SSブログ

「死後の世界が存在する」量子力学について考える [(擬似)科学]

「死後の世界が存在する」としている『死は存在しないー最先端量子科学が示す新たな仮説』 (光文社新書) が大変な話題になっています。ひとつは、「死がない」という大胆な提言、もうひとつは科学と宗教の接点を模索している考え方です。

これまで、科学は、「死んだら無になるけとして、「死後の世界」の存在を否定してきました。

一方、死ぬことを無としないのは宗教であり、少なくとも仏教は、霊魂や神様という存在を前提とはしていませんが、それでも科学とは世界観の違うものでした。

ところが、田坂広志 さんの『死は存在しないー最先端量子科学が示す新たな仮説』 (光文社新書)によると、最先端量子科学が「死後の世界」が存在する可能性を示唆しているというのです。

その「仮説」て゜は、「死後の世界」はどういうものとされているのか。

科学と宗教は、本当に融合していくのか。

興味は尽きません。

量子力学について


量子力学は、現代物理学の根幹を成す理論であり、分子や原子、電子などのミクロな物理現象を記述する力学です。

量子力学では、物理量は演算子として扱われ、系の状態は波動関数として表されます。

波動関数はシュレーディンガー方程式と呼ばれる偏微分方程式の解であり、その確率的な解釈はボルンの規則によって与えられます。

量子力学では、物理量の測定によって系の状態が変化するという現象が起こります。

これは古典力学とは大きく異なる点です。

また、量子力学では、波動性と粒子性を同時に持つという二重性が見られます。

これは光や電子などの現象を説明するために必要な仮説です。

量子力学は、原子や分子の構造や性質、原子核や素粒子の現象、半導体や超伝導などの物性現象など、多くの分野に応用されています。

量子力学は、自然界の奥深い法則を明らかにするとともに、新しい技術や発見を生み出す可能性を秘めた理論です。

量子力学の新機軸


量子力学は、物理学の分野の1つであり、物質やエネルギーを微小な単位で扱うことに特化した理論です。つまり、原子や分子、そしてそれらを構成する粒子などの微小な粒子の振る舞いを説明するために用いられます。

量子力学は、古典力学の枠組みを超える新しい理論であり、1900年代初頭にマックス・プランクとアルベルト・アインシュタインによって提唱されました。それ以来、多くの科学者がこの分野で研究を進め、現在では多くの実験的な結果と理論的なモデルに基づいて、非常に正確な予測が可能になっています。

量子力学では、物理系の状態を表す「状態ベクトル」と呼ばれる数学的なオブジェクトを用いて物理現象を説明します。これにより、原子や分子、素粒子などの微小な物体の運動や相互作用を理解することができます。

量子力学は、多くの驚くべき予測を行っています。例えば、超伝導現象や、量子コンピューターの開発などが挙げられます。また、原子や分子、そして素粒子の行動に関する深い洞察を与えてくれます。

量子力学には、一部の奇妙な特徴があります。例えば、「量子のもつれ」と呼ばれる現象があります。これは、2つの粒子が相互作用して状態が絡み合うことにより、片方の粒子の状態が観測されると、もう一方の粒子の状態も同時に変化するというものです。

他にも、量子力学では「観測者効果」と呼ばれる現象があります。これは、観測者が物理系を観測することによって、その系の状態が変化してしまうというものです。

これらの奇妙な現象は、一般的な直感や経験とは異なるため、量子力学はしばしば直感的には理解しづらいとされています。しかし、量子力学の予測は実験的に非常に正確であることが多くの実験で確認されてお

量子力学では人は死なないのか


量子力学は、物質やエネルギーの最小単位である量子の振る舞いを記述する理論です。

量子力学によると、量子は確率的に存在し、観測されるまで複数の状態に同時にあると考えられます。

このことは、シュレーディンガーの猫という有名な思考実験で示されています。

この実験では、箱の中に毒ガスと放射性物質が入った猫があります。放射性物質が崩壊したら毒ガスが放出されて猫が死ぬという仕組みです。しかし、箱を開けるまで放射性物質が崩壊したかどうかはわかりません。

したがって、量子力学によると、猫は生きている状態と死んでいる状態の重ね合わせにあると言えます。

では、人間も同じように量子的な存在なのでしょうか。

人間が死ぬということは、生きている状態と死んでいる状態の重ね合わせから、死んでいる状態に観測されるということなのでしょうか。

それとも、人間は量子力学の範囲を超えた別の次元に移動するということなのでしょうか。

このような問いに対する答えは、現在の科学ではまだ見つかっていません。

しかし、一部の物理学者や哲学者は、多世界解釈や量子不滅説という仮説を提唱しています。

多世界解釈は、量子力学における波動関数の崩壊を否定し、観測されるたびに無数の並行世界が分岐するという考え方です。

つまり、あらゆる可能性が実現される世界が存在するということです。

例えば、コインを投げたら表が出た世界と裏が出た世界が同時に存在するということです。

この解釈に従えば、人間は死ぬことはなく、常に生き続ける別の世界に移動するということになります。

量子不滅説は、人間の意識や魂は量子的なものであり、物理的な死後も消滅しないという考え方です。

つまり、人間は肉体を失っても精神的な存在として残り続けるということです。

この説に従えば、人間は死後も自分自身や他者と交流することができます。

これらの仮説は興味深いものですが、科学的な証拠や実験に基づいているわけではありません。

みなさんは、いかがお考えですか。

死は存在しない~最先端量子科学が示す新たな仮説~ (光文社新書)

死は存在しない~最先端量子科学が示す新たな仮説~ (光文社新書)

  • 作者: 田坂 広志
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2022/10/19
  • メディア: Kindle版


nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

Facebook コメント