So-net無料ブログ作成

『プレイガール Premium Collection』は昭和の“月9”ドラマ

プレイガールタイトル

『プレイガール Premium Collection』というDVDを鑑賞しました。かつて月曜午後9時から放送されていた、テレビ映画の『プレイガール』(1969年4月7日~1976年3月29日、東映/東京12チャンネル・現テレビ東京)を収録したものです。昭和の古き良き時代を思い出させるドラマの一つです。(上の画像は劇中より)



今は“月9”といえば、フジテレビ月曜21時に放送される連続ドラマ枠のこと。

でも私の子供の頃の“月9”といえば、東京12チャンネルの『プレイガール』でした。

映画会社の製作で、大物映画俳優がゲスト出演。地方ロケも多い。

しかし、肝心のストーリーは何かよくわからず、アクションもしょぼくて、小学生が観るかもしれない時間帯なのにお色気シーンもあり。たぶん16ミリで撮影しているのだと思いますが、フイルム映像も東宝映画からみたら勝負にならない粗さ。

三等上映館で流れているような、ピンク映画の如きマイナー感がありました。

しかし、そういう“昭和らしさ”は番組の個性として再評価され、1990年代に突如復活。

当時のメンバーたちが再結集し、以来メディアにも時々登場。若い女優たちでリメイク版も製作されました。

国際秘密保険調査員の報酬は保険金の1割!?


プレイガールとは、女性の国際秘密保険調査員たち。

名前はかっこいいですが、その実態は、生命保険会社が保険金詐欺の疑いのある事件を極秘に調査依頼する裏社会稼業です。

実際に存在する、火災保険や自動車保険の事故調査をするアジャスターとは全く別です。

保険金詐欺なら警察がいればいいと思いますが、保険会社はそう単純なものではないんですね。

なぜなら、保険会社は金融。お金が動きます。保険会社にとって、とられたお金は取り戻すことが大事で、警察に逮捕させてもそれだけでは1円も戻りません。

何より信用が大切な業界だけに、隠密に片付けたい事件もあるでしょう。

そこで彼女たちのニーズがあるわけです。報酬は保険金の1割。

用心棒と紛争解決要員として、大手広告代理店総務課に就職した特命係長只野仁と事情は似ていますね。

裏社会稼業なのて、警察と協力して何かをするわけではありません。

保険金詐欺の高飛びや、事件の真相解明を防ぐために、アクションシーンだけでなく拳銃をうつシーンもあります。

本当なら、拳銃を持っている時点で非合法ですからね。

ドラマの後半では、“おねえ”こと沢たまきがボス格でしたが、彼女は本来代貸格で、貸元格は“おっかさん”こと戸川昌子です。

ドラマ開始時は6人いたメンバーですが、そこから加入や降板などがあり、のべ22名の調査員がお色気アクションを毎回展開してくれました。

DVDは全287話ではなく、残っているビデオから、新メンバーが加入した回を中心に4話ずつ収録の全4巻となっています。

スポンサーリンク↓

彼女たちのアクションシーンはなぜゆっくりだったのか


毎回の定番は、レギュラーやゲストの入浴・もしくはシャワーシーンと、ミニスカートで男たちを蹴りあげるアクションシーンです。

当時、彼女たちのノロいアクションを、なんだかなあと思ってみていましたが、今見ると、少し違う感想も。

たしかに、本格アクション女優ではないこともあるかもしれませんが、それだけでなく、彼女たちは、パンチラを見せるために、わざとゆっくり演じていたのではないかと今頃気が付きました。

思えば、ジャイアント馬場のプロレスがまさにそうだったですね。

『喜劇駅前茶釜』より
『喜劇駅前茶釜』より

昭和30年代のジャイアント馬場は、決してスローモーではありませんでした。

ただ、技を観客にちゃんとみてもらうように、いきなり空手チョップやキックを相手に見舞うのではなく、構えてから相手のカラダにヒットするまでのプロセスを、まるで大雑把なコマ送りのように見せていました。これは、ジャイアント馬場が、対戦相手だけでなく観客の気持ちや反応を見ながら試合をしていたからです。

「この能力の凄さは、リング下で見ているレスラーでもなかなか気付かないし、真似できるものでもない」(『週刊現代』2012年6月9日号でグレート・ザ・カブキ)という元同業者の評価も改めて理解出来ました。

もっとも、最晩年は本当のスローモーになってしまったのですが……。

それはともかく、『プレイガール』は、当時だったら、子どもに見せたくない番組として問題にならないわけがないと思いますが、それでも放送されていたんですね。

良し悪しは別として、当時はまだこういう番組もいろいろありました。

表現の自由を、クリエーターの側が放棄していなかったということでしょう。

これは大切なことだと思います。

為政者や企業(スポンサー)にねじ込まれて、自主規制している今のマスコミとは大違い。

『巨人の星』や『タイガーマスク』などのアニメ番組でも、戦争や公害を真正面から扱う回はありました。

今は、放送局と制作会社の分業体制で、スポンサーも一社提供ではないから番組に対する愛着もなくなり、視聴率のノルマも厳しい。いきおい無難に作るようになってしまったのかもしれません。

それから、番組開始当初からのレギュラーだった桑原幸子は、東京大田区の出身。結婚引退後は実家の仕事を継いで、社長として会社を切り盛りしていることが新聞で報じられたことがあります。

その会社がある場所を、私は郵便局に行く時によく通るのですが、今度ゆっくり確認してみます。

プレイガール Premium Collection(1) [DVD]

プレイガール Premium Collection(1) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD


nice!(325)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 325

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます