SSブログ

加山雄三、“83歳の終活”で自立型ケアハウス転居で考えたこと [懐かし映画・ドラマ]

名加山雄三、“83歳の就活”で自立型ケアハウス転居で考えたこと

加山雄三さんの“83歳の終活”を伝えた週刊女性PRIMEの記事が話題になっています。2019年の暮れに、「自立型ケアハウス」に夫婦で引っ越したと個人事務所が伝えたというのです。83歳になった永遠の若大将は、元気に「終活」の真っ最中だったという話です。(上の画像は『乱れ雲』より)



4月上旬に荷物を運び出していた


検索すると、上記の記事をリツイートするOGPがズラーッと続いていました。

202004290148.png

「50年近く住んでいた自宅を出ていったようです。表札もはずされて、雨戸は閉まりっぱなし。普段から近所付き合いはなかったですが、引っ越しされるという挨拶も特になくて……」(近所の住民)

「4月上旬に引っ越し業者が来て、荷物を運び出していました。最近お見かけしたのは昨年11月ごろ。退院されたばかりだったようで、お手伝いさんの女性に支えられながら、やっと歩いている雰囲気でした」(別の近所の住民)

「ご近所にお住まいで、昔からの常連さんになっていただいている司葉子さんから料理の注文があって、加山さんのご自宅にお届けしましたよ」(和食料亭の店員)

その記事はこれです。


昨年、脳梗塞を発症したことも、今回の“終活”を後押ししたのかもしれません。

私がポイントと思った点は3つ。

仕事がない時は、西伊豆に停泊させていた光進丸で生活していたが、2018年4月に光進丸を焼失して以来、新しい船を作ることもなく、西伊豆にも来なくなった


船の設計士か船乗りになるための資金づくりのために歌手になった、と記事にも書かれていますが、つまり加山雄三にとって、船は生きがいだったのでしょう。

しかし、新しい船を造らなかったということは、さすがの若大将もよる年波を考えたのだと思います。

別居していた夫人(松本めぐみ)も一緒にケアハウスに入居した



加山雄三が日本で仕事をし、松本めぐみがニューヨークで暮らした別居状態をもって、卒婚、または熟年離婚か、なんて取り沙汰されたこともありました。

しかし、私はそれはないのでは、と思いました。

加山雄三夫妻はニューヨークに家を買ったので、永住権取得の関係から、すでに仕事を引退していた松本めぐみが渡米したのが真相のようです。

加山雄三が1960年代、東宝で歌や『若大将』で華々しかった頃、多くの人が寄ってきたそうです。

ところが、1970年代に叔父が経営する神奈川・茅ヶ崎のホテルが倒産し、連帯保証人として20億円以上の借金を背負うと、人はどんどん離れていったそうです。

世間なんてそんなもんです。

そのとき、一人だけブレずに加山雄三に寄り添ったのが、松本めぐみだったのです。

しかし、2人でケアハウスということは、もうニューヨークの家に住むことはないのかもしれませんね。

司葉子とは近所で付き合いがあった


司葉子も、加山雄三同様、東宝で仕事をしました。

生え抜き女優としては、いちばん大物であり、また魅力的な女性であると思います。

2人の共演では、以前このブログでもご紹介しましたが、『乱れ雲』(1967年、東宝)という成瀬巳喜男監督作品があります。


通産省官僚である夫(土屋嘉男)のアメリカ行きが決まり夢いっぱいの妻(司葉子)。

しかし、夫は突然交通事故で死亡します。

加害者(加山雄三)は、事故が原因で常務の娘(浜美枝)とは婚約解消の上、青森に転勤。

司葉子も、義姉(森光子)が切り盛りする旅館の実家に帰りますが、そこは十和田湖の近く。

距離的に近いことで、加山雄三は律儀に自腹で賠償金を直接支払い続けますが、2人は心のなかで互いに惹かれ合ってしまいます。

2人は禁断の関係。

加山雄三は自ら外国支店勤務を希望し、別れを決意します。

が、出発の日、思いが募った司葉子は意を決して加山雄三を訪ね、2人は旅館に向います。

そして旅館で2人は熱い抱擁を……

ところが、そのとき大どんでん返しが起こります。

司葉子は、7年後にはテレビで同じストーリーを、黒沢年男相手に演じました。

彼女にとっては代表作と言っていいすばらしい作品だと思います。



人はいずれ亡くなるのだから終活は大事


終活。大事なことですね。

中には、「縁起でもない」と、自分が生きている間は、自分のものには一切手を付けたくないし、付けさせたくもない、いざというときの取り決めなどしたくない、という考えの人もいまだにいるようです。

まあ、別に法律で決まっていることではありませんから、それもいいでしょう。

ただ、のこった人たちには迷惑をかけないように、自分が動けなくなったらどうするのかを決めたり、先祖の墓は跡継ぎがいないなら自分の手で潔く墓じまいしたりなど、元気なうちにカタを付けて、静かにこの世から去れるよう面倒は最小限度にしたいと私自身は思っています。

そうした用意はされていますか。

乱れ雲 - 加山雄三, 司葉子, 森光子, 浜美枝, 草笛光子, 成瀬巳喜男, 山田信夫
乱れ雲 - 加山雄三, 司葉子, 森光子, 浜美枝, 草笛光子, 成瀬巳喜男, 山田信夫

大学の若大将 - 加山雄三, 星由里子, 団令子, 江原達怡, 田中邦衛, 北あけみ, 杉江敏男, 笠原良三, 田波靖男
大学の若大将 - 加山雄三, 星由里子, 団令子, 江原達怡, 田中邦衛, 北あけみ, 杉江敏男, 笠原良三, 田波靖男

光進丸 ~海と歌と加山雄三~ [DVD] - 加山雄三, 加山雄三
光進丸 ~海と歌と加山雄三~ [DVD] - 加山雄三, 加山雄三

永久保存版 加山雄三 / ギター弾き語り曲集

永久保存版 加山雄三 / ギター弾き語り曲集

  • 出版社/メーカー: ドレミ楽譜出版社
  • 発売日: 2016/03/30
  • メディア: 楽譜



nice!(214)  コメント(17) 
共通テーマ:芸能

nice! 214

コメント 17

pn

俺が死んだらただのゴミってコレクションがたくさんあるから整理始めました。
by pn (2020-04-29 09:19) 

kou

終活と言えるかはわかりませんが、私物(不要品)の処理はこれからですが、各暗証番号や生命保険の手続きの手順や証券類のファイルを作ってあります。口頭で葬儀はやらないで欲しいとは伝えていますがどうなることか。

by kou (2020-04-29 10:34) 

nikki

SSブログは
ソニーネットワークコミュニケーションズの運営から
2020年6月1日にシーサーへ事業譲渡。


by nikki (2020-04-29 12:27) 

coco030705

加山雄三さんがケアハウスへ入居されたのは知りませんでした。80を過ぎても若々しく、コンサート活動を続けておられたのに、脳梗塞をわずらっておられたとは!
コロナの影響で、自分もいつどうなるかわからない、という状況に置かれて、ようやく断捨離を考え始めたところです。
by coco030705 (2020-04-29 13:56) 

ようこくん

加山雄三さんはお歳を召されてもお元気で歌われているイメージでした。船や海がお好きな方だけに、ご自身の船の無惨な姿を見て気落ちされたのでしょうね。ケアハウスに入居されたのはショックです。

外出自粛で服や書類の断捨離をしていますが、ときどき思うのは、私が亡くなったら自動的にカード払いされているものを残された子供が気づいて止めてくれるかということです。
by ようこくん (2020-04-29 15:03) 

ヨッシーパパ

もう83歳なんですか?
パワフルで若いですよね。
by ヨッシーパパ (2020-04-29 18:35) 

ヤマカゼ

終活、時々頭の中をよぎります。
考えさせられますね。
by ヤマカゼ (2020-04-29 19:50) 

mau

もしものために荷物は減らしたほうがいいのかなぁ
by mau (2020-04-29 22:23) 

ナベちはる

終活はまだ考えていませんが、いつどんなきっかけでいなくなるかは分からないので早くしないといけないのだろうとは思っています。
by ナベちはる (2020-04-30 00:23) 

我流麺童

TVでは元気な姿を見せていた加山雄三がケアハウス入りとは驚きです。その場所は"やすらぎの郷"でしょうか?
by 我流麺童 (2020-04-30 06:09) 

Rinko

加山雄三さんが自立型ケアハウスに移った事をネットのニュースで知りました。あの年代の方にしては潔い決断だなと思います。
by Rinko (2020-04-30 08:11) 

そらへい

身の回りはまだまだ煩悩でいっぱいですが
そろそろ身辺を考えないといけない年頃になってきました。
by そらへい (2020-04-30 20:32) 

U3

こんばんは。
若大将シリーズしか見たことないです。
青大将のファンでした。(o゚∀゚o)
by U3 (2020-04-30 22:32) 

風の友

私も終活を始めました!
娘に大事なことだと、背中を押されました。
by 風の友 (2020-05-01 00:13) 

もれしょん

10年ほど前ご縁があって事務所で働かないかとお話をいただきましたがちょうど事務所が移転するってことでお手伝いだけさせていただきました。今思うと事務所の移転もこの話とつながっていたのかな~と感慨深いです。
by もれしょん (2020-05-01 03:58) 

skeptics

83歳ですか。考えさせられます。
by skeptics (2020-05-01 22:49) 

犬眉母

借金地獄を跳ね返した若大将も、
加齢や病気には抗えなかったんですね。
by 犬眉母 (2020-05-03 20:49) 

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。