So-net無料ブログ作成

あわせ買いプログラム(Amazon)の狙いは何か

あわせ買いプログラム。ネットのマンモスストア・Amazonが発送する一部の低価格帯商品において、注文の合計金額が2500円(税込)以上で注文できるようになる仕組みです。つまり、これからはトンボ鉛筆1本などという注文ができなくなるわけです。

1月4日、昨日から始まっていました。こんなことなら年末に必要なものは買っておくんだった、と私のように後悔している方はいらっしゃいますか。

アマゾンといえば、2010年11月から、楽天市場などに対抗して「全品送料無料」キャンペーンをはじめました。リアルで買い物をすれば交通費がかかる場合もありますが、ネット通販は送料がかかる。さて、どっちが得かという悩んでしまうこの問題を「全品送料無料」が解決しました。

アマゾンなら店に行く必要もなく、送料も交通費もかけずに必要なものを購入することができるようになったからです。

これによって書籍や電化製品などが今までよりも楽に入手できるようになり、ああ、便利になったなあと思っていたのですが……。今回のあわせ買いプログラムによって、これからは商品によっては単品では注文ができなくなるのです。

「2500円(税込)以上」の商品の組み合わせは、「対象商品とそれ以外の商品」「対象商品のみ」のどちらでも注文可能ということですが、いずれにしても欲しいものを欲しい分だけ買う、ということが保証されなくなったという意味では、消費者としては見過ごせない「サービスの変更」です。

いくつかの個人ブログではすでにこの問題に言及されており、おおむね
・ネットショッピングにおけるポピュラリティが獲得できた
・利益確保のための戦略に転換
といった理由から、アマゾンが「全品送料無料」キャンペーンを終了して新しい販売体制に入ったのではないか、との分析をされています。

ここでいう「利益確保」ですが、もちろん、鉛筆一本の注文にいちいち「送料無料」を使わせない、というのは「利益確保のための戦略」であることに違いはないのですが、私はもう少し別の意味での「利益」があるのではないか、と予想しています。

一昨日、アフィリエイト(Amazonアソシエイト)のことを書きましたが、実はAmazonは、今回の販売システム変更に先駆けて昨年8月、アフィリエイト報酬についても変更を行っています。

細かい改定内容は書きませんが、簡単に述べると、「CD/DVD/TVゲーム」の報酬を削減して、ファッション分野の報酬を、売り上げレベルによっては倍以上にアップしているのです。

書籍、DVD、ゲームなどはもともとAmazonは強かったので、ある程度強気に出られるのですが、ファッション分野の報酬アップは、この分野をアマゾンが伸ばしたい、と強く考えているのではないかと思われます。

そして、今回の販売システムの変更。

これは、購入者側にプレッシャーをかけることによって、購入者に商品を勧める紹介者に対して、「ファッション分野」へのシフト、もしくは抱き合わせを暗に求めているのではないかなと私は考えました。

要するに、アマゾンはたんに「送料」コストをケチりたいのではなく、自社の「分野別売り上げ構成比」自体をこれをテコに大きく変化させたいのではないか、と私は見ています。

アマゾンという黒船の登場で、全国の中小の書店が影響を受けたといわれます。そういえば、近所の書店はみんなつぶれてしまいました。

「太平の眠りを覚ます上喜撰、たった四杯で夜も寝られず」が、今度はいよいよアパレル関係に「寄港」しようとしているわけです。

洋服は着ないとわからない、という見方もあるかもしれませんが、少なくともニッセンなど通販やユニクロなど廉価販売業者たちは戦々恐々ではないでしょうか。

ところで先日、ちょっと天気がイマイチですが、都立京浜島つばさ公園・京浜島緑道公園(東京都大田区京浜島)まで行って来ました。

東京城南地区の東京湾に面した東品川、大森、平和島、羽田にかけては、公園がたくさんあるのですが、地図でいうと東京国際空港(羽田空港)の真上にある島を京浜島といいます。

京浜島には、京浜島ふ頭公園、京浜島つばさ公園、京浜島緑道公園の3つの公園があり、京浜島の南側から東側の運河沿いに面した、京浜島つばさ公園と京浜島緑道公園はつながっています。

この京浜島つばさ公園は、大田区にありますが大田区立ではなく東京都立です。まあ、利用者からすればどうでもいいことですが……。

京浜島つばさ公園入り口
はっきりとした入り口がないのも特徴。
京浜島つばさ公園の森
東京湾が見える
ガードレールのないところから入ると、いきなりうっそうとした森のようなところに入り、そこを出ると東京湾になっています。

アベック
都立京浜島つばさ公園は私も詳しくは把握していませんが、ドラマのロケ地にも使われていたようですね。釣りをする人やアベックもかなり来ています。

羽田空港
飛行機が飛ぶ
海浜公園で、東京湾ごしに東京国際空港(羽田空港)発着便の飛行機を眺めることができます。ビッグバードからでも飛行機を見る場所はありますが、滑走路の斜め上からですから、この公園から見たほうが眺めはいいと思います。

もちろん入場料はなし。バーベキュー可能エリアは予約も利用料も必要ありません。家族連れでも友達同士でもドライブの折り返し地点としても使えると思います。

◆京浜島つばさ公園 大田区京浜島2丁目 電話:03-3790-2378 JR大森駅東口、京急大森海岸駅、平和島駅の各バス停から、京急バス京浜島循環で「京浜島海上公園」下車すぐ

あわせ買いプログラムについてでした。

潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)

潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)

  • 作者: 横田 増生
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/12/07
  • メディア: 文庫


スポンサーリンク↓


nice!(229)  コメント(33)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 229

コメント 33

タイド☆マン

航空無線のレシーバー片手に カメラを構える・・
という方々が多くいらっしゃいますね☆
by タイド☆マン (2013-01-05 04:28) 

そら

Amazonでのお買い物は書籍のまとめ買いがほとんどなので、即影響は個人的には感じませんけど、便利にお買い物出来る場って感覚は無くなりますよね。
by そら (2013-01-05 04:36) 

pandan

私もだいたいがアマゾンで買うかな、
やっぱりまとめ買いが多いです。
by pandan (2013-01-05 05:06) 

utamaroco

アマゾンといえばブックでしょう。ファッション?確かにイメージとしてはこれからでしょうね。
by utamaroco (2013-01-05 05:29) 

φ(・ω・)かきかき

ちょっと泣きそうです(・_・、)私はスーパーとユニクロ以外は、ほぼネットで買い物をしています。知りませんでした。年末に買い物しておいて良かった。これから困るなぁ。そういった裏があっての事なのですね。
by φ(・ω・)かきかき (2013-01-05 06:25) 

獏

なるほど~アパレルへのシフトなんですか~(^^)

by 獏 (2013-01-05 06:43) 

PopLife

前からそうだったんじゃないのですか?別に
メディアしか注文しないし、
by PopLife (2013-01-05 07:45) 

katakiyo

先日アマゾンで初めて買い物をしました。
by katakiyo (2013-01-05 08:41) 

reicoo

アマゾンとファッションって結びつかないです~。
品揃えとかどうなんだろう?
服買うなら安さでニッセン、品揃えで楽天って思うから
アマゾンなりのメリットがないと買う気にならないなあ。
by reicoo (2013-01-05 09:02) 

しきみ

もともと全品送料無料から、一定金額買わないと送料無料にならないようにするという話も(噂程度ですけど)ありますし、なんとも言えませんね(個人的に)
そもそも、このアマゾンの送料無料で配達会社が大混乱してるわけですし・・・。
アパレルに関しては、私も安さはニッセン、ちょっと上をならベルメゾンなので、アマゾンでは購入しません。
by しきみ (2013-01-05 09:23) 

コンブ

通販をまったく利用しないんです。したことが無いんです。珍しいでしょ。どうしても手に取って見てじゃないと買えないんです。だからこの問題はネットニュースで見ましたが実はあまりピンと来ていないんです。すいません。
京浜島つばさ公園とか隣の城南島海浜公園はよく飛行機を見に行きます。空港より迫力がありますよね。
by コンブ (2013-01-05 09:28) 

kyon

服はあまり通販を使いませんが、Amazonは便利なので、時々利用します。
by kyon (2013-01-05 10:16) 

さうざんバー

新年のご挨拶が遅くなって、すいません。
今年もよろしくお願いします(^^)v
by さうざんバー (2013-01-05 10:57) 

アニ

DVD・本よりはアパレルのほうが利益率が高いですから
Amazonがシフト変更するのは経営判断としては
当然のことだと思います。

ただ、一定金額で送料無料っていうのはどの会社も
やっていることですので、配送業者は大変ですが
それだけ荷物があるのも事実ですので、様々な
駆け引きが行われています。
by アニ (2013-01-05 11:39) 

こうすけ

こんにちは!Amazonのシステム変更知りませんでした。
by こうすけ (2013-01-05 12:42) 

なんだかなぁ〜。横 濱男です。

2500円以上の物を買わせる手口ですね。(笑)
以前、ネット通販で2400円くらいのペンを買いました。
やはり、2500円以上は送料(500円)無料です。
追加購入を悩みましたが、必要以上買っても仕方がないので、
送料を払って買いました。
高いのか?安いのか? 分らなくなりますね。。。
上手いところを、突いています。。
by なんだかなぁ〜。横 濱男です。 (2013-01-05 12:56) 

alba0101

ご訪問&コメントありがとうございます^^

最近の成人式は新成人の数が少ないせいか前の日から
までは行かないようですね(^^;)

by alba0101 (2013-01-05 14:12) 

ゆりあ

Amazonでは、DVDやカードなどをもっぱら買っていたのですが2500円以上からになっちゃうとちょっと厳しいかな^^;
気軽に頼める所が良かったのに、これからはそうじゃなくなっちゃうんですね~^^;
by ゆりあ (2013-01-05 17:12) 

リキマルコ

アマゾンは本ぐらいしか買ったことがないんですが、ファッションのイメージはないですね!
まとめ買いしかできないのは困るなあ~(^_^;)
by リキマルコ (2013-01-05 19:50) 

旅爺さん

爺はネット通販はやってません。
我慢我慢が節約にもなってるんですね。と思ってます。
by 旅爺さん (2013-01-05 19:56) 

つなみ

こんにちは。
密林は、古書や絶版本が欲しいときに利用しています。
東京湾のお写真、いい感じですネ(*´∇`*)
by つなみ (2013-01-05 20:35) 

むっち

こんばんは。
アマゾンのお話、気づいていませんでした。
注文するときには注意したいと思います。

ご挨拶が遅くなってしまいましたが、今年も
どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

by むっち (2013-01-05 20:36) 

chima

昨日その話を知って確認したときはまだ
アマゾンのトップページに全品送料無料の表示があって
詐欺だ!と思ってたら今はないですね
昨日のはキャッシュだったのかなぁ…
利用する方としては悲しいけど
これで頑張ってた小さな本屋さんが少し元気が出るといいですね
by chima (2013-01-05 20:43) 

yuzuhane

ご挨拶が遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。…アマゾンの分析興味深く拝見しました。
by yuzuhane (2013-01-05 21:14) 

taka

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

通販は使わないので・・・
見ないで買うのに凄く抵抗があります

by taka (2013-01-05 21:16) 

hatumi30331

まだ、アマゾンで買ったことないです。
他の通販は使ってるんですけどね〜^^
by hatumi30331 (2013-01-05 22:07) 

コンセルジュ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

返信が遅くなり申し訳ございません。
by コンセルジュ (2013-01-05 22:15) 

まる

 こんばんは。
便利なのでアマゾンを時々利用していたのですが、
2500円っていうと高額ですね。
利用頻度が下がりそうです・・・。
by まる (2013-01-05 23:43) 

ダミアン88

もっぱらアマゾンです(>_<)
そ~ですか。アパレルはいらないな~
本やCDが多いですね、でも2500円分も要らない事が多いです
by ダミアン88 (2013-01-05 23:43) 

uryyyyyy

いっぷく さん、こんばんは。

情報の分析、大事ですね。
おいらも多角的に物事を見ること習慣にしないと・・・
by uryyyyyy (2013-01-06 00:45) 

su-nya

あまりネットでお買い物はしませんが、これを買った人はこれも買うだろうと予想を立ててオススメしてくるシステムが恐いです。
by su-nya (2013-01-06 06:34) 

サンダーソニア

あら 知りませんでした。残念です。
本はR天で買おうかな。
by サンダーソニア (2013-01-06 09:43) 

ちかわ

なるほど、「全品送料無料」キャンペーン」はコレへの布石だったとは...
大変参考にナリました m(_ _ )m
by ちかわ (2013-01-06 18:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます