So-net無料ブログ作成

瀬戸内寂聴さん「4歳の娘を捨てた不倫駆け落ち」が叩かれている

瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴さんが、連休明けの炎上ネタです。週刊誌(『女性セブン』2016年5月12・19日号)のWeb版で、記事の中に瀬戸内寂聴さんが自分の人生を振り返っているコメントがあります。

その中に、「70年前、4歳の娘を捨て、不倫駆け落ち」という件があったため、ネット民が瀬戸内寂聴批判に燃えに燃えて、半日で4つもスレがたつ大騒ぎになっています。



本日の記事の前に一言。

一昨日の記事
あなたの顔は芸能人の誰に似ているか探そう!ツールを実験!

ですが、私は「ジョークソフト」と書いてしまいました。

そうではなく、まだ開発途上であるとのコメントが入っています。

記事を一部直しますが、すでにごらんなった方には、訂正させていただきます。

それで本日の話です。

元記事の出ているまとめサイトをリンクします。

瀬戸内寂聴「プラトニックだった」と言い張るが、70年前、4歳の娘を捨て、不倫駆け落ちを告白

概要を3点でまとめます。

古い家父長制の下で滅私奉公を強いられた女性たちの中には、戦後になって自由を獲得し、家を飛び出す人も少なくなかった。

園田直議員との白亜の恋が話題になった園田天光光さんや、瀬戸内寂聴さん(93才)もその1人で、瀬戸内寂聴さんは20歳の時、4歳の娘を捨て、不倫駆け落ちしたと振り返った。

今の女性たちは離婚をしても、ちゃんと仕事をして、ひとりで子供を育てている人も多いが、瀬戸内寂聴さんの頃は娘を連れて家を出る選択肢はなかったから、時代は確実にいい方に変わっている。

という記事の内容です。

それに対して、ネット民は、「4歳の子どもを捨てるなんて人間のクズだ」という書き込みが短時間に連なりました。

みなさんは、いかがお考えですか。

以下は私の意見です。

ネット民は、記事の趣旨と、瀬戸内寂聴さんに対する人生評価を区別していない点でおかしい。

記事は、瀬戸内寂聴さんを美化した自伝ではなく、あくまでも、女性が戦後自由になって自立もできつつあり時代はいい方向に発展している

だから時計の針を戻すようなことがあってはならない、

という話です。

ですから、それにケチを付けるのは、きっと本質は、瀬戸内寂聴さんどうこうではなく、記事が今の安倍政権の方向性や保守的な立場に対する警鐘であることに気づいて、ネトウヨが「左翼的な記事でけしからん」と牽制しているのだと私は思いました。

つまり、政治的意図があるくせに、それを隠して、叩きやすいものを叩いて論点をぼかしているわけです。

それがわからないまま、瀬戸内寂聴批判の大合唱をしているネット民は、思慮が足りないと思います。

スポンサードリンク↓

瀬戸内寂聴さん自身に対する評価はどうか


もっとも、瀬戸内寂聴さん自身に対する評価自体を、私は否定しません。

さんざんインモラルな生き方をしたくせに、宗教に逃げ込んで頭を丸めたら逆にエラソーに説教たれて、何様だ

という意見、よくわかります。

出家してお経を読むとどれだけ偉いのかは、宗教側に言い分があるかもしれませんが、瀬戸内寂聴さんに限らず、宗教に逃げ込んだ人たちに言いたいのは、「仏の道はまず人の道から」ということ。

それまで「現世」で撒き散らした未精算な迷惑はどう解決するの、という素朴な疑念は私も持っています。

ただ、瀬戸内寂聴さんが何をやってきた人かは、瀬戸内寂聴さんの主観で告白したことであり、客観的に作家や歴史家が明らかにしているわけではないですよね。

たとえば、今回も、本人が、「4歳の娘を捨て、不倫駆け落ち」と言っていますが、瀬戸内寂聴さんが、良くも悪くも、多少盛って話しているかもしれないでしょう。

当時の状況から考えると、「娘を捨て、不倫駆け落ち」ではなく、真相は「娘を取られて家を追い出された」可能性だってあるじゃないですか。

当時はそういうことがあっても不思議ではない時代だったのです。

いや、今だってそうでしょ。

孫が生まれると、じーさんばーさんは、勝手に「ナニナニ家の跡取り」とか言ってさ。

実子だって結婚すれば戸籍は別れるのに、「ナニナニ家」なんて古い家制度の考え方です。

それに、統計をとっていないので客観的なことはわかりませんが、瀬戸内寂聴さんのファンは、瀬戸内寂聴さんの明らかにされている過去を全く知らずに、純粋に徳の高い僧侶であると思って信奉しているのでしょうか。

そうではなくて、いうなれば松田聖子人気みたいなもんかもしれないじゃないですか。

瀬戸内寂聴さんの生き方が立派だからではなくて、倫理も無視して清廉潔白なんかじゃない人が、何かしらないけど文化人になってエラソーにしている。

そういうサクセスストーリーにあこがれているのではないでしょうか。

それで、その「捨てた娘」ですが、上記のまとめサイトによると、

娘さんとは、とっくに和解して、今はこんなに仲が良い

瀬戸内寂聴母子

ということになっています。

これが事実なら、いずれにしても事情も知らない他人がとやかくいう必要ないと思いますが、いかがでしょう。


【関連記事】
『そーらーめん』を作り、瀬戸内寂聴さんの舌禍炎上を考える
瀬戸内寂聴氏の「殺したがるばかども」発言、日弁連が謝罪

これからを生きるあなたに伝えたいこと

これからを生きるあなたに伝えたいこと

  • 作者: 瀬戸内 寂聴
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2016/04/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(324)  コメント(13)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 324

コメント 13

関谷貴文

宗教者に「迷惑」という概念はないと思います。
by 関谷貴文 (2016-05-07 01:29) 

Take-Zee

おはようございます!
寂聴さん、じつに奔放な生き方をしてきた
方のようですね。

 マイルストーンの輪は自転車の車輪を表して
いるようです。

by Take-Zee (2016-05-07 07:06) 

tsuukounin

生きたいように生きるってある意味羨ましいです。
不倫を非難されていますが、男女の仲はどちらかが
一方的に悪いわけでもないし。
by tsuukounin (2016-05-07 14:48) 

うつ夫

娘を捨てた話は、あくまで叩く口実です。

ネトウヨの本音は、瀬戸内氏が共産党支持を明確にしているからだと思います。

by うつ夫 (2016-05-07 19:09) 

しきみ

この話というか、この人に関しては、賛否両論あると思います。
ネトウヨどころか、ネットすらしない母親ですが、瀬戸内寂聴さんは大嫌いです。
おっしゃる通り、「娘を捨てて駆け落ちした挙句、仏門に入って説法解いてるのが嫌」だそうで。
TVでこの人が映ると、チャンネル変えちゃうぐらい徹底して嫌ってますね。
by しきみ (2016-05-07 22:49) 

nisisyou36

瀬戸内寂聴さんの事を、私は子供の頃(40年近く前でしょうか)から知っていますが、その頃から駆け落ちされて、子供さんを捨ててしまったという事をご本人がおっしゃっていて、衆知の事実でした。
何を今更、騒いているんでしょうね。今の日本は、人の弱点を見つけて徹底的に叩きつぶす風潮があるので、大嫌いです。
by nisisyou36 (2016-05-07 23:20) 

mistta

和田秀樹さんも今の日本はすぐに人を叩いて喜ぶ
傾向にあることを指摘していますが、この件もその一つですね。
by mistta (2016-05-07 23:24) 

いっぷく

コメントありがとうございました。

私の身内に、歳をとってから迷惑をかけて出家した人がいるので、
その人のことを思い出し
瀬戸内寂聴さんの件に便乗して、出家そのものに
厳しい書き方をしてしまいました。

以前もこのブログで、小泉元首相の私生活を松尾貴史という人が
中傷していたことを批判する記事を書きましたが、
親子や家族の関係に、他人が「正解」を決めつけるものでは
ないと思っています。
by いっぷく (2016-05-08 00:04) 

関谷貴文

でも不倫した奴の説教なんか聞きたくないという意見は「あり」では?
by 関谷貴文 (2016-05-08 01:19) 

頭悪い

宗教家で共産党って、内容あまり理解していない。

仏の世界と、革命は、対極にあるんだよ。

〈革命〉とは、命を革める ということ。

つまり人殺しを正当化しているのが、共産党。

この エセ坊主も、そのうち人殺し肯定し始めるかもな
by 頭悪い (2016-05-08 05:59) 

いっぷく


植木等の父親は、浄土真宗大谷派僧侶であり日本共産党員でもありました。
京都では、日本共産党員と僧侶が一緒にビラを巻く光景は
当たり前のようにお目にかかることができます。
by いっぷく (2016-05-08 13:41) 

みな

初めてコメントさせていただきます。

寂聴さんの言いたいことはわかるし納得はできるんです。
けれど自分の中で「信用のおけない人」という位置づけなのか今いちスッキリしないような気がするのも事実です。
私には宗教に帰依すればチャラというか隠れ蓑にしているようにも見えるんですよね(そうじゃないと思うけれど)。

娘さんとの関係は両人が納得しているのであれば他人には何も言えないことだと思っています。

でも「肉が大好き」と聞いたことがありますし元気で自由な意思を持っていてそこは尊敬しています。
by みな (2016-05-08 16:27) 

お名前(必須)

不倫して子供捨てる人間より不倫せずに真面目に生きてきた人間の方がよっぽど立派で人格者だと思います
by お名前(必須) (2016-05-18 05:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます