SSブログ

歯医者が難病になってわかったこと(長尾周格著、三五館) [健康]

歯医者が難病になってわかったこと(長尾周格著、三五館)

『歯医者が難病になってわかったこと』(三五館)を読みました。著者は歯学博士の長尾周格医師。虫歯や歯周病のメカニズムではなく、糖質制限や牛乳・ヨーグルトの忌避によって、口を含めた健康を指南。歯科医療の視点から食事と健康の関連性を探求しています。



我が家は、歯科治療のお世話になっています。

中でも私は、奥歯の詰め物がとれたのに、2年ぐらい放っておいたので、しばらくかかりそうです。

一方、妻も同じ状況でしたが、私よりもはやく治療を受けたので、軽く済みそうです。

私も、はやく治療を受けておけばよかったと思いました。

歯科治療も、「早期発見、早期治療」が大切ということではないでしょうか。

ということで、今更ですが予防歯科に関する本を読んでみました。

ご紹介するのは、歯科医の書籍『歯医者が難病になってわかったこと』です。

内容は、以下のとおりです。

著者が、潰瘍性大腸炎という難病にかかり困っていた。

それが、「先住民食」を食べるようになったら、病気が改善した。

先住民というのは、アイヌ民族やエスキモーなど開拓前の原住民です。

要するに、食事の改善によって、口を含めた全身の健康を実現できることがわかった。

その経験を活かして、予防歯科として、自費専門の歯科医院を開設している、ということです。

つまり、保険適用される普通の虫歯治療は行わず、予防だけにしぼった診察や処置をしているというわけです。

先住民のすべてが良いとは限らない



先住民の人々が何を食べていたかといえば、肉や魚であり、私たちのように、お菓子やインスタントラーメン、加工や精製した食品などは食べていませんでした。

つまり、著者は、

糖質、保存食、加工食品、インスタント、ファーストフード、スナック、植物油、牛乳、ヨーグルトなどを控えろ

と、述べています。

歯科医なので、それを虫歯や歯周病予防にも適用しているのです。

まあ、甘いものが虫歯、というイメージはありますからそれはわかるとして、保存食、加工食品、インスタントなどは、栄養が偏るとか、添加物がいけないとかいわれますが、虫歯との関連というのは、聞いたことなかったですね。

著者は、先住民食に回帰しろ、としています。

ただ、糖分はともかく、保存食、加工食品、インスタントなどをやめることが、なぜ虫歯の予防なのかは、よくわかりませんでした。

それに、糖質、保存食、加工食品、インスタント、ファーストフード、スナック、植物油、牛乳、ヨーグルトなど、弊害は様々言われていますが、現代社会には否定できない食文化であることも確かです。

たとえば、砂糖をやめろ、と本書ではいいます。

でも、適宜適量で、ケーキだって食べたいじゃないですか。

公害が出るから良くないと言って、自動車を今から全面廃止はできませんよね。

ネットの情報は真贋が怪しいからと言って、ネットそのものをやめることもできません。

まさに医療の世界で言われる「リスクとベネフィット」を考えて、上手に使うことが求められますよね。

それと同じではないでしょうか。

本書では、「先住民食」の現代版として、クジラのハリハリ鍋、ぼたん鍋、ローストベニソン(鹿肉のロースト)などを紹介しています。


が、今はクジラはなかなか食べられるものではないし、水銀や寄生虫など、毒もまた多いはずです。

そもそも、先住民は、ナントカ鍋なんて、そんな洒落た食べ方はしていなかったと思います。

それに、主たる材料だけ真似しても、環境が破壊された「自然」のものや、もしくは農薬たっぷりの餌で育った家畜の肉や付け合せ、添加物たっぷりの調味料で作ったものなど、先住民食とは条件が違うのではないでしょうか。

また、著者によると、先住民は虫歯がなかったと言っていますが、でも寿命はどうなんでしょうか。

先住民の食生活による弊害は、実はよくわかっていません。

なぜなら、私たち日本人のように長生きしていないから。

先住民の寿命である50歳頃までに、私たちが三大疾病に罹患する確率はほんの数%です。

平均寿命が80年以上だから、いろいろ出てくるのです。

それなのに単純に、先住民に比べて今の日本人のほうが病気が多い、だから食べ物も先住民の真似をしよう、という捉え方は、科学的ではありません。

つまり、部分的に過去の「いい部分(と思えるところ)」を真似しても解決にはならず、現代社会の実情に噛み合った対策を考えなければならないのでは? と私には思えるのです。

歯の検診にするか、砂糖を断ってクジラ肉にするか



食べ物にいろいろな取組みを行うことは否定はしませんし、著者の体験に基づいた提唱もご見識として尊重します。

それでも、私は思うんです。

やはり、現在標準的な予防は、たとえば3ヶ月に1度の歯の検診を行い、歯石や初期の虫歯をきちんと治療することではないか、つまり「早期発見・早期治療」という私の考えは、本書を呼んでもかわることはありませんでした。ちゃんと実践してるかどうかはともかくとして(笑)

自治体によるのかもしれませんが、年に1回、健康診断とともに、歯の検診も東京都では無料です。

もちろん、そこで虫歯が発見されたら、治療を行わなければならないので、結局治療費はかかるんですけどね。

弁護士の法律相談の、初回相談料無料みたいなものです。

クジラ肉は、別に食べなくてもいいかな(笑)

子供の頃の給食は、しょっちゅう「クジラの竜田揚げ」でしたよ。

牛肉はもちろん、豚肉の方が高かったのかな。

みなさんは、歯の予防や検診をされていますか。

歯医者が難病になってわかったこと - 長尾 周格
歯医者が難病になってわかったこと - 長尾 周格
nice!(134)  コメント(12) 
共通テーマ:学問

nice! 134

コメント 12

ミケシマ

歯医者には十数年行ってませんでしたが、半年前に久しぶりに行きました^^
虫歯の治療をして、今は3か月ごとの歯石取りに行ってます。
by ミケシマ (2024-07-09 11:53) 

AKAZUKIN

私も歯医者さんに行かなくちゃ、です。
最近、虫歯を発見していまいました。。
by AKAZUKIN (2024-07-09 12:17) 

Boss365

こんにちは。
現在、歯科医に通院してますが、仰る通り「早期発見、早期治療」は重要ですね。長尾周格医師の書籍ですが、控えるモノに対する虫歯予防の根拠が示されていない感じかな?また「先住民食に回帰しろ」は予防歯科としても無理がありそうです。ところで、歯科医師や歯科衛生士と色々コミュニケーションとる事で、口腔衛生・日常の過ごし方が変化して虫歯予防になりますね!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2024-07-09 13:09) 

センニン

こんばんは。
私も何本か歯を失い、歯槽膿漏の治療も受けています。
歯槽膿漏は悪化すると血流に乗って体内に菌が生み出した毒素が周り、他の疾患の原因にもなります。
食べてすぐでなく(歯の再石灰化を促すため)歯磨きを念入りに行うこと。
歯垢を取り除くことが予防につながります。
なお、虫歯や歯槽膿漏の原因となる菌は生まれたときは持っていません。
食器を別にするなど気をつけていてもいくつかの原因で口に入ってしまいます。
口同士が接触すれば当然移ります。
by センニン (2024-07-09 19:05) 

pn

食い物で歯が丈夫になるとかならまだ分からんでもないけど確かにしっくりこない理屈ですね。
俺は歯科検診行ってますが担当がコロコロ変わるようになっちゃったのでなんとなく不安f^_^;
by pn (2024-07-09 20:18) 

夏炉冬扇

歯医者3月に1回です。
まじめにメンテナンス。
by 夏炉冬扇 (2024-07-09 20:32) 

mutumin

私はインプラントが入ってるので、3ヵ月に1回のペースで行っています。それでもインプラントを入れてると、虫歯にはなりませんが、ストレスや少し無理をしただけで、インプラント部分にばい菌が入り、腫れて来ます。今がその状態で、歯科医院に通っています。
自分の歯でないので免疫力が無く、無理が掛かるとすぐそこに負担が掛かるのです。難しいですね。

by mutumin (2024-07-09 20:46) 

t-yahiro

数年前に親知らずを抜いたときに懲りてしまい
歯医者さんには行ってません。
たまにはメンテナンスも必要ですね。
by t-yahiro (2024-07-09 22:13) 

mau

リン酸塩を摂りすぎるとカルシウムの吸収が悪くなるから骨粗鬆症や虫歯にねるという話を聞いたことがあります
by mau (2024-07-09 22:57) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

>虫歯の治療をして、今は3か月ごとの歯石取り
それが一番いいやり方ではないかと思います。

>最近、虫歯を発見していまいました
虫歯は自然治癒しないので歯医者にいくしかないですね。

>口腔衛生・日常の過ごし方が変化して虫歯予防になりますね
歯科衛生士と話しているとさすがに歯がきれいです。日常の過ごし方などの雑談の中に健康な歯の維持のヒントが隠れているかもしれません。

>虫歯や歯槽膿漏の原因となる菌は生まれたときは持っていません
離乳食など親がスプーンに口をつけて温度確認することで虫歯菌がうつることもあるでしょうね。

>担当がコロコロ変わるようになっちゃった
それはちょっと困りますね。同じ人で予約とれないのでしょうか。

>まじめにメンテナンス
それしかないですね。

>自分の歯でないので免疫力が無く、無理が掛かるとすぐそこに負担が掛かる
そうした問題もあるのですね。やはり自分の歯にはかなわないのでしょうか。

>親知らずを抜いたときに懲りてしまい
親知らずを抜くのは大変です。長男は全身麻酔で抜きました。

>リン酸塩を摂りすぎるとカルシウムの吸収が悪くなるから骨粗鬆症や虫歯にねる
そうなんですね。なにごともほどほどがいいのですね。

by いっぷく (2024-07-09 23:58) 

mm

おはようございます^^
歯科医は行っていません。コロナの前に詰め物が取れて埋めなおしに行ったのが最後です。
何より歯磨きが大事と心得ます。
ファーストフードがよくないとは言われますね。噛む必要があまりないから。
子供のころの手入れが悪く、虫歯になってはいますが、現在歯根は全部自分のものなので、歯は27本(親知らずを抜いて、八重歯になっていたところを抜いたから)全部しっかりあります。
by mm (2024-07-10 04:23) 

いっぷく

>何より歯磨きが大事と心得ます。
いくら歯によいものを食べても歯磨きしなかったら虫歯になりますね。
by いっぷく (2024-07-10 14:13) 

Facebook コメント