So-net無料ブログ作成

悪口のすゝめ、あなたは配偶者にここまで言えるか?

『悪口のすゝめ』(村松友視著、日本経済新聞出版社)という書籍について、レビューするブログをいくつか見かけました。悪口は戒めるべきものとする場合が多いので、この“逆張り”タイトルが気になりました。そんな挑発的なタイトルで、いったい村松さんはどうまとめているのだろう。そんな興味がわきました。

warukuchi.jpg
読んでみてまずわかったこと。悪口のすゝめがいう「悪口」とは、よその人に対するものではありませんでした。では何か。配偶者にむけた「悪口」です。

静岡県島田市の市民団体「まちづくり島田」が主催する「愛するあなたへの悪口コンテスト」という催しがあり、その審査委員長をつとめてきた村松友視氏が、過去8年間の入賞作品を紹介し、解説したものです。

ちょっと古いですが、『カミさんの悪口』(TBS系、1993年)というドラマがありました。好き勝手に田村正和、篠ひろ子夫婦が夫婦喧嘩の長セリフを延々と続ける、私には名作とは思えない作品でしたが、当時はそこそこ話題になったようです。そのタイトルのもとになったのが、村松友視氏が新聞に連載していた同名の小説でした。

当時、新聞の原作には、「悪口」をタイトルとすることはけしからんという読者の投書がずいぶんあったそうです。しかし、それはタイトルへのクレームを口実にした、実は作品そのものへの不満だったのだろうと村松友視氏は解釈。以来、「悪口」という言葉にこだわりをもったようです。

入賞したいくつかの作品と村松友視氏の解説を抜粋します。まずは第1回大賞。村松友視氏はこの作品で、このコンテストの「洋々たる未来を確信した」といいます。

冷たくなった あなたの心
寝てる間に 取り出して
そーっとレンジで チンしたい
それにしてもこの作品は、“悪口”の皮の内側に“愛”という餡をくるんだ見事な出来栄えだ。過剰とも思えるこの愛のかたちの底からは、夫の心より冷たいかもしれぬユーモアまで浮かび上ってきて、夫婦のありようの何とも切ない、切羽つまった緊迫感とおかしさがあふれている。このあたりが、サラリーマン川柳とはいささか味のちがう、人生の機微に喰い込んでいる感触なのだ。

次には第2回大賞。

私の夢のサスペンス
あなたは何度も死んでいる
もし、「あなた」が「夫」となっていたら、このひとくだりはあきらかに暗い色に染まってしまう。「私の夢のサスペンス 夫は何度も死んでいる」、これは暗いし、やや本気めいてくる。「あなた」を用いたところから、夫への距離の近かさが伝わってくるのであって、「夫」でなく「あなた」としたゆえの大賞受賞ということになる。
 さてしかし、この作品のどこにク愛″があるのだろう……そのような疑問のアングルはもっともだ。その疑問に対してはこうお答えしておこう。すなわち、殺すのは夢の中ばかりで、現実に殺そうと考えているわけではないからです……と。
ということです。大賞になるだけあって、なるほど切れ味のある作品ですね。

ただ、私としては、あくまで文学作品だから許せるのであって、実際に配偶者を想定したものというのなら、こんなこと、冗談であっても、思うのも思われるのも嫌だなあと思いましたけど。

夫婦だからなんでも悪口を言えるんじゃないかという意見もありますが、レンジでチンするほど心が冷えているだの、何度も殺したいだのなんて、決して穏やかな表現ではありませんから。こちらが軽い気持ちでも少なくとも聞く方はどう受け止めるのかな、なんて思います。夫婦なんて所詮他人なんだし。心の中まではわかりません。

そんな表現をしたくなるほど追いつめられる前に、不満があったら直球勝負でその都度話し合えよ、なんて思いますけど。

いずれにしても、やっぱりこれは文学賞なんですね。

うまい、まとまっている、だけではだめで、「毒」や「謎」がなければならないのでしょう。日常と非日常の紙一重の部分を表現するのが文学作品なんでしょうね。

こういう村松友視氏の評価を見ると、私は作家にはなれないなと思います。

どこかで人間の良識とか常識をはずした視点や表現方法を持たないと、突き抜けた作品はうまれませんからね。

以下、大賞作です。第1回、2回に比べると「毒」が足りないかな、という気がしますが、どちらかというとこのくらいのほうが私向きです(笑)

(第3回)
寝言では
かなりの亭主関白らしい

(第4回)
無駄だとは
言わぬ美容師
言う鏡

(第5回)
あなたって
便座みたいにあったかい

(第6回)
ついに
鏡うつりが悪いと
言い出した

(第7回)
帰国して
「変わりはないか」
と猫に聞く

(第8回)
なぜ海へ行くかって
そこに女房がいないからさ

同書のコピーは、「女は度胸、男は愛嬌。悪口こそ、愛の証し。腹蔵なき悪口で、鬱の時代に風穴をあけろ!ユーモアと諧謔とエスプリ、恥じらいとはにかみと自分遊び」と書かれていますが、対配偶者だからこそ言葉選びが難しいのです。相当高度で勇気のある「遊び」と私は思いました。

悪口のすゝめ

悪口のすゝめ

  • 作者: 村松 友視
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2012/12/13
  • メディア: 単行本


スポンサーリンク↓


nice!(356)  コメント(31)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 356

コメント 31

toyo

>相当高度で勇気のある「遊び」と私は思いました。

同感です。
一歩間違うとシコリが残りそうで怖いですね。
亭主としては昼行灯が一番無難でいいなあ~
・・と思っています(ノ∀`)
by toyo (2013-04-03 15:41) 

さる1号

う~ん、素直に笑えないなぁ
どの回のもうなずける^^;
by さる1号 (2013-04-03 15:49) 

フヂ

第3回以降の方が、くすっと笑えますね。
笑えるのは、他人ごとだと思ってるからかもしれませんがw
by フヂ (2013-04-03 16:08) 

chima

これはちょっときついかな?でも
きみまろさんの漫談は笑っちゃいます
by chima (2013-04-03 16:16) 

ikamasa

こんにちは。「軽口」はいつもいってばかりですが、悪口はあまり言わない方ですね。でも配偶者だからいいやすく、おかえしもできる関係がほんとうは仲がよいのかもしれないですね。
by ikamasa (2013-04-03 16:30) 

ヨッシーパパ

中々楽しい川柳ですね。
最近酒量が増えつつあり、反省しています。
by ヨッシーパパ (2013-04-03 16:33) 

侘び助

あ・は・は~~私も作って見たかったけど・・・
もう手遅れとなりました。
by 侘び助 (2013-04-03 16:37) 

ryuyokaonhachioj

2日の写真にコメント有り難うございました。
色々の見方ができるでしょう~。
by ryuyokaonhachioj (2013-04-03 17:02) 

ニッキー

高度過ぎて私には無理です^^;
きっと20倍くらいになって返ってくる(T_T)
by ニッキー (2013-04-03 18:13) 

CROSTON

ん~~
まだ結婚してから一年程度なので
そんな言葉も出てこないんですが。。
いつかそんな言葉遊びするのかな~~
by CROSTON (2013-04-03 18:29) 

isoshijimi

第4回が一番ヒットです(笑)
でもやっぱりサラリーマン川柳が一番いつも笑っていますかね(^O^)
by isoshijimi (2013-04-03 18:44) 

moto_mach

第二回以外はニヤッと笑ってしまいました
第二回もサスペンス劇場最盛期の時だったら
笑えたかもしれませんね
by moto_mach (2013-04-03 18:53) 

繭

長年連れ添ったご夫婦と猫、孫もいないとやっぱ猫を通しての会話になるんでしょうか(´艸`)ムププ♪
by 繭 (2013-04-03 19:38) 

昆野誠吾

よくわかる気もしますし、受け止め方次第とも
思いますからなんとも^^;
なんでもそうですけど物は言いよう、
それぞれの関係によって同じ言葉も異なる訳で。
だから「悪口こそ愛の証」には違和感を覚えました。
長く連れ添った夫婦で悪態をつきあう姿は
ベテラン夫婦らしい機微を感じます^^
by 昆野誠吾 (2013-04-03 20:15) 

boba

ご訪問ありがとうございました<(_ _)>

配偶者だからこそ、言葉選びが難しい…同感です。。。
by boba (2013-04-03 22:12) 

mk_papanero

そうそう、遠慮なく言える、または「言ってくれる」
それが愛情です。(言わないのも愛情ですけれどw)
by mk_papanero (2013-04-03 22:19) 

RuddyCat-Lalah

『あなた』と『夫』
とても納得しました。
3回以降、『あなた』が使われているのは5回目だけですが、
毒はなくても『あなた』があるためこの悪口にも好感が持てます。
by RuddyCat-Lalah (2013-04-03 22:23) 

ja1nuh

確かに他人ごとと笑えるうちは良いですが 夢のなかでも殺されるのは勘弁です。
by ja1nuh (2013-04-03 22:56) 

みずき

ほんのり悪口で言ってる側のやせ我慢が
透けてみる方が、川柳として面白いなと
感じます。
by みずき (2013-04-03 23:19) 

はなぶく宇宙人

そのひとことで、すべてが崩れてしまうという危うさもはらんでいるのが夫婦のようにも感じます。
口にするのは、なかなかに難しいのではないかと思います。
by はなぶく宇宙人 (2013-04-03 23:20) 

ナベちはる

少しでも間違えると、下手したら離婚騒動になりかねないものばかりですね。
聞いている分には笑えてきますが、自分に置き換えてみると…なんてこともありますね(汗)
by ナベちはる (2013-04-04 00:43) 

はる

お気遣いのお言葉、ありがとうございます<(_ _)>

記事の『悪口』は、とてもユーモアのセンス度が高いなぁって関心しました。確かにサラリーマン川柳とは一味違う感じですね。
by はる (2013-04-04 02:21) 

muk

うちはだめ出しという形で直接来ます。性格が似ているせいか、直球ずばりで来るので堪えます。(笑い)
by muk (2013-04-04 04:42) 

cheese999

なるほど。。。です。
(^_0)ノ
by cheese999 (2013-04-04 05:47) 

ryuyokaonhachioj

今日は、久しぶりに晴れるようです~
散歩もできると思います・・・
花かチョウはを撮って来ようと、今から
思ってます~。
by ryuyokaonhachioj (2013-04-04 06:03) 

pandan

どれも感心するほど
よく出来ていますね。
by pandan (2013-04-04 06:51) 

やおかずみ

面白そうな本ですね。一度読んでみます。
by やおかずみ (2013-04-04 07:32) 

kyon

どれも共感出来ちゃうのがこわい^^
面白いですねぇ〜これ!
by kyon (2013-04-04 08:50) 

ponnta1351

私は(第7回)が良いですね。
愛猫を亡くしてそろそろ1年位なりますが、猫に悪口言ってました。「いやあね、ちゃんとしなくて」 「くそじじい、いやあね」

ある日、言って居たら傍にチャッカリ居た事があって、バツの悪い思いをしたことが有ります。
by ponnta1351 (2013-04-04 11:26) 

mahimahi

読んでるぶんには思わず笑ってしまうような詩ばかりですね。
でも、確かに直接言われたくないですが。。。
by mahimahi (2013-04-04 13:12) 

K

>配偶者だからこそ言葉選びが難しいのです。相当高度で勇気のある「遊び」と私は思いました。

自分も思います。言葉選びで何度失敗したことか・・・
相当勇気のいる「遊び」です。
by K (2013-04-04 17:57) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます