So-net無料ブログ作成

長谷川豊氏、差別発言全面謝罪したのにまた蒸し返しで思ったこと

長谷川豊氏、差別発言で「全面的謝罪」したのに蒸し返す問題点

長谷川豊の『週刊FLASH』(2019年7月23・30日号)のインタビューが例によって叩かれています。2月の講演で、差別発言を指摘され「全面謝罪」したはずです。ところが、このインタビューではまた「(批判は)何カ所も“切り貼り”編集」されたと蒸し返し反論しています。

私たち個人ブロガーが、何をやってはいけないのか、反面教師とすべき点があると思いました。




長谷川豊氏は、2月の講演で差別発言を指摘され騒動になりました。

江戸時代の被差別民を身分を示す差別的な呼称で取り上げ、「人間以下と設定された人たちも、性欲などがあります。当然、乱暴なども働きます」などと話していました。

この言葉を本当に話している動画も2019年5月15日ごろから出回っています。



当初、長谷川豊氏は、ツイッターで、「90分の講演を切り取り 自分たちの犯罪行為は棚上げして取材もせずに切り取りして批判 なんなんでしょうねぇ」と持論を展開していました。

それが、翌22日の公式コラム『本気論 本音論』では、一転して全面謝罪しました。
「現在、一部ネットで拡散されている動画について全面的に謝罪致します」 「身分制度の話と暴漢に襲われる話が全くリンクしていません。皆さんが読んでも意味が分からないと思いますが、僕が今読んでも意味が分かりません」 「とんでもない差別発言であることは、まぎれもない事実であることに気づきました」 「安易に『一部の身分の被差別者を犯罪集団だった』と言及したことは、『差別の助長』『差別の再生産』を聴衆の皆さんにもたらす弁解の余地のない差別発言です」 「人間としてあってはならないことを犯してしまい、慙愧の念に堪えません。この発言を全面的に謝罪するとともに、完全撤回させてください」
自分の発した、主たる論点や主張を否定・撤回しています。



予定されていた日本維新の会からの参議院選挙立候補は、6月に辞退という形で取りやめになりましたが、堺市長選後の6月10日のブログで、堺市長選の勝利のために、馬場幹事長が作成した謝罪文をアップしたと書き込み、謝罪そのものは自分の本意でないと強弁。

今回の週刊誌のインタビューでは改めて、「選挙前にあんなことは言いません」という発言の否定と前言撤回をしています。



「問題とされた発言は、何カ所も“切り貼り”編集された悪意あるものでした。訓練されたアナウンサーが、選挙前にあんなことは言いません。ただ、軽率に繊細な話題を口にしてしまった反省があります。

長谷川豊「もう政治はやりません」差別発言で参院選辞退して…

さすがに今回は、ネット民も長谷川豊氏に対して辛辣です。

馬場幹事長の意見であり、自分の本意ではないというのなら、それはすなわち長谷川豊氏自身は「差別発言ではない」と考えているということになりますから、「切り取り」かどうかではなくて、なぜ差別発言ではないのかを説明すべきです。

これでは、長谷川豊氏の論点ソラシのそしりは免れません。

「自業自得の人工透析患者」以来の暴言癖


長谷川豊氏の発言が問題視されたのは今回が初めてではなく、現状の健康保険制度および年金制度を問題視する中で、人工透析患者に言及したときが記憶に新しい。

「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」というタイトルの記事をブログに掲載しました。

そして、多くの人の批判を受けると、透析病棟の現場で働く医師10人以上を取材したとして、「自堕落な生活が原因の患者が相当な割合で存在する」といった話を聞かされたことを改めて強調。

全国腎臓病協議会(全腎協)の謝罪要求を、「謝罪については断固拒否する」と語ったという次第です。

いったい、「自業自得」や「自堕落」って、何を基準に誰が判断するのでしょうか。

意見は自由ですが、いくら何でも「殺せ!」はないだろう、と思いませんか。

自分と同意見の医師だけに聞き取りしても真実に肉薄したことにはならないし、その人たちの言う「相当な割合」について長谷川豊氏は医学的検証もしていません。

病気は、不可抗力や先天的なもの、体質などが原因としてありえる上に、交絡因子が必ず存在します。

「自堕落」に甘いものを食べすぎる人が糖尿病になる、という単純なものではないのです。

また、長谷川豊氏はその際、透析患者だけでなく、障害者もターゲットにして、「障害者は映画半額、公共交通機関利用料半額、タクシー初乗り無料、ディズニー横入りし放題」「1級障がい者は医療費をすべて無料で受けられる」などの指摘が問題視されましたが、それが虚偽であることはすでにこのブログで述べました。

長谷川豊氏問題まとめで取り沙汰された障がい者「優遇」の誤り

肝心な説明はなにもない


こうした暴言が問題視されるたびに、長谷川豊氏が決まって反論の根拠とするのが、「発言は都合よく切り取られたもの」という「切り取り」論です。

指摘されていることは、言葉を継ぎ接ぎ編集しているわけではなく、講演動画なりブログの文章なりツイートなり、長谷川氏の述べたことがそのまんま公開されているものばかりです。

「事実無根」ならまだしも、本人曰く「切り取り」ということは、切り取ったとする一部分はまぎれもなく長谷川豊氏の言葉であるわけですから、それが切り取ったがゆえの曲解であるなら、文脈と真意は本人が責任持って説明すべき性質のことです。

そうでなければ、貴重な時間を使って、その言葉の受け手となった、ブログの読者や、講演の聴衆にどう申し開きをたてるのでしょうか。

「差別発言」という指摘に対して、自分にその意図はあるのかないのか。

ないのなら、なぜないといえるのか。

あるのなら、たとえ暴言と指摘されようが、なぜそれを明言できないのか。

ブログを読んだり、講演を聴いたりした人たちに伝えたかったのは、そんな信念のはっきりしないいい加減なものだったのか。

スポンサーリンク↓

長谷川豊氏暴言の教訓とすべき点は……


長谷川豊氏の一連のブログ記事、ツイート、発言等は、その内容があまりにもひどすぎるので、そこだけがクローズアップされていますが、それだけでなく、その受け手であるブログ・ツイッターの読者や、テレビ・講演の視聴者を裏切っている点についても、私は容認できません。

そこで思ったことですが、このような自己愛は、私たちがブログを更新していても日常的に起こることです。

批判を受けると、批判に対する回答ではなく、「私の真意をわかっていない」「発言を切り取るな」という論点そらしの逃げ。

「実はあなたが知らないだけで、私はこんなふうに思っていた」等々の後出しの言い訳。

中には、誹謗中傷とは言えない忠告や感想コメントも、気に入らなければ片っ端から削除。

いくら個人ブログだからといって、こんな読者をバカにしたプロガーにはならないよう、お互い気をつけましょう。

上のイメージ画像はGracini StudiosによるPixabayからの画像

週刊FLASH(フラッシュ) 2019年7月23・30日号(1522号) [雑誌]
週刊FLASH(フラッシュ) 2019年7月23・30日号(1522号) [雑誌]

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)
他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

  • 作者: 染谷 昌利
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2016/08/11
  • メディア: 単行本


nice!(209)  コメント(9)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 209

コメント 9

pn

まあ確かに言葉の前後を切り取ったりして報道している場合は切り取り切り貼りで間違い無いけどこの人の場合は差別用語を普通に使ってたんでしょ?それで切り取ったとか言われてもねぇ。
by pn (2019-07-13 21:47) 

suzuran

切り取ろうが、貼り付けようが、そのもとになった発言の中にあったワードである以上、文句があるなら理路整然と文章にして発表すれば良いわけで、頭の中身も言葉も足りない長谷川豊のtweetで理解を得ようなんて無理ですね。

根っからの差別主義者なんだから、ヘイトスピーカーとして桜井誠にでも雇ってもらえば良いんじゃ無いですかね。
by suzuran (2019-07-13 23:30) 

犬眉母

せめて事実誤認は、潔く認めてほしいですね。
by 犬眉母 (2019-07-14 00:23) 

ヤマカゼ

最後の2行に同感です。
by ヤマカゼ (2019-07-14 06:15) 

Take-Zee

こんにちは!
知らないことが多くなったジジイです("^ω^)・・・
by Take-Zee (2019-07-14 15:47) 

風の友

こういう人は根っからの差別者で、反省は人から言われて政治的にやってる風をしてるだけだと思います。
人格的にも多いに問題がありそうですね。
こういう人を野放しにしていては、民主主義も無くなります。
by 風の友 (2019-07-14 17:32) 

ヨッシーパパ

私も、これまで以上にコメントには気を付けたいと思います。
by ヨッシーパパ (2019-07-14 18:33) 

ヨッシーパパ

>カツサンドとは言え、サンドイッチで1000円は高級ですね >
九州国立博物館の前のレストランは、ホテルニューオータニ博多が経営していますので割高です。
by ヨッシーパパ (2019-07-14 18:36) 

Rinko

ずいぶん乱暴な発言をなさる方なんですね。
世の中、いろんな人がいろんな媒体を使って発言・発信しているんだな・・・と今更ながら感じています。

by Rinko (2019-07-15 07:57) 

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます