SSブログ

佐々木信也、ソフトな語り口と的確な指摘で野球番組以外でも活躍 [スポーツ]

佐々木信也、ソフトな語り口と的確な指摘で野球番組以外でも活躍

佐々木信也さん(1933年10月12日~)の誕生日です。おめでとうございます。佐々木信也さんといえば、長く続いた『プロ野球ニュース』の司会者としてお馴染みですが、かつては自身も二塁手としてプレーし、引退後はプロ野球以外の番組でも活躍しました。



結果を出していた現役時代


佐々木信也は、名門・神奈川県立湘南高校時代、夏の第31回全国高等学校野球選手権大会に、1年生ながらレギュラーとして出場して優勝。

第2回大会の慶應普通部以来、33年ぶりの関東勢優勝のため、「深紅の優勝旗が箱根の山を越えた」といわれた歴史的な大会でした。

「名門・神奈川県立湘南高校」と書きましたが、野球の名門という意味ではなく、他県で言えば、「第一」「東」などがつく、要するに県で一番難易度が高い高校です。

勉強の名門高校が、全国の野球の名門校チームを破り、しかもその中で1年生ながらレギュラーをとったのが佐々木信也だったということです。

当時の監督は実父でしたが、“えこひいき”による抜擢ではなく、佐々木信也その後、慶應義塾大学に進み、東京六大学リーグでもやはりレギュラーをつとめました。

余談ですが、やはり現役時代“えこひいき”による抜擢がいわれた野村克也の息子の野村克則、長嶋茂雄の息子の長嶋一茂らも、東京六大学時代はレギュラーで、野村克則は首位打者や打点王をとり、長嶋一茂もベストナインに選ばれるなど、ドラフトされるだけの結果を出しています。

そりゃ、親として息子を活躍させたい気持ちはあったでしょうが、箸にも棒にもかからなかったら抜擢のしようがないわけで、本人に実力があることが条件であり、それはクリアしていたのではないかと思います。

球団合併のワリを食う


それはともかくとして、佐々木信也は1956年にプロ入りします。

スカウトされた球団は、幸か不幸かパ・リーグのお荷物球団、高橋ユニオンズ。

「幸」は、選手層が薄かったため、新人ながらチャンスを貰い、それに応えてルーキーイヤーながら154試合全イニング出場。シーズン出場の日本記録(タイ)で、もちろん新人は初めてです。

そして、当時は連盟表彰がなかったものの、622打数(日本歴代3位)で当時リーグ最多の180安打(同34位)、141単打など、おそらく今後も破られることはなさそうな新人記録を打ち立てました。


「不幸」は、所属球団が次々合併してしまったこと。

当時のパ・リーグが8球団だったため、セ・リーグに合わせて6球団に再編しました。

高橋ユニオンズは、佐々木信也入団の翌年には大映スターズに吸収されて大映ユニオンズに、さらに翌年には毎日オリオンズと対等合併して毎日大映オリオンズ(大毎オリオンズ←現在のロッテマリーンズの前身)になりました。

複数球団の選手が集まれば、チームとして選手層は厚くなりますが、個々の選手にとって見れば死活問題です。

一般の会社もそうですが、合併の場合、存続会社が主導権を握りますから、吸収される側は冷や飯を食うことが少なくありません。

佐々木信也も、1年目にそれだけ実績を残したのに、繰り返される合併で年々出番が減り、なんと4年目のオフに余剰戦力扱いで自由契約になってしまいました。

当時の西本幸雄監督によれば、「チーム事情で内野手を整理する必要があり、仮にクビになっても生活に困らない者」として、資産家の令嬢と結婚していた佐々木信也をリストアップしたといいます(Wikiより)。

一時は、巨人が獲得の意向を示したそうですが、「毎日新聞が戦力外にした選手をなんで読売新聞が拾う必要があるのか」などというこれまた本人とは関係ない理由で白紙に。

実現していれば、王貞治、佐々木信也、長嶋茂雄、広岡達朗という内野陣が数年後に見られたのに……。

野球解説だけでなくワイドショーにも出演


佐々木信也は引退後、NET(現テレビ朝日)⇒NTVで解説者をつとめますが、元現役の解説者にはとどまらず、スポーツキャスター、さらにタレントとしての市場を開拓しました。

スポーツバラエティ番組や、後の『プロ野球ニュース』の司会、さらには野球と直接関係ない番組にも出演するようになったのです。

たとえば、NTVの朝のワイドショー『あなたのワイドショー』(1972年4月3日~1977年4月1日)では、ライオン油脂の生コマに登場。

生コマというのは、既存のCM放送ではなく、ワイドショーのような生番組でスタジオの一画を使い、番組の途中でカメラを切り替えてキャスターがスポンサーの商品を宣伝します。

『あなたのワイドショー』では、「私の作ったコマーシャル」というタイトルで、一般人がライオン油脂の製品を持ち時間(約1分)で自由に宣伝し、佐々木信也が進行をつとめました。

そこで、私も初めてテレビに出させていただきました。

cm0814.jpg

左が佐々木信也さんで、真ん中が私です。

放送の1時間か1時間半ぐらい前に、佐々木信也さんの前でカメラを通したリハーサルを行い、佐々木信也さんのアドバイスを受けて本番にのぞみました。

つまり、たんなるMCとしての出演ではなく、演出も任されていたようです。

途中で、当時の日本テレビの市ヶ谷スタジオにあるカフェでお茶をしながら雑談。

世間話をしながら、私の生活の様子を知り、それを本番で使っていました。

なるほど、たんなる野球中継の解説者を超える仕事をしているなあと思いました。

「野球だけ」ではなかったから視野が広がった!?


ご本人は、あまり触れてほしくない話だと思いますが、噂されている相撲の若貴(花田)兄弟の「父親」を講演で話題にして、後で謝罪する失敗談も有名です。

佐々木信也さんは、選手のインタビーの受け答えも、当たり障りのない話であると「もっと面白いことを言うべきだ」と注文を付けていました。

プロ野球である以上、ショーマンシップも必要だという考えです。

もし、合併球団に入らず「野球だけ」の人生だったら、そうした視点もなかったかもしれません。

今は、プロ野球ニュースのもうひとりの司会者だった土居まさるさんや、当時一緒に出ていた野球解説者の方々の多くが、亡くなったり、もしくは表舞台から姿を消したりしています。

佐々木信也さんには、これからもお元気でいただきたいと思います。

消えた球団 高橋ユニオンズ 1954-1956青春のプロ野球 (野球雲6号)
消えた球団 高橋ユニオンズ 1954-1956青春のプロ野球 (野球雲6号)

この人この世界 2005年4ー5月 (NHK知るを楽しむ/月)
この人この世界 2005年4ー5月 (NHK知るを楽しむ/月)

オレたちのプロ野球ニュース: 野球報道に革命を起こした者たち (TOKYO NEWS BOOKS)

オレたちのプロ野球ニュース: 野球報道に革命を起こした者たち (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 作者: 長谷川 晶一
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2017/03/11
  • メディア: 単行本



nice!(194)  コメント(11) 
共通テーマ:学問

nice! 194

コメント 11

pn

毎日が捨てた選手をなぜ読売が拾わにゃならん、かぁ。つまんねー理由で凄い内野が見れなかったとは残念。
by pn (2019-10-12 11:09) 

Take-Zee

こんにちは!
甘いマスクでやさしい話し方でした!!
まだご存命でほっとしました。

by Take-Zee (2019-10-12 13:13) 

えくりぷす

甲子園の歴代優勝校を見ていて、湘南高校と北野高校があるのが印象的でした。それより佐々木信也さんといっぷくさんが共演されていることにビックリ( ゚Д゚)です。
by えくりぷす (2019-10-12 13:59) 

旅爺さん

緊急避難します、ゴメンナサイ。
by 旅爺さん (2019-10-12 16:23) 

ヨッシーパパ

スポーツニュースでしか見たことがありませんでした。
by ヨッシーパパ (2019-10-12 18:55) 

kou

佐々木さんは良く存じ上げてましたが、高橋ユニオンズという球団は恥ずかしながら初めて知りました。
by kou (2019-10-12 19:03) 

扶侶夢

佐々木信也さん、凄い経歴の人だったんですね。マルチな生き方が素晴らしいです。
by 扶侶夢 (2019-10-12 22:41) 

ナベちはる

いろいろと幅広い分野で的確な指摘が出来ること、凄いです。
by ナベちはる (2019-10-13 00:36) 

ヤマカゼ

佐々木信也さん、懐かし顔を拝見しました。高橋ユニオンズは知りませんでした。
by ヤマカゼ (2019-10-13 06:32) 

犬眉母

文武両道。
不遇でも必ず浮かぶ瀬もありますね。
by 犬眉母 (2019-10-14 00:27) 

そらへい

佐々木信也さん、懐かしいですね。
野球選手らしくない柔和な笑顔と
優しい語りが印象的でした。
by そらへい (2019-10-14 21:02) 

Facebook コメント

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。