SSブログ

浅野ゆう子、アイドル、水着セクシー、トレンディ女優、57歳花嫁 [懐かし映画・ドラマ]

浅野ゆう子、アイドル、水着セクシー、トレンディ女優、57歳花嫁

今日は浅野ゆう子さん(1960年7月9日~)の還暦の誕生日です。おめでとうございます。14歳でアイドル歌手としてデビュー。水着キャンペーンモデルなど企業広告で活躍し、トレンディドラマへの出演を機に女優としての実績を積み重ねました。(上の画像は以下のOGPより)



浅野ゆう子とは誰だ


浅野ゆう子は、兵庫県神戸市の出身。

芸能プロダクションの研音関係者にスカウトされると、母子家庭でありなから母親を説き伏せ、単身上京してアイドル歌手としてデビューしました。

1974年にリリースした『恋はダン・ダン』は第16回日本レコード大賞新人賞受賞。

8枚目のシングル『セクシー・バス・ストップ』(1976年)が、オリコンウイークリーで12位のヒットを記録しました。


アイドル時代から、脚の長さを売り物にするためホットパンツをはき、12歳~15歳まで人気ドラマ『太陽にほえろ!』にお茶くみ役で出演して名前を売りながら、10代後半になると水着の仕事を積極的に入れました。

様々な会社の水着キャンペーンモデルなど企業広告で活躍。


1979年のカネボウ化粧品CM『一気にこの夏チャンピオン』や、『カティーサーク』の悩殺ポスターなどが話題になりました。

この時代に、『俺はご先祖さま』に、マリアンとのモデル2枚看板で出演。


ここで「変な日本語を話す未来人」役のマリアンがブレイクすると、浅野ゆう子も女優として生きることを意識します。

セクシー系が一段落すると、今度はトレンディドラマ『君の瞳をタイホする!』(1988年、フジ)のヒロイン・シングルマザー役に抜擢され好演。

引き続きにドラマ『抱きしめたい!』では、浅野温子と『W浅野』と呼ばれた競演で、女性からの圧倒的な人気を得ました。


この頃のファッションであるワンレン、ボディコンを流行させたとも言われていますが、一方で水着モデル時代の濃厚な化粧を一切やめ、比較的素顔に近いナチュラルなメーキャップになっていました。

チャンスをものにして上手に転機


浅野ゆう子が、本格女優になるきっかけは、1995年に起こった、主演が決まった映画「蔵」における、宮沢りえ準主役降板騒動といわれています。

宮沢りえの降板理由は、「浅野温子ならともかく、浅野ゆう子(主演)より名前が下なのは許せない」

もちろん、あのかっぷくのいい宮沢りえの母親の意向でしょうね。

このときは、製作総指揮者の松方弘樹も大人の対応をしてそこで騒ぎは収まりましたが、浅野ゆう子は世間の注目と同情を集めました。

そこをチャンスと見た浅野ゆう子は全力投球。

日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞し、“トレンディ女優”から、本格女優としてのポピュラリティを獲得したわけです。

アイドル歌手⇒水着モデル⇒トレンディ女優⇒女優、と彼女の芸能活動は、加齢とともに順当に自分の新しいポジションを確保しています。

折々に、自分が何を求められているか、どういう立場であるべきか、それに噛みあうキャラクターに自らを合わせ、チャンスと見たら全力投球する、彼女の勝負勘やポテンシャリティによって、芸能界で生き残ることができたのだと思います。

うわさのチャンネル



金曜10時にNTVで放送していた『うわさのチャンネル』で、デビューしたばかりの浅野ゆう子がゲスト出演しました。

和田アキ子、せんだみつお、ザ・デストロイヤーら出演者が、『むすんでひらいて』の歌を歌いながら、「またひらいて」のところを「股開いて」と解してガバっと股を開く、という段取りだったのにやらないで、浅野ゆう子だけが生真面目にガバっと股を開いて大恥をかくというシーンです。

和田アキ子は、「おいおい、お前いくつだ」と突っ込んでいますが、もちろんこれは台本通りでしょう。

この時点で全く無名だった浅野ゆう子のセールスポイントである“股下99センチ”を、お笑いのシーンでさり気なく披露しているのです。

その意味では、浅野ゆう子を売り出したのが、この番組のこの回だったと行っていいかもしれません。

抱きしめたい!



『抱きしめたい!』は、フジテレビの“木9”枠で1988年7月7日~9月22日まで放送された、いわゆるトレンディドラマの代表的な作品。主演が浅野温子と浅野ゆう子だったことから、W浅野として注目されました。

29歳のスタイリスト(浅野温子)と専業主婦(浅野ゆう子)。

浅野ゆう子の夫(岩城滉一)はもともと浅野温子の恋人でしたが、浅野ゆう子は“略奪婚”。

でもW浅野の2人は25年来の腐れ縁で友情が壊れない。

ところが、それだけでは収まらずに、岩城滉一はさらに別の女性にも手を出して、そして浅野温子への気持ちも復活。一方浅野ゆう子には布施博が猛アタックして関係までしてしまい、でも岩城滉一と離婚はしないのです。

トレンディドラマは当時、職業や住居などが派手すぎて生活感がないといわれていましたが、私はそれよりも、知り合い同士でくっついたり離れたりを繰り返す、割り切りの良い刹那的な男女関係についていけませんでした(笑)。

私はオクテだっただけで、現実の男女間もそんなものだったのか。いずれにしても、そのように踏み込んだ男女関係を描くことで、視聴者は感情移入できたのでしょう。



57歳の花嫁



浅野ゆう子は、2017年の暮に57歳で一般男性と結婚したことを報告しました。

が、当時、ネット民の一部には、茶化したり叩いたりするコメントがありました。

生涯未婚率、という言葉、ご存知ですか。

50歳まで未婚だと、「生涯未婚」とカウントされてしまうのです。

それ以降に結婚しても意味がない、といわんばかりの失礼な調査です。

人生は50年で終わるわけではありません。

60歳で結婚したって、85歳で銀婚式も間に合うかもしれないのです。

その意味で、浅野ゆう子さんの婚姻は、高齢化社会における50歳からの人生を考えさせてくれる、ワンレン・ボディコンの流行以上に、社会的な影響力のある生き様かもしれません。




ゴールデン☆ベスト 浅野ゆう子~RCA/FUNHOUSE YEARS - 浅野ゆう子, 橋本淳, 伊藤アキラ, 松本隆, 伊達歩, 小林和子, 林宏, 康珍化, 阿久悠, 有馬三恵子, YUKO
ゴールデン☆ベスト 浅野ゆう子~RCA/FUNHOUSE YEARS - 浅野ゆう子, 橋本淳, 伊藤アキラ, 松本隆, 伊達歩, 小林和子, 林宏, 康珍化, 阿久悠, 有馬三恵子, YUKO

浅野ゆう子 素顔のままに(笑顔の友特別編集)

浅野ゆう子 素顔のままに(笑顔の友特別編集)

  • 作者: 青野 武雄
  • 出版社/メーカー: 近代映画社
  • 発売日: 1981/07/25
  • メディア: 大型本



nice!(218)  コメント(18) 
共通テーマ:学問

nice! 218

コメント 18

ナベちはる

50歳で「生涯未婚」と扱われるとは、失礼な話ですね。
平均寿命も高くなっていれば晩婚も多くなっているのに、そこが考慮されていないのはおかしいと思います。
by ナベちはる (2020-07-10 00:54) 

sana

浅野ゆう子さん、今でも素敵ですね。
何歳でもモテておかしくないでしょう。
「抱きしめたい」は面白かった記憶がありますが、恋愛は全然リアルなものとは受け止めてませんでした。軽いノリの話で、女性二人の関係の方が面白かったような。
若い頃の健康的な役から、品のある役、落ち着いた役と広がっていきましたね。

50歳で生涯未婚?
人間50~!って戦国時代みたい^^;
今どき失礼な話ですね^^
by sana (2020-07-10 01:34) 

shiho

50歳で生涯未婚~。
なんか失礼な~!と言いたくなっちゃいますよね。
by shiho (2020-07-10 03:19) 

pn

CMも俺はご先祖様に出てたのも記憶に無いのに股開いてだけは覚えているのは何故だろう(笑)
by pn (2020-07-10 06:22) 

ヤマカゼ

W浅野はデビューしたてのころ、紛らわしくてどっちだっけ?と思っていたのですが二人とも個性派でしたね。
by ヤマカゼ (2020-07-10 06:29) 

KINYAN

ほぼ同世代できれいで今でもファンです(^o^)
by KINYAN (2020-07-10 06:44) 

Rinko

『抱きしめたい!』観てましたー!
w浅野のトレンディドラマ、ドはまり世代です。笑
もう還暦なんですね。今でもおキレイですよね~^^
by Rinko (2020-07-10 07:55) 

なかちゃん

浅野ゆう子さんは学年でいうとボクと同い年なので、デビューした時から気になってました。
それでもしばらく見る機会もなくなっていたのですが、どのドラマだったか見たときに出ておられて、その時に不自然なくらいに大きく口を開けてセリフを言っているのを見て、ちょっとガッカリした記憶があります。
はっきりしゃべるのは基本なんでしょうけど、ボクみたいな素人が不自然に思うようではチョット困るなって思いました。

by なかちゃん (2020-07-10 08:27) 

青い森のヨッチン

子供のころからTVで見ている方なのですが今となれば自分より8つほど年上なんですね
年を取れば8歳差なんてもう同年代といってもいいくらいですけど子供の頃の8歳差というのは大きな差です。
彼女が歌っている姿は全員集合でしか見たことないかも・・
by 青い森のヨッチン (2020-07-10 09:32) 

marimo

ダブル浅野と呼ばれていた時代はよくドラマを見ていました。還暦ですかw(^^
最近はウィッグのCMでよくお見かけします。
by marimo (2020-07-10 10:15) 

JUNKO

年を取っても素敵な方です。
by JUNKO (2020-07-10 14:32) 

十円木馬

田宮五郎さんとの悲しい別れがあって、もう結婚はしないのではと勝手に思っていました。悲しみを乗り越えて、新しいパートーナーとの出会いがあったこと、本当に良かったと思います。
by 十円木馬 (2020-07-10 14:52) 

ヨッシーパパ

月刊誌GOROか週刊プレイボーイに水着姿が載っていた時に、随分長い足だな〜と思いました。^_^
by ヨッシーパパ (2020-07-10 19:10) 

ぷち

バラエティーに浅野ゆう子さんが出てて、
冗談とか言うてて、面白い人やなと思いました。
by ぷち (2020-07-10 22:37) 

Azumino_Kaku

こんばんは、

浅野ゆう子さんと温子さん、いずれもも個性的でチャーミングな方ですね。

57歳なんて、まだまだ若い!人生これからですよね(笑)。
神戸ご出身とは存じませんでした。彼女のハイカラさ、あか抜けた洗練された感じはそこからくるのかと田舎育ちの私は思ってしまいます(笑)。
by Azumino_Kaku (2020-07-10 22:55) 

いっぷく

みなさん、コメントありがとうございます。

厚生労働省は、今年も生涯未婚率の統計を発表していますね。
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/15/backdata/01-01-03-002.html

by いっぷく (2020-07-11 05:51) 

そらへい

W浅野さん、どちらも美人で有名ですが
共演もされていたんですね。
by そらへい (2020-07-11 21:27) 

エンジェル

浅野ゆう子でさえ知らない人がいる時代なんですね(汗)
by エンジェル (2020-07-12 20:59) 

Facebook コメント