頃は自分の苗字にすればよかったと思うこと再三でした。
by mm (2024-05-15 06:43) 

Take-Zee

おはようございます!
戸籍は手書きで大きく×されたり・・・
ずさんな印象を受けますね!!

by Take-Zee (2024-05-15 06:51) 

mayu

戸籍は日本独特なのでしょうか。
世界の状態も知りたいです。
by mayu (2024-05-15 07:12) 

夏炉冬扇

赤玉ねぎ。味はかわりません。色どりがいいので、料理が映えます。苗は少し高いですね。
by 夏炉冬扇 (2024-05-15 07:48) 

pn

結婚したら別性じゃなくせっかく新しい戸籍になる(んだよね)んだから苗字も新しく作っていいみたいなのはどう?
by pn (2024-05-15 08:43) 

HOLDON

これ、苦手です。
いつも役所でうろたえております。
幸い後悔するまで行かなかったようで不勉強のまま。

by HOLDON (2024-05-15 15:49) 

センニン

用語の説明については全くその通りですね。
相続の資料を集める過程で初めて知ったのは日本人が外国に籍のある人と結婚した場合、配偶者はその日本人の戸籍には入らないということです。
婚姻の事実は記載されますが、籍は外国のままです。
配偶者なので相続権はあります。
ただその子(連れ子)については、記事にありますように養子縁組の手続を取らなければ相続人にはなれません。

某国会議員が戸籍の問題(父親の国籍だった)を取り上げられたことも記憶に新しいところです。
たしかその後母親の国籍に変更した(ある時から可能になった)ことで決着を見たようです。
by センニン (2024-05-15 18:59) 

tai-yama

宗門人別改帳が元なので、まぁ、古い江戸時代からの
考え方が入ると。しかも、民法とか明治時代に
作られたものが(いまだに)基本ですし・・・・
by tai-yama (2024-05-15 22:51) 

mau

昔の手書きの戸籍の方が履歴がわかりやすい気がします
by mau (2024-05-16 00:42) 

Facebook コメント