SSブログ

桜京美、シチュエーション・コメディ(シットコム)に出演した喜劇女優 [懐かし映画・ドラマ]

6月3日は、桜京美さん(1930年6月3日~1988年11月10日)の生まれた日です。

「日本の女優、声優。喜劇女優としても知られていた。本名は村瀬つね子」(ウィキペディアより)です。

1950~60年代に活躍された方なので、リアルタイムはわかりません。

が、シチュエーション・コメディ(シットコム)という、コント形式のドラマを普及することに貢献された方として、覚えておきたいと思います。


桜京美とは誰だ


桜京美さんのプロフィールに必ず出てくるのは、舞台中継型お笑い番組の元祖『お笑い三人組』のレギュラーをつとめたことと、アメリカのシチュエーション・コメディの『アイ・ラブ・ルーシー』で主役の声をあてるなどの仕事をされたことです。

こちらは、昨年の記事です。


シチュエーション・コメディ(シットコム)とは、ほぼ1つか2つのセットで、限られた出演者が、さまざまな状況・展開でコミカルに立ち回り、実在しない観客の笑い声が効果音的に入ります。

セットを整えた、コント形式のドラマ、という趣ですね。

『お笑い三人組』は、実際に客を入れて、舞台で演じましたが、同じ舞台で最初から最後までストーリーを展開するので、シチュエーション・コメディの舞台版といったところです。

あの『8時だョ、全員集合!』も実はこの形式ですね。

その土台を作ったテレビ創世記の番組に出演したのが、桜京美さんというわけです。

お笑い三人組



あまから横丁に住む、三遊亭小金馬(現:4代目三遊亭金馬)、一龍齋貞鳳、3代目江戸家猫八の3人に、それぞれの妻である桜京美、音羽美子、楠トシエ、ご近所の武智豊子、渡辺篤が絡んでドタバタを巻き起こします。

テレビ史を振り返る時に、必ず出てくる番組です。

観客と生演奏が入った旧NHKホールの舞台で、コメディを演じます。





アイ・ラブ・ルーシー



『アイ・ラブ・ルーシー』は、1951年~1957年にわたって放送された、アメリカのシチュエーション・コメディです。

専業主婦の妻ルーシーと、バンドリーダーの夫リッキー夫婦が主人公の話です。

ルーシーが陽気で活発すぎる性格であるがゆえに、いつもどこかでトラブルを引き起こします。

Wikiには、「6シーズン中4シーズンはアメリカ国内最高の視聴率」と書かれているので、人気番組だったんですね。

少し遅れて日本で放送された時は、当初は字幕だったそうですが、私が知っているのは日本の俳優による吹き替えです。

ということで、昨年のリライト記事なので、この記事はコメントは閉じます。ご覧いただきありがとうございました。

ub14823若尾文子桜京美夜の罠ポスタ
ub14823若尾文子桜京美夜の罠ポスタ




nice!(33) 

nice! 33

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます