So-net無料ブログ作成

脳性まひの男性が7年浪人高校に行けず死亡の報道「そこまでして高校へ行きたいか」という意見にこそ差別の本音が伺えるとの声 [障害者]

脳性まひの男性が7年浪人高校に行けず死亡の報道「そこまでして高校へ行きたいか」という意見にこそ差別の本音が伺えるとの声

大晦日ですが、残念なニュースを見てしまいました。「普通に生きたかっただけなのに」。普通高校への進学を希望して7年間浪人生活を送った脳性まひのある男性が亡くなったそうです。2013年から介助者を付けて受け続けた県立高校入試は、追加募集も含めて25回不合格だったといいます。



25回なんて、ギネスブックじゃあるまいし、本人にとっては拷問だったでしょうね。


「普通に生きたかっただけなのに」。普通高校への進学を希望して7年間浪人生活を送った脳性まひのある渡辺純さん(21)=千葉県成田市=が11月に亡くなった。定員割れにもかかわらず不合格となる「定員内不合格」が続いたため、母親、みささん(57)は国や県に是正を求めている。
 みささんによると、純さんはたんを吸引する医療的ケアが必要で、自力での移動が難しかったものの、小中生の時はバギー型車椅子を使って成田市立の普通学校に通った。中学には看護師が巡回し、急な体調悪化に備えてもらった。当時の担任教諭(50)は同級生も純さんと分け隔てなく接したと振り返り、「一緒に過ごすことで他の子の学びにもつながった」と語る。
これだけでは、詳細はわかりません。

ただ、小学校や中学で巡回看護師を付けて卒業できた「実績」があるのに、どうして高校は受け入れを拒否したのか。

記事を額面通り見れば、高校側のほうが意固地に見えます。

ましてや、入学試験を受けさせておきながら学力で判定をしないならばそれはインチキです。

駄目なら駄目で、なぜだめなのかの話し合いをしたのか。気になるところです。

障碍者は理由がなくてはだめなのか


私は、今回のニュースそのものだけでなく、ツイッターなどコメントに、「そこまでして、どうして高校に行きたい?」という意見があったのが気になりました。

そのコメント者が、かりに高校に入っているとして、たぶんその人だって、とくに高邁な理想を掲げて高校に行ったわけではないと思います。

自分はテキトーな人生のくせに、障碍者にはいちいち意味付けを要求するなんて、あんた何様? と私は思います。

高校に行きたい動機なんか、好きな女の子と同じ学校に行きたいとか、学食が好きだとか、制服を着てみたいとか、友達とワイワイガヤガヤやりたいとか、なんだっていいじゃないですか。

なのに、なんで障碍者だけいちいち理由を求められるのでしょうか。

要するに、理由がないから排除しても良いという口実にしたいんじゃないでしょうか。

そこに拭い難い「差別」の感情を見た思いがしました。

それにしても、個人的には、7年も浪人する前に、私立の広域通信制高校などもあたったほうがよかったんじゃないかなあと思いますが、私立も受け入れてくれなかったのでしょうか。



来年も熱いオフロに入ってがんばります


ということで、今年はこれが最後の記事になりますが、一言私事をぼやかせていただければ、今年はいい年ではありませんでした。

一部はこのブログに書きましたが、一家で3回ぐらい旅行に行けるぐらいの大金を亡くしてしまうし(6月)、8年住んだマンションは、更新料まで払ったのに退去(10月)しました。

また、これまでになかった隣人とのトラブルが立て続けに発生しました。

それで、昨日渋谷で、厄落としというわけではありませんが、ご無沙汰していた献血を行ったのです。

IMG_20191230_171712.jpg


極度のストレスと、転居のバタバタによる不規則な生活と偏った食生活など、コンディションは決して良いはずがないのに、そして昨日も4時間ぐらいしか寝ていなかったのに、むしろそれまでよりも血圧、体温、ヘモグロビンなどの状態は有意によくなっていたのです。

これはもしかしたら、先日ご紹介したヒートショックプロテインのご利益かもしれません。

健康法を何も行っていないので、熱い風呂に入る頻度を最近高くしていたのです。

改めて年末年始は、ちょっと熱めのお風呂をお勧めします。

余談ですが、ハチ公前献血ルームは、アイスがハーゲンダッツからレディーボーデンにかわっていました。

厳しい年の瀬ですね。よいお年をお迎えください。

これならわかる〈スッキリ図解〉障害者総合支援法 第2版
これならわかる〈スッキリ図解〉障害者総合支援法 第2版

「愛の献血」が売られている―いま、日本の血液行政の実態を暴く

「愛の献血」が売られている―いま、日本の血液行政の実態を暴く

  • 作者: 松倉 哲也
  • 出版社/メーカー: 三一書房
  • 発売日: 1983/01
  • メディア: 単行本



ヒートショックプロテイン 加温健康法

ヒートショックプロテイン 加温健康法

  • 作者: 伊藤 要子
  • 出版社/メーカー: 法研
  • 発売日: 2013/11/22
  • メディア: 単行本



nice!(211)  コメント(33) 
共通テーマ:学問

nice! 211

コメント 33

zombiekong

今年もお付き合いありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
献血のような社会貢献で厄落としは良いです。明るい年になりますように!
by zombiekong (2019-12-31 11:25) 

ニッキー

今年もご訪問ありがとうございました^^
佳いお年をお迎えください♪( ´▽`)
by ニッキー (2019-12-31 11:47) 

kyon

一年ありがとうございました。
佳い新年をお迎えください。
by kyon (2019-12-31 12:25) 

ピストン

【入学試験を受けさせておきながら学力で判定をしないならばそれはインチキです。】
たしかに!間違いないですね。

今年一年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
by ピストン (2019-12-31 13:12) 

pn

俺はもともと高校に行く気無かった、と言うか成績悪すぎた(笑)のでとっとと違う道を選びました。あの時無理して高校目指してたら間違い無く俺も浪人だったろう。
行きたい人が行けない学校、生きたい人が生きられない社会なんて存続させる意味無いよまったく。
それではよいお年をー♪
by pn (2019-12-31 14:03) 

skeptics

入れる気がないのなら、志願する前に断るべきです。
受験料を無駄に払わせています。
by skeptics (2019-12-31 15:48) 

風の友

私も障害者ですが、こういう話は酷すぎます。
障碍者が生きやすい社会をと願います。
by 風の友 (2019-12-31 16:18) 

ヤマカゼ

いっぷくさんとご家族様にとって来年こそはいい年でありますように。
by ヤマカゼ (2019-12-31 16:52) 

KINYAN

良い年でありますように(^o^)
by KINYAN (2019-12-31 17:07) 

足立sunny

難しい事案とは思いますが、県立高校、受け入れの協議や準備が本当にできなかったのか、残念なニュースです。
by 足立sunny (2019-12-31 17:37) 

tommy88

日本の学校現場での区別は激しいです。
教師に能力がないから、どうしても差別的になります。
対応できない能力の低さは学習でカバーできるのですが。
そういった向上心は少ないようです。
管理職も含めて、目線が違うんです。
車椅子の人は2階の職員室に来られない。
にもかかわらず、駐車スペースに車椅子マーク。
実際に来ても、教室を参観も出来ない。
内部から文句を言っても、予算が、以上。
元道立高校教師の恨み言。

by tommy88 (2019-12-31 17:52) 

einstein

一年間ありがとうございました。
佳いお年をお迎えください
by einstein (2019-12-31 17:56) 

ヨッシーパパ

本年もお世話になりまして、有難う御座いました。
良いお年をお迎え下さい。
by ヨッシーパパ (2019-12-31 18:05) 

naonao

今年一年、ありがとうございました。
来年も、よろしくお願い致します
よいお年をお迎えください。
by naonao (2019-12-31 19:14) 

kiyo

いっぷく さん
本年も、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。
新年もよろしくお願いいたします。
by kiyo (2019-12-31 20:40) 

みぃにゃん

なんだか胸が支えた気分になりますね。普通にいきることがこの人にとっては夢のようなことでありそらに廻りも応えてあげることはできなかったのかと思います。まだまだ抜かしら差別根強く残ることに残念です。良いお年をお迎え下さいね。いつもありがとうございます。
by みぃにゃん (2019-12-31 21:21) 

てんてん

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
佳いお年をお迎えください♪
by てんてん (2019-12-31 21:26) 

lamer

まだまだ偏見は悲しいほどあります。
情けないです。
佳い年をお迎えください。
by lamer (2019-12-31 23:07) 

(。・_・。)2k

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します

by (。・_・。)2k (2020-01-01 00:38) 

ナベちはる

新年あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。


介助者が付いているにもかかわらず、試験も受けたにもかかわらず「行きたい」という本人の声に応えない高校、何かあったときに責任を取る必要がある以上、受け入れる自信がないのでしょうね…
by ナベちはる (2020-01-01 01:07) 

mau

今年は良いことがありますようお祈り申し上げます。
献血、しばらく出来ていません…
by mau (2020-01-01 01:52) 

チナリ

こんばんは。

普通に生活をしていても、誰が見ているかもわからないテレビ番組でも未だに偏った情報しか持っていなかったり、放送しなかったりしている中で、ネットでの 「差別」 や 「偏見」 は比べ物にならないほどヒドイと聞いたことがあります。

私はブログさえやることができていればそれだけで十分で、Twitterなどは必要性を感じないためやっていないのですが、相手の顔が見えないからこそネット上では強気の発言や他人を攻撃する、いっぷくさんが書かれていらっしゃるような 「アンタ何様???」 という人が多いですよね。

そういう人に限って、面と向かっては言うことができない弱者だとは思うのですが、実生活では弱者であるからこそネットの世界では強くあってストレス解消に使っているのかな?と思います。

今回の記事のようなことを減らすことは無理難題なのでしょうけれど、相手の気持ちを深く考えられる心を持って、一人ひとりが不用意な発言をしてしまわないように気をつけないといけないですね。


明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願い致します。

私の家も昨年は良い年ではありませんでした。

今年は良い方向へ歩んでいけるようにしていきたいですね。

良い一年となりますように。

by チナリ (2020-01-01 03:37) 

ぽちの輔

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^^
by ぽちの輔 (2020-01-01 05:23) 

鷲獅子のXPERIA

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今年は明るい1年に♪
by 鷲獅子のXPERIA (2020-01-01 07:16) 

トレンダー櫻井

新年あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!(^^)!
by トレンダー櫻井 (2020-01-01 08:01) 

*ピカチュウ*

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくです♪♪

by *ピカチュウ* (2020-01-01 08:32) 

sora

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
いつも、考えさせられるブログを
ありがとうございます。
by sora (2020-01-01 08:32) 

marimo

( o ̄▽)o<※*:’゚。.あ*:゚・け’゚゚:。お・:+”。め’:゚:*♪:’゚‘。+:
本年も<(_ _)>よろしくお願いします。
脳に刺激的な記事のおかげで、考えるという機能をフル稼働させていただいております。
by marimo (2020-01-01 08:48) 

kiyokiyo

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします^^
by kiyokiyo (2020-01-01 08:49) 

さすらいの話師

>自分はテキトーな人生のくせに、障碍者にはいちいち意味付けを要求するなんて、

これなんですよね!持ってる側は"別に高校なんて大したコトない"と言い捨てちゃう。行き着く先は"生きてるなんて大したコトない"と言い捨てちゃううんですよね。

「大したコトない」なら…渇望してる人にアゲれるんじゃない?とも思ったり…。お世話になりました。
by さすらいの話師 (2020-01-01 10:33) 

beny

 引き出しの多さに感服しております。
by beny (2020-01-01 16:50) 

そらへい

本当にひどい話です。
それは不合格というのではなく
単に高校側の受け入れが不十分だっただけですね。
by そらへい (2020-01-01 19:45) 

coco030705

本当の気の毒なお話しですね。
渡辺純さんのご冥福を心よりお祈りいたします。



by coco030705 (2020-01-02 23:52) 

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます