So-net無料ブログ作成

いしだあゆみ、童顔のアイドルから実力派女優へ [懐かし映画・ドラマ]

いしだあゆみ、童顔のアイドルから実力派女優へ

今日は、いしだあゆみさん(1948年3月26日~)の誕生日です。おめでとうございます。いしだあゆみさんは、『ブルーライトヨコハマ』などのヒット曲をもつ歌手として、また数々の映画やドラマに出演して実力派の女優としても評価されています。



いしだあゆみとは誰だ


いしだあゆみは、フィギュアスケート選手を経て芸能界にスカウトされ、『ネェ、聞いてよママ』でデビュー。

森繁久彌主演のドラマ『七人の孫』に出演したことで全国的に名前が知られました。


昭和の雰囲気を感じさせる一葉です。

まだこの頃は童顔で、当時の私は、共演している島かおりとの区別が付きませんでした。

そして、『ブルーライトヨコハマ』がオリコン1位の大ヒット。


続く『あなたならどうする』もヒットして、歌手としてのポジションも不動のものにししました。

映画は、森繁久彌つながりで『喜劇駅前音頭』(1964年)に出演。


『日本沈没』(1973年、東宝)ではビキニ姿が話題になり、


『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』(1982年、松竹)のマドンナは、国民的映画では異例とも言えるふくらはぎでエロスを表現するシーン。


そして、『野獣刑事』(1982年、東映)ではヌードも披露し、『青春の門・自立篇』『駅』『火宅の人』などに出演。

ドラマでは『金曜日の妻たちへ』が当たり役になりました。

決して歌手の片手間ではなく、女優としてもしっかり実績を積み重ねたのです。

それ以外には、以前ご紹介した『クレージーの大爆発』(1969年、東宝)も印象深い作品です。

クレージーの大爆発


クレージーの大爆発

千代田線日比谷駅から、日生劇場と帝国ホテルに挟まれた通りを5分ほど歩くと、旧日比谷映画街に到着します。

TOHOシネマズシャンテ、東京宝塚劇場、TOHOシネマズ日比谷SCREEN12、SCREEN13などのビルがあります。

『クレージーの大爆発』の劇中では、金塊の眠る銀行の地下をクレージーキャッツがダイナマイトで爆破するシーンがありました。

爆破の音と振動をごまかすために、映画の撮影を装って、いしだあゆみがスクールメイツをしたがえて、夜中の旧日比谷映画街で『恋はそよ風』を歌い、花火を打ち上げます。

いしだあゆみ『恋はそよ風』

スクールメイツをしたがえて『恋はそよ風』

3.png

右側が有楽座、左側がスカラ座

いしだあゆみが熱唱『恋はそよ風』
いずれも『クレージーの大爆発』から

30作ある東宝クレージー映画の中では、際立った傑作というわけでもないのですが、いしだあゆみが歌うシーン見たさに、この作品は何度も見てしまいました。



青春家族


Wikiによると、2003年のNHK朝ドラマ『てるてる家族』(原作なかにし礼)の岩田夏子は、いしだがモデルであるとのことですが、私は、いしだあゆみが最年長ヒロインとして出演した『青春家族』(1989年) の方が印象に残っています。

夫が橋爪功で、娘が清水美沙、息子が稲垣吾郎です。

静岡でわさび田をやりたいと橋爪功が言い出す話で、清水美沙が恋人として陣内孝則を紹介すると、「なんだぃ、あんな30男」などと陰口をいいつつ、自分はその倍も年齢があるくせに、遥くららと不倫しています(笑)

60~70年代の洋楽の趣味が一致して、話がはずんでそんな関係に発展していました。

本作はノベライズも出ていて、ノベライズでは、いしだあゆみも不倫をすることになっているのですが、朝のドラマで夫婦揃って不倫では重すぎるという配慮か、ドラマではいしだあゆみは不倫はしていませんでした。

いしだあゆみさんは、デビューの頃は童顔でふっくらしていたのに、年齢を重ねるごとに痩せて憂いのある表情になりましたね。

私は、この頃のいしだあゆみさんが、女優としてはもっとも輝いた頃ではなかったかと思います。

202003260226.jpg
NHKアーカイブより

近年は、『やすらぎの刻 道』に出演されましたが、これからもご活躍いただきたいですね。

いしだあゆみ・しんぐるこれくしょん - いしだあゆみ, なかにし礼, 橋本淳, 尾中美千絵, 阿久悠, 喜多條忠, 阿木燿子, 石原信一, 仲畑貴志, 岩谷時子, 呉田軽穂
いしだあゆみ・しんぐるこれくしょん - いしだあゆみ, なかにし礼, 橋本淳, 尾中美千絵, 阿久悠, 喜多條忠, 阿木燿子, 石原信一, 仲畑貴志, 岩谷時子, 呉田軽穂

いしだあゆみ (カラオケDVD/本人歌唱)

いしだあゆみ (カラオケDVD/本人歌唱)

  • 出版社/メーカー: キープ株式会社
  • 発売日: 2011/01/01
  • メディア: DVD



nice!(200)  コメント(15) 

nice! 200

コメント 15

pn

金妻しか記憶に無いけど若い頃かわいいなぁ、アイドルはどうしてみんな痩せちゃうんだろ?
あ、太っちゃった人もいるな(^_^;)
by pn (2020-03-26 13:33) 

skeptics

近影がネットに出回っていますが、誰でも歳を取るのに
扱いが酷いですね。
考えさせられます。
by skeptics (2020-03-26 15:20) 

coco030705

こんにちは。
いしだあゆみさん、好きです。歌もブルーライトヨコハマは、私のカラオケの十八番です。
演技もうまく、青春の門だったか、クールな娼婦役は演技が際立ってましたね。ちょっと細すぎるのが難ですが、これからもご活躍いただきたいものです。
by coco030705 (2020-03-26 16:01) 

十円木馬

昨年亡くなられたショーケンこと萩原健一さんと、
数年間夫婦であったことは、若い人はご存知ないかも
しれないですね。
by 十円木馬 (2020-03-26 16:17) 

エンジェル

ブルーライト横浜は大好きな歌です♪いしだあゆみのちょっと鼻にかかった歌い方がぴったりはまる洒落た歌だと思います。最近お見かけしないと思っていましたが、まだ女優を続けられていたのですね。
by エンジェル (2020-03-26 16:38) 

kou

一瞬、「小指の思い出」が頭に浮かびましたが、いしだゆかりさんとダブってました。
思い出しましたが、うちの親父が大ファンでした。
by kou (2020-03-26 16:41) 

tsun

ブルーライトヨコハマのジャケットに、キスしていた幼き私です。
寅さんも『寅次郎あじさいの恋』が一番好きです。
でも、2013年のNHKドラマ『歩く、歩く、歩く ~四国 遍路道~』観たときは、あまりの変わりようにビックリしました。

「映画出演で”ボイン”を披露した いしだあゆみ」のボインが笑えます。
by tsun (2020-03-26 17:54) 

ヤマカゼ

やはり最初に頭に浮かぶのはブルーライトヨコハマですね。
by ヤマカゼ (2020-03-26 17:57) 

beny

 ブルーライトヨコハマは、歌謡史に残る名曲だと思います。初めて聞いたときは、華麗な曲、艶やかな、伸びのある甘い歌声に魅了されました。名古屋の女子大小路のスナックでよく歌ってました(音痴は自覚してます)。
by beny (2020-03-26 18:53) 

ヨッシーパパ

♫町の灯りが・・、
懐かしいですね。
by ヨッシーパパ (2020-03-26 19:08) 

Boss365

こんにちは。
いしだあゆみさんの「ブルーライトヨコハマ」は良い歌です。昔々「ビックリハウス」と言うサブカルチャー雑誌を購読していたのですが、投稿の駄洒落で「街の明かりがとてもキレイねヨコジマ」を未だに憶えています。ヨコジマ=囚人のイメージ。「金曜日の妻たちへ」もよく憶えていますが、ショーケンとの結婚が最も印象深かった出来事です!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2020-03-26 20:56) 

mau

いしだあゆみさんは、ブルーライトヨコハマと影のある表情しかイメージありませんでした。
by mau (2020-03-26 23:50) 

ナベちはる

昔の写真を見ると、石田さんは若いままお年を召されたのでは?という印象を受けます。
by ナベちはる (2020-03-27 00:19) 

なかちゃん

いしだあゆみさんの歌は『ブルーライトヨコハマ』しか知りません。
でも、男はつらいよでは『かがりさん』という役でステキに演じておられましたね。その他ではボクは『駅』かな?
それくらいしか知らなかったんだけど、たくさん出演しておられるんですね。
今度どれかをレンタルして観てみたくなりました(^^)

by なかちゃん (2020-03-27 07:57) 

そらへい

「七人の孫」の一番下の女の子でしたか。
「ブルーライトヨコハマ」など歌手活動を経て
後年、「北の国から」などで演技派になられましたね。
by そらへい (2020-03-28 21:35) 

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます