SSブログ

コーヒーは健康にいいのか悪いか [健康]

先日は緑茶でしたが、今日はコーヒーの話です。

コーヒーが健康にいいのか悪いかは、しばしば議論になります。

〇〇病や△△がんが減ったという健康情報は何度も取り沙汰されますが、逆にリスクがあるという報告もあるからです。

「毒にも薬にもなる」コーヒーですが、コーヒーの健康効果を4つ枚挙している医師の動画チャンネルからご紹介しましょう。





糖尿病、全死亡率、痛風発作、肝硬変、大腸がんに効果か


もと情報は、YouTubeのあまが台ファミリークリニック(チャンネル登録者数 2.06万人)。

『【 医師解説 】コーヒー の 効果 が 凄まじい! コーヒー の 健康効果 4選』というタイトルです。


動画によると、コーヒーの健康効果を研究した医学論文の報告から、次の4点を指摘しています。

1.糖尿病のリスクを下げる
……JAMA、Annals of Internal Medicine など、有名な海外の雑誌に発表された。
2.死亡率を下げる
……多くの研究で、コーヒーの消費量と死亡率の間に逆の関係が示されている
3.痛風発作の予防
……コーヒーの消費量とともに痛風発作の発せ定率が減った
4.肝硬変のリスクを下げる
……メタ解析では39%もリスクが下がったという報告あり、進行したC型肝炎の低下を緩やかにした

この動画では触れられていませんが、大腸がんに対する報告もよく見かけます。

国立がん研究センターの公式サイトでは、「大腸の部位別の解析により、1日に1杯未満のコーヒー飲用グループに比べて1日に3杯以上飲むグループでは結腸がんリスクが20%、統計学的に有意に低下していました」と記載されています。

先日ご紹介した「炎症を下げる食べ物」としても、コーヒーが入っていましたね。


コーヒーが、大腸がんにいい影響を与えるという情報も有力なようです。

逆に発がん性も……


では、コーヒーではいい事尽くめかというと、豆を煎ったものであることから、アクリルアミドという発がん性のある物質を発生することがわかっています。

WHOは以前に、コーヒーは、

膵臓ガン・肺ガン・膀胱ガン・前立腺ガンを引き起こす
肝臓ガンと子宮ガンになりにくくするという説に関しては証拠が乏しい

などの見解も示していました。

ところが、2016年の調査では、急に

20種類以上のガンにおいて、コーヒーとガンの相関関係を実証するには説得力に欠ける

と発表。

これまでの見解を覆しました。

国立がん研究センターでは、『アクリルアミド摂取量と子宮体がん・卵巣がん罹患との関連について』という研究報告を行っていますが、『アクリルアミド摂取量と子宮体がん・卵巣がん罹患に関連はなかった』という結論を出しています。

しかし、膀胱がん説については、「国際的な評価では、膀胱がんのリスクを上げるのは喫煙が確実、コーヒー摂取が可能性ありとされています」とも記載しています

国際がん研究基金(IARC)では、コーヒーはヒトに対する発がん物質である可能性がある(Group 2B)としています。

カフェイン400mg以内を守って美味しくいただきましょう


じゃあ、いったいどっちなんだ

といいたくなりますが、要するに、それだけ刺激の強いもので、カフェインとポリフェノールが含まれているため、まさに「毒にも薬にもなる」ということではないでしょうか。

上掲の動画では、コーヒーは飲み過ぎないように注意もしています。

成人でも、カフェイン400mg以上の摂取で

不整脈の誘発
心臓疾患
カフェイン依存症

などのリスクがあるといいます。

成人といっても、体格は色々ですが、体重1kgあたり5.7mgをもとに計算しているそうです。

小児・青年だと体重1kgあたり3mgだそうです。←児童・生徒・学生だと思います。

ですから、極端に太ったり痩せたりすると、「400」から少し数字が変わるかもしれません。

緑茶で「カフェイン400mg」というのは約8杯と先日ご紹介しましたが、コーヒーなら約5杯といわれています。

三食後とおやつで4杯。おかわりは1杯。

このぐらいがちょうどいいところでしょうか。

すみません。事情によりコメント閉じさせていただきます。

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト - 島 規之
ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト - 島 規之

ツウになる!コーヒーの教本 [ フワッティ・カフェ/得平司 ] - 楽天ブックス
ツウになる!コーヒーの教本 [ フワッティ・カフェ/得平司 ] - 楽天ブックス
nice!(228) 
共通テーマ:学問

nice! 228

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。