SSブログ

『乱れる』高峰秀子と加山雄三による息も詰まる“禁断の愛”! [懐かし映画・ドラマ]

乱れる

『乱れる』(1964年、東宝)を観ました。成瀬巳喜男監督が手がけた、高峰秀子と加山雄三による義姉弟の“禁断の愛”を描いた作品です。キムタクではありませんが、何を演じても加山雄三と言われたシンプルなキャラクターが、今回はうまく作品のモチーフにハマッて、観ていて非常に心地良い作品に仕上がったと思いました。(画像は『乱れる』より)



礼子(高峰秀子)は、戦争中勤労奉仕で静岡・清水に来た時に、森田屋酒店の女将さん・しず(三益愛子)に見初められ、そこの長男と結婚しました。

ところが長男は戦死し、以来20年、森田屋酒店をバラックから立て直し、残されたしずや、夫の弟・幸司(加山雄三)の面倒を見ながら切り盛りしています。

幸司は、大学を出てから東京の会社に就職したものの、すぐに辞めてしまい、ホステス(浜美枝)と遊びで付き合ったり、商店街の店主たち(柳谷寛、十朱久雄、佐田豊)と麻雀に明け暮れたりして、まじめに働きません。

すでに嫁いでいる森田屋酒店の長女・久子(草笛光子)は、礼子の功労を軽視。幸司が怠け者なのは礼子がいるからであるといい、礼子にはお役御免させて、幸司に跡を継がせたいと思っています。

次女の孝子(白川由美)は、いったん結婚に失敗したものの再婚。“出戻り”の立場なので久子ほど自分の主張はしませんが、経験上再婚するもの悪くない、という立場です。

商店街にはスーパー「清水屋」ができ、店員の森園(藤木悠)は、加賀食料店(柳谷寛)の半値以下で鶏卵を販売。

店の先行きを儚んだ柳谷寛は自殺してしまい、妻(中北千枝子)は、スーパーに殺されたと絶叫します。

そんな時、久子の夫(北村和夫)は幸司に、店をスーパーにする気なら資金を出すと提案。

幸司は、店の功労者である礼子を社長にすることを条件としますが、礼子を追い出したい久子の意向を受けている久子の夫は、ウンと言いません。

そんなとき、幸司は礼子に、告白します。

礼子と一緒にいたいから東京の会社をやめ、礼子の仕事を奪いたくないから、あえて怠け者だったことも告白。

スポンサードリンク↓

告白からクライマックスへ


以来、2人の関係はぎこちなくなります。

といっても、悪気のない“若大将”幸司は告白後はケロッとしていつもどおりなのですが(笑)、告白された礼子の方はうろたえてしまい、つっかけ荒く話したり、いつも分けてあげるおかずを「あたしが食べるのよ」と分けなかったりと、意識しっぱなし。

食べるのよ
『乱れる』より

私は、こういう女性の“面倒くさい自己表現”は実は苦手なのですが、我が同郷(東京大田区・蒲田)の“デコちゃん”のこのシーンは思いっきりいじらしいので、微笑ましいというか羨ましいというか、心地よく観ることができます。

さて、スーパーの話や幸司の件などから、礼子は居づらくなって、結局故郷の新庄に帰ることにします。

すると、その成り行きを作った張本人のくせに、幸司は礼子を送って行くと言い出し、しかも最寄りの駅までではなく、何と新庄まで付き合う心づもりです。

そして、車中は、礼子に差し入れたみかんも弁当もみんな自分が食べています。

この幸司の悪気のなさも、なかなか真似できません。

礼子は、そんな幸司の悪気のない一途さや、車中向い合って幸司の寝顔を見ているうちに、義姉の立場を措いて、1度だけ男女の関係に踏み込むことを意識し、新庄の手前の大石田駅で途中下車。銀山温泉の旅館に向かいます。

部屋は布団が並べて敷かれ、礼子は、こよりを幸司の薬指に巻きます。

そして、「女ですもの。あなたから告白されてから、あなたの姿が見えないと、あなたを探すようになったわ。そのくせ、あなたがそばにいると、不安で不安で、気が狂いそうだったの」と告白。

このシーン、そういうことを言われた経験のない私は、拳を握りしめてドキドキしています(汗)

そして、幸司は礼子を抱き寄せ、礼子も自分から手を回します。

……ところが、ところがです。

ここで礼子は一線を踏み越えられず、何とキスを拒絶!

そして、急転直下、悲劇的な結末が……

いつもネタバレごめんですが、今回のラストはやはり、実際の作品を御覧ください。

もしかしたらネットの何処かに書かれているかもしれませんが、私は、男女の愛、とくにこうした禁断の愛はよくわかりませんので、私の述べる結末ではなく、やはり実際にご覧になった方がいいのではないかと思います。

「義姉さん」と呼ばなければよかったのかも……


幸司が、一途なのは良かったのですが、礼子を名前で呼ばず、一貫して「義姉さん」と呼びつづけたことが、若大将にとっての“敗因”だったのかもしれません。

いったんその気になった礼子も、ふと我に返って「義姉さん」に戻ってしまったんでしょうね。

ネットのレビューを見ると賛否両論ありますが、昔の作品でも十分感情移入できたので、私にとっては秀作だと思います。

同時上映は、以前ご紹介した『喜劇駅前女将』だったそうです。

『喜劇駅前女将』60~70年代オールスターと当時の人気力士が出演!

駅前女将・淡路恵子
『喜劇駅前女将』より

出演者の合計の出演料は、もしかしたら『喜劇駅前女将』の方が高かったかもしれませんが、たぶん『喜劇駅前女将』がB面・プログラムピクチャー扱いだったんでしょう。

最近よくご紹介している『若大将』シリーズも、最初は併映作扱いだったのが、人気シリーズになったのです。

【若大将シリーズ関連記事】
『大学の若大将』高度経済成長の日本に全面開花した青春喜劇
『銀座の若大将』星由里子の澄ちゃん、今回も嫉妬で若大将困惑
『日本一の若大将』悪気を知らず友だち思いの明るく楽しい青春

加山雄三のキャラクターは、俳優として深みがないような評価もありますが、こうした若大将シリーズや本作を観ると、一騎当千の個性じゃないかと私は思っています。

乱れる 【東宝DVDシネマファンクラブ】

乱れる 【東宝DVDシネマファンクラブ】

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


nice!(295) 
共通テーマ:映画

nice! 295

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。