So-net無料ブログ作成

槇原敬之逮捕で曲の自粛は必要か否か、という議論が盛り上がる [トレンド]

槇原敬之逮捕で曲の自粛は必要か否か、という議論が盛り上がる

槇原敬之容疑者が話題です。覚せい剤取締法違反で21年ぶり2度目の逮捕。本人は使用を否定し、検査も陰性といわれますが、逮捕は所持でありそれは本人も容疑を大筋で認めているそうです。そこで議論になるのが、曲の自粛は必要か否か、という話です。



石戸諭氏が、「槇原敬之さんの曲に「罪」はあるのか? 過剰反応とバッシングがダメな理由」というタイトルで書いたヤフートピックスの記事が取り沙汰されています。

記事は、「バッシングで解決するほど薬物問題は甘くない」「罪を犯した人々を締め出し、厳しく接すれば薬物問題が解決するというエビデンスも当然ながら無い」から過剰反応するな、という内容です。

「逮捕された槇原さんが仮に有罪判決を受けたならば、その時は刑事司法の中で罪は償えばいい。
そして、薬物依存症であるならば適切な治療につながればいい。そして、彼の作った曲に罪はないのだから、そのまま流せばいい。」と結んでいます。

トピックスはすぐリンク切れするので、Web掲示板にリンクします。


Web掲示板は、この記事に対してはおおむね批判的。

本人の更生と社会的責任は別問題、という意見が大勢です。
・曲そのものには罪はないが曲を使ったビジネス、商売は控えるのはしょうがないよね
・罪はありますよ/陸上選手だってドーピング発覚したら記録取り消しです
・スポンサーが許さんだろ
・さすがに2度はないな
・薬物に頼らず同じ曲が作れたのかは疑わしい。「曲に罪はない」とは、名曲を生む為の必要悪と言ってるようなもの。
・結局印税でクスリ買ってたんだろ
・クスリやった会社員でも公務員でも復職できるとしたら芸能界が甘いわけではないと思ってやれるんだが……etc
どちらかというと、コメントのほうが頷けるとわたしは思うのですが、いかがでしょうか。

21年前も、起訴されたのは「所持」による現行犯逮捕でした。

当時の報道です。
槇原敬之被告に有罪の判決
覚せい剤事件で東京地裁
自宅に覚せい剤を隠し持っていたとして覚せい剤取締法違反(所持)の罪に問われた歌手の槇原敬之(本名・範之)被告(三○)=東京都港区XXXX丁目=に対して、東京地裁は八日、懲役一年六月執行猶予三年(求刑懲役一年六月)の判決を言い渡した。久保豊裁判官は「人気歌手の犯行で社会に与えた影響は大きく責任は重大だが、社会的制裁を受け、反省もしている」と述べた。(一九九九年一二月八日『朝日新聞』から)
判決後、写真雑誌『フライデー』には、交際相手との同棲生活を報じられました。

この相手は、槇原敬之とともに逮捕された友人の男性でした。

槇原敬之が男性を好きになるのは自由ですが、かつての共犯で、互いに執行猶予中でありながら関係がまだ切れていなかったというのは、とくに常習性が問題にされる薬物事件ですから、批判は免れませんでした。

「公判中、この二人は互いに一切縁を絶つことを宣言し、これが情状面で酌量され執行猶予付きの判決につながったのです。それが判決から一年もたたずに同せいを再開していたとなれば、いったいどんな反省をしたのか、と疑問がわいてくる」(『日刊ゲンダイ』2000年10月20日付けで芸能ライター・新藤興二氏)

そうした世間の声を封じるかのように、槇原敬之とワーナー・ミュージックは、2000年10月17日付朝日新聞朝刊第四面に全面広告を掲載しています。

「あの時以来、僕に付いていたムダなものは全て落ちてしまいました」

コピーの中で槇原敬之はそう告白していました。

言うなれば事件に対する「お詫び広告」ですが、「お詫び」は広告として行うものでしょうか。

芸能界の「大麻半年、覚せい剤一年」という因習に従い、槇原敬之のCD発売は自粛1年2ヶ月後に再開されました。



裁判官を裏切った交際の結果


ところが、今回また、その男性にさされての逮捕と言われています。

新藤興二氏の言うとおりで、裁判官を裏切って堂々と、そして長年交際した挙げ句のことですから、「自業自得」「さすがに2度はないな」という突き放した意見もむべなるかなです。

もっとも、槇原敬之も、今更後悔もしていないでしょう。

堂々と、刑事的責任も社会的制裁も受けると思います。

この件、いかがお考えですか。

薬物依存症 【シリーズ】ケアを考える (ちくま新書) - 松本俊彦
薬物依存症 【シリーズ】ケアを考える (ちくま新書) - 松本俊彦

平成日本タブー大全2016 ヤクザと芸能界とマスコミ 黒い人脈の正体

平成日本タブー大全2016 ヤクザと芸能界とマスコミ 黒い人脈の正体

  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2016/02/22
  • メディア: 単行本



nice!(226)  コメント(15) 
共通テーマ:学問

nice! 226

コメント 15

kou

曲に罪はないでしょう。
今のところ簡易尿検査は陰性ですし、まだ起訴もされていないのですから、判決が出るまではあまり騒がない方がよいと思います。
by kou (2020-02-16 10:25) 

pn

うん、まあ作品には罪は無いんだろうけどやっぱイメージは悪くなるでしょうね。けど発禁にする必要は無いんじゃないかと、気に入らなければ買わなきゃいいだけ。
by pn (2020-02-16 12:29) 

sana

2度目の逮捕には失望が広がりましたね。
ただ、2年前の所持で今頃?というのがちょっとグレーっぽい。検査は陰性だし、同居人の腹いせのように見えなくもないし、まだ判決も出ていません。今から叩き過ぎるのはどうかと。
いい曲がたくさんあるのに、残念です。
曲は作曲者一人とイコールではないと思います。
大人は事情を知っても評価はしていいのでは。
使えない場合が増えるのは、仕方ないと思いますが。
有罪判決が出た場合には、小学校の教科書などはちょっと無理かな…歌っちゃいけないことはないと思うんです。
by sana (2020-02-16 14:16) 

なかちゃん

自分が使ったとか使ってないとかでなくて、そんな危険な物を持っていたというだけで、万死に値しますよ。
擁護する人は、ヤーコが覚醒剤を持ってても擁護するのですか?そういう反社会的なことをした人間は、一般社会からは締め出すべきと考えます。
殺人、強盗、強姦、薬物、全て自分だけでは完結しないんです。必ず誰か被害者を作るんです。その被害者に対して犯罪人を擁護することを言えますか?
曲に罪はないというのは百歩譲って認めてもいいとしても、宣伝はもちろんテレビやラジオ、そしてネットや有線で流すことやCDの販売も一切止めるべきです。
言い方は悪いけど、犯罪者に対する見せしめでいいと思いますよ。それくらいの強さで臨まないと、世の中から反社会的なものを無くすのは難しいと思います。
それでも、今持っているものを聴くのはその人の自由ですから勝手に聴けばいいし、そこまでどうこうは言いません。反社会的なことを恥ずかしげもなく2度もやった腐れ切ったゴミのものでも聴きたい人はご自由にです。
刑期を全うし世の中に対して責任を取ったら、それから再販すればいいのです。

by なかちゃん (2020-02-16 14:40) 

skeptics

スポンサーやメディアが、販売自粛したらそれっきりでは?
逆に売れると思ったら、反対意見があっても売ると思います。
結局はビジネスですから、ビジネス。
by skeptics (2020-02-16 14:51) 

Boss365

こんにちは。
営利目的なので曲の自粛等は、個別判断等あり自由と思いますが・・・
曲に罪はないですね。
薬物問題は闇が深く、元をたたないと繰り返される感じです。
止められないみたいですね。
病気と考えると欲望を抑える?薬が必要です。なければ・・・
物理的な矯正?しかない感じです!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2020-02-16 15:22) 

扶侶夢

罪を犯していないと思っているなら、あまりにも幼稚で考えが甘い。
ばれないだろうし、ばれてもたいした事ないと思っていたなら、根本的に性根が悪い。
大麻をやりたいのならオランダにでも行ってやってくれば良い。そんな日本人は大勢いる。国内でやるのは「有罪」だという事が分からないのかな?
by 扶侶夢 (2020-02-16 16:32) 

旅爺さん

成田空港や羽田空港で大量の麻薬が押収されてますが、
皆焼却処分されるとか。それを医薬品に加工したら、
病院患者の多くの人を救えるのではないかな?。
by 旅爺さん (2020-02-16 16:42) 

レインボーゴブリン

「曲に罪はない」、ある意味正しいと思います。ところで、捕まったあとでもお店でCDや映像媒体などを売った場合、その印税は誰のモノになるのでしょうね。悪いことをして刑期を終えたころにはうん千万円が口座に貯まっていたなんて、人をバカにした話ですよ。世間の人々を裏切った犯罪者の懐に印税が入るようなことがあっては、絶対いけないと思います。
by レインボーゴブリン (2020-02-16 18:04) 

ヨッシーパパ

曲が彼自身を想起させてしまう場合には、印象が悪くなるので、耳にしたくない様な気分です。
by ヨッシーパパ (2020-02-16 18:34) 

coco030705

とにかく薬物を使わずに1日をどう過ごすかを考えることが、ものすごく大変なことだそうですね。以前、更生施設のドキュメンタリー番組をTVで観たのですが、薬物のことを思い出さないようにするために、色々なことをやって紛らわすみたいです。それほど、薬物の誘惑は強いそうです。だから、誰が常に一緒に居てくれる人がいないことには、立ち直ることはなかなか難しいのでは?
彼の曲はTVやラジオ、インターネットで流れてもいいと思います。そこは切り離して考えたいですよね。
by coco030705 (2020-02-16 19:04) 

ゆうのすけ

作品や曲などには確かに罪はないけれど それぞれにある著作権による著作料は当人に入ってくるのですから・・・。私は自粛は必要かと思うのです。
それでも多少なりと収入の保証となってしまうのは気にかかるところだなと思うんですよね。恥ずかしながら収入が少ない私は。某アーティストも再結成が出来なかったり 入国さえ出来なかった影響があった過去例もありますし。
私はブログで取り上げたい作品があっても 躊躇してしまう作品が何作も過去にありました。
芸能界だから有名人、社会影響力のある人だから・・・という線引きがあってはならないと思うんですよね。昨年の池袋の自動車事故の一軒然り。。。
そうなると国会議員だトップに立つ者だからと問題があれば 身を引き下げれば ほとぼりが冷めれば・・・という話になりかねないし。難しいことですね。でも 人としての償い(初めてではないし 出来ることなら自ら 作品の自粛を検討するくらいの事)は必要(そんな心の余裕はないかとも思いますが)かと思います。ファンとしては厳しい意見かと思いますけれどね。♪・・・
by ゆうのすけ (2020-02-16 21:56) 

ナベちはる

曲そのものは全く悪くないのですが、「犯罪者が作った歌」というのは印象が良くないので、自粛というのもやむなしかなと思います。
by ナベちはる (2020-02-17 00:54) 

トレンダー櫻井

自粛は必要ないと思います!作品に罪はないのですから(・ω・)ノ
by トレンダー櫻井 (2020-02-17 05:10) 

mio

某俳優さんの事件のように被害者がいる場合は別ですが
薬物関連の逮捕で販売自粛は必要ないんじゃないかと
毎回思ってます。槇原さんが作って他のアーティストが
歌った曲も自粛になるんでしょうかね?
by mio (2020-02-17 07:45) 

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます