SSブログ

川崎敬三さん、大映のスター俳優や名司会者、晩年は世捨て人 [芸能]

川崎敬三さん(1933年7月1日~2015年7月21日)の生まれた日です。大映時代は2枚目俳優として売り出し、ドラマや司会も活躍

川崎敬三さん(1933年7月1日~2015年7月21日)の生まれた日です。大映時代は2枚目俳優として売り出し、ドラマや司会も活躍しました。『アフタヌーンショー』の司会者としても知られていますが、晩年は世捨て人のような人生を選びました。




川崎敬三さんは、神奈川県川崎市で生まれました。

ということで、大映時代は、若手2枚目俳優に、品川隆二、川崎敬三、鶴見丈二と芸名を付け、京浜東北線トリオとして売り出しました。

少しあとからは、本郷功次郎もデビューしたので、京浜東北・根岸線カルテットになったんですけどね。

テレビに移ってからは、少しコミカルな2枚目、そして、『アフタヌーンショー』の司会者としても知られています。

Copilotに代表作を尋ねました。

- **主な出演作品**:
- 映画:
- 「夜の河」(1956年)
- 「満員電車」(1957年)
- 「白鷺」(1958年)
- 「赤い水」(1963年)
- 「傷だらけの山河」(1964年)
- 「恐山の女」(1965年)
- テレビドラマ:
- 「サザエさん」(1965年、TBS)
- 「松本清張シリーズ 中央流沙」(1975年、NHK)

『アフタヌーンショー』は、前任者の山田吾一がスキャンダルの引責で降板したため、急遽指名されましたが、以後12年間、1日も休まず司会を勤め上げました。

加東康一・梨元勝の芸能コーナー(金曜日)、ばばこういちの「納得いかないコーナー」(火曜日)など人気コーナーが次々誕生。


毎週火曜日の事件をリポートするコーナーでは、リポーターの山本耕一さんとのやりとりを、漫才コンビであるザ・ぼんちに「そぉーなんですよ、川崎さん」とネタにされ、おりからの漫才ブームで番組まで脚光を浴びることになりました。

満員電車(1957年、大映)



満員電車(1957年、大映)は、名門平和大学を卒業した茂呂井民雄(川口浩)が、同級生の女性との関係を清算し、大手ビール会社の尼ヶ崎支社総務部に勤務します。

ところが、父(笠智衆)から、母(杉村春子)が発狂したと知らせが入り、医学博士の助手をしている和紙破太郎(川崎敬三)に、月2000円で診察とカウンセリングを依頼。

しかし、実は真面目な父親が精神病だったことが明らかになります。市川崑監督によるブラックユーモアと社会の真実を描いた異色の作品で、川崎敬三さんの代表作の一つに数えられています。

新・だいこんの花



新・だいこんの花(1972年1月6日~6月29日、テレビ朝日)は、当時同局で人気シリーズだったホームドラマ。

松木ひろし、向田邦子の脚本で全部で5シリーズ制作されました。

その都度、設定は違いますが、基本的なストーリーは共通しています。。

森繁久彌と竹脇無我の「永山」親子で父子家庭。母親は清楚な「だいこんの花」のような人だった(加藤治子)。

竹脇無我は、シリーズごとに職業が変わりますが、がさつなお手伝いや、子連れの女性など、一見「だいこんの花」とは無縁の人と縁ができる。

しかし、一見違っても、実は中身は「だいこんの花」であり、女性にとっては「星の王子さま」との結婚という、昭和らしいラブコメになっています。

本作の竹脇無我は建築技師。同僚が川崎敬三で、その妹が大映時代の後輩になる関根恵子(後の高橋惠子)。

竹脇無我と関根恵子は結ばれ、川崎敬三は、竹脇無我の幼なじみの大原麗子と結ばれます。

身近なところでカップルができてしまうのも、昭和のホームドラマらしい設定ですが、私はこのドラマが好きで、DVD化されたものは全部持っています。

晩年


川崎敬三さん司会の『アフタヌーンショー』は、1985年にヤラセ事件が発覚して、番組ディレクターが福生署に逮捕。

局の屋台骨を支える人気番組は突然終了しました。

ところが、他の出演者がそれで路頭に迷っているのに、川崎さんちゃっかり後番組の『新・アフタヌーンショー』に出演してしまいました。

「だったら何のために打ち切ったの?」と逆に視聴者は反発。共演者たちとの関係も疎遠になり、さらに『新・アフタヌーンショー』も視聴率不振で、川崎敬三は芸能界に居場所を失いました。

その後、支援者の紹介で、宮城県古川市内にある『ホテル古川ゴールデンパレス』の支配人におさまります。

が、「僕には何の決裁権もないし、結局は無能の烙印を捺され、罷免されたんです」(『週刊文春』2001年8月23日号)と、そちらも長続きせず、晩年は『アフタヌーンショー』皆勤で貯めたお金で得た、神奈川県藤沢市内のアパート収入(12部屋で合計50万)で暮らします。

そして、本人は、世捨て人のような放浪の旅を続けていましたが、最晩年は認知症でそれがままならなかったようです。

世捨て人時代のインタビューが『週刊文春』(2001年8月23日号)に掲載されたことがありますが、顔写真はありませんでした。

『週刊文春』(2001年8月23日号)

おそらくは、映画やテレビに出ている頃とは別人のようになり、イメージを大切にした川崎さんが撮影を断ったのでしょう。

「自分で納得していますから。家族ともほとんど没交渉だし、友人も見事にいません。僕は世間とのつながりを失った代償に、自由を得たと思っている。気がねしながらひっそりと暮し、人知れずサヨナラするつもりです。家内には葬式無用、誰にも知らせるな、と遺言してあるんですよ」(インタビューより)

実際に葬式は家族だけ。関係者は翌年の喪中はがきで初めて訃報を知ったと言います。

さて、みなさんは、これを「スターの寂しい晩年」ととらえますか。

それとも、生きとし生けるものの本来の姿である「静かな生涯の閉じ方」と積極的に受け止められますか。

サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ - 川崎敬三, 見明凡太朗, 浦辺粂子, 潮万太郎, 万里昌代, 目黒幸子, 浜田ゆう子, 弓恵子, 三浦友子, 早川雄三, 丸山修, 三角八郎, 高村栄一, 網中一郎, 大辻伺郎, 中田勉, 浜美奈子, 清原万栖子, 枝川弘, 高橋二三
サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ - 川崎敬三, 見明凡太朗, 浦辺粂子, 潮万太郎, 万里昌代, 目黒幸子, 浜田ゆう子, 弓恵子, 三浦友子, 早川雄三, 丸山修, 三角八郎, 高村栄一, 網中一郎, 大辻伺郎, 中田勉, 浜美奈子, 清原万栖子, 枝川弘, 高橋二三
あなた好みの - 川崎敬三, 渥美マリ, 奥村チヨ, 伴淳三郎, 湯浅憲明
あなた好みの - 川崎敬三, 渥美マリ, 奥村チヨ, 伴淳三郎, 湯浅憲明
nice!(148)  コメント(12) 
共通テーマ:学問

nice! 148

コメント 12

夏炉冬扇

毎日6本ほど水をボトルに汲んできます。煮炊きやお茶はみなそれを使っています。
by 夏炉冬扇 (2024-07-01 08:15) 

Take-Zee

おはようございます!
こんな人もいましたね!
一見温和そうでしたが目の奥が底意地の
悪そうな人で覚えています!
by Take-Zee (2024-07-01 09:22) 

ムサシママ

覚えているようで無いような
葬儀無用、誰にも知らせるなは私も主人に言っています
by ムサシママ (2024-07-01 09:44) 

tarou

こんにちは、円覚寺(選佛場とイワタバコ)に
コメントを有難うございました。
タバコの葉に似ているだけで、別物の様です。
by tarou (2024-07-01 13:08) 

センニン

こんばんは。
川崎さんには特別な印象はないのですが、多分ヤラセの問題が発覚した番組での姿だと思いますが、眉根を寄せてコメントしていた姿が印象に残っています。その良くない印象が残ってしまっています。
by センニン (2024-07-01 19:41) 

pn

ぼんちネタ有名だけどアフタヌーンショー以外の記憶が無いっすf^_^;
by pn (2024-07-01 20:52) 

mau

古川のホテル、廃墟になってますね
by mau (2024-07-02 00:31) 

mm

おはようございます^^
そう言えばこういう俳優さんが居ましたね。
いつの間にか名前忘れられていた。
こういう人生も良いのでは^^
by mm (2024-07-02 04:51) 

我流麺童

アフタヌーンショウでの穏やかな川崎敬三さんを覚えています。
でも芸能界を去ってからの晩年は知りませんでした。
by 我流麺童 (2024-07-02 06:50) 

mutumin

懐かしいなぁ~ 京浜トリオとは、自分も乘っていたので、懐かしい。54
by mutumin (2024-07-02 06:55) 

df233285

認知症病魔を進撃させるか、または足踏みさせるかという観点から。
川崎敬三のように、本来ヒトの脳が持っている機能を、結果として
サボらせる原因となる、このケースは「人とのコミュニケ」だが、
「必要が無いから使わないで済ます」という発想を、習慣づけるの
は危険。自分のブログの中身と、直接つながらない内容の別の方の
ブログのカテゴリーにも毎日目を通し、≪脳に考えさせて≫コメを
ひねり出す習慣は、彼のやり方のスタンスとは異なり続けるべき。

by df233285 (2024-07-02 07:40) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

>認知症病魔を進撃させるか、または足踏みさせるかという観点
そうですね。脳が楽をしようとしたらダメですね。
このブログの書籍のレビュー記事は、そのような動機で始めました。
by いっぷく (2024-07-02 21:40) 

Facebook コメント