So-net無料ブログ作成

ベンゾピレンとアスパルテームは同じリスクか?

韓国のインスタントラーメンから、発がん性物質「ベンゾピレン」が検出されたニュースが話題になりました。新聞や週刊誌などではさっそく、「ベンゾピレン以外にも危ない食品添加物がある」という趣旨の記事を書いています。

たとえば、「日刊ゲンダイ」(10月30日付)では、具体的に、亜硝酸ナトリウム、ソルビン酸、アスパルテーム赤色2号、過酸化水素水、BHA、OPP、などを挙げています。

私もそうですが、とくに子どものいる消費者はたいてい、食品添加物は気をつけたいと考えるでしょう。

そこで、そのような記事を見ると、パニックとはいわないまでも、食品に対する選別がともすればこれまでよりも神経質になってしまうことがあります。

しかし、そうした記事は、意味や使用量など関係なく、発がんした動物実験があると、それを根拠に鬼の首でもとったように危機感をあおるものがあります。

「買ってはいけない」という本が専門家からダメ出しされていましたが、私も合理的とはいえないリスクの煽りには批判的です。

ひとつだけ例を挙げます。

上記のアスパルテームですが、「買ってはいけない」では、妊婦がアスパルテームを摂取した場合、「血中の分解性悪く、胎児の血中に高濃度のフェニールアラニンが残る可能性の報告」との記述があります。

そして、妊婦がアスパルテーム入りの食品を食べると、生まれてくる子供が「フェニルケトン尿症」になることを心配しています。

さらに、「脳神経異常・発がん性・ポリープ発生・目に奇形・生殖障害・体重の減少・血液異常などなど。アメリカでは、子どもの脳腫瘍などの引き金になるといった論争が再燃」など、リスクのデパートのように描かれています。

結論から書くと、これは合理的な判断とは言いがたい煽りです。

アスパルテームは、砂糖の200倍といわれる甘味料です。

砂糖を使うよりも効率的で、かつ糖分過多にならないようにという理由で、アスパルテームはアイスクリームやガム、炭酸飲料といった大衆向け菓子類を中心に食品全般幅広く使われています。

アスパルテームはアスパラギン酸とフェニルアラニンという2つのアミノ酸分子を結合させて製造されたもので、どちらも私たちの身体を作っているたんぱく質の材料として構成されています。

つまり、私たちは妊婦を含めて、年間に一定量のアスパルテームを口にしているだけでなく、体作りに無縁ではない物質ということです。

常識的に考えて、それでそのような病気・症状が起こっていたら、病人だらけになっていたっておかしくないでしょう。

フェニルケトン尿症は、フェニルアラニンの代謝が阻害され起る疾病です。日本では新生児約8万人に1人の割合で起こるとすでに統計も出ているもので、1983年に使用が許可されたアスパルテームを摂取したから起こるという統計の根拠はありません。

私が「パルスィート」というアスパルテーム含有甘味料のメーカーに販売員経由で問い合わせたところ、1スティック中のアスパルテーム含有量は「約15mg」だそうです。

考えても見てください。15mgで代謝異常が起こるようなら、薬品、それも劇薬扱いでしょう。

「発がん性」は、アスパルテームがジケトピペラジンとメタノールに分解され、メタノール自体に毒性があるだけでなく、ジケトピペラジンが胃の中で亜硝酸塩と結合してニトロサミンという発がん物質を生成するとの報告に基づいています。

しかし、メタノールによる致死量は体重60キロの人なら25グラムといわれています。

繰り返しますが、パルスイートなら15mgです。ということは、コーヒーに1袋入れたとして133杯飲まないと到達しない数字です。

ジケトピペラジンの報告にしても、発がん性はラットに1.5~3グラム/キログラム投与した時にみられた結果です。

人間に直せば、生後1歳の赤ん坊で15~30グラム、体重50kgの成人で75~150グラム摂取した場合の話です。これ自体、現実的ではない数字で、しかも追試では腫瘍との関連自体が認められていません。

複数のアスパルテーム入り食品を摂取すれば摂取量は上がりますが、さすがにそのような数字にはならないでしょう。

そもそも、日々食べ続けたとしても、単純な足し算で体に蓄積されるわけではなく、排泄されていきます。

これは、アスパルテームが全く無害だといっているのではありません。

量的にそのようなリスクが現実的でないといっているのです。

そもそも、どんな食材であろうが、メリットもあればデメリットもあるのです。

「買ってはいけない」では触れていませんが、実は健康のために摂るべしといわれている野菜も、胃の中である種の発がん物質を発生するといわれています。

野菜は副食の中心的な食材ですから、添加物であるアスパルテームなどとは比べ物にならないリスクがあるはずです。

しかし、野菜は危ないから食べるな、という話にはならないし、がんの発生に野菜を疑うこともありません。

野菜には摂取のメリットがあることと、発がん実験があった物質を含むことと、それを食べたらがんになる、ということは、即結びつくわけではないからです。

にもかかわらず、アスパルテームの摂取だけに、ことさら7つも8つもの病気・症状を結びつけるのは、おかしいだろうと私は思います。

まあ、そう書いている私も、好んでそうした食品添加物の入っているものは子どもに食べさせません。

唯一、噛むことにメリットがあるチューインガム(キシリトールガム)だけは、アスパルテーム入りと知っていて食べさせています。

市販品は、必ず裏の原材料を見ますし、子どものおやつは、ショートニングと乳製品を使わない蒸しケーキを作るなどしています。まあアスパルテーム云々というよりも、ショートニング対策なのですが。

いずれにしても、自分の力で避けられる範囲なら、なるべく避けようという「予防原則」といったところです。

自然科学の世界には「予防原則」という言葉があります。科学的にわかっていないものについて、結論が出ていなくても、というより結論が出ていないからこそ、それを規制したり回避したりする立場のことです。

ですから、各家庭や個人の判断で、得体の知れない食品添加物を避ける生活をすることは間違っているとは思いません。

しかし、根拠として使えないものを口実にリスクを吹聴することについては、似て非なる“ニセ科学”だと思っています。

みなさんは、食品添加物を気にされますか。

健康情報・本当の話

健康情報・本当の話

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本


nice!(182)  コメント(15)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 182

コメント 15

bamboo

私は「赤色×号」とかタール系色素はやっぱり避けます。
でも外食では避けようがないし、完全に避けるのは
あきらめてますけど。
by bamboo (2012-10-31 04:14) 

1stdmain

アスパルテームは気にしませんが、辛ラーメンは気にします。
法律で認められた添加物と、即回収の発ガン物質の違いもわからんゲンダイはトンデモです。
by 1stdmain (2012-10-31 04:30) 

pandan

出来るだけ避けてるけど、
知らず知らずのうちに摂取してることもある
かもしれませんね。
by pandan (2012-10-31 05:58) 

hatumi30331

気にし過ぎると生きて行けません!^^;

いつもありがとうございます。
また12月からよろしくね〜♪^^
by hatumi30331 (2012-10-31 06:58) 

ぴーすけ君

Boo! To You♪ Happy Halloween!
by ぴーすけ君 (2012-10-31 09:20) 

サンダーソニア

Trick or Treat?  ヘ(ΘΘ)ヘ

極論ですが 過剰に摂取すれば 何でも毒です。
美味しく 楽しく いろいろな種類の食べ物を
摂取することが一番だと思っています。
by サンダーソニア (2012-10-31 10:05) 

φ(・ω・)かきかき

煽られると左右されちゃうんでしょうねぇ。そんなこと言っていたら何も食べられなくなっちゃいますよね。偏った食生活にならないようにすればいいかなぁって思います。
by φ(・ω・)かきかき (2012-10-31 10:15) 

rtfk

こうしてご解説いただくと安心しちゃいますが
一人で買い物しているとどうしても無知なせいか
韓国製・中国製の食品は避けてしまいます。。。


by rtfk (2012-10-31 14:50) 

chima

亜硝酸ナトリウム・ソルビン酸・アスパルテーム赤色2号…
避けてたら買うものなくなっちゃいます…
by chima (2012-10-31 15:18) 

さうざんバー

表記は見ますが、あまり気にしていません(^^;)でないと、食べられるものがなくなっちゃうので(^^;)

by さうざんバー (2012-10-31 15:47) 

koume

お返事書きに来ました~。
日曜日=休診日となっている病院は、どの科でも日曜は予定の手術はしませんよ~。
あくまで緊急手術だけですね。

予定を組むという事は、執刀医・助手医師・手術担当看護師数名・麻酔科医の手配が必要だし、病棟も手術対応できるだけの人数配分が必要です。
そうなると、休診日の人数配分では無理なので。。。
緊急手術の場合は、当直医とか携帯呼び出しとか、病院待機の当番スタッフで行います~。
ただし、他の病院から専門医を招くとかそう言う場合は、稀に日曜(休日)予定手術と言うのもありますよ。
by koume (2012-10-31 18:28) 

あいか5drr

ブログ2周年の記事にお祝いコメントを頂きまして、
本当にどうもありがとうございましたm(__)m

どうぞこれからも宜しくお願い致します<(_ _)>

本当に怖いんですね…。
なるべく食べないようにしたいと思います!
でも辛ラーメン2回くらい食べたことがあるんです^^;
大丈夫かな(T_T)
by あいか5drr (2012-10-31 19:10) 

uryyyyyy

いっぷく さん、こんばんは。

農心のは発がん性以前に
衛生面で問題ありすぎでしょ。
by uryyyyyy (2012-10-31 20:01) 

taka

私はほとんど自炊で調味料も高いですが昔ながらのものを使います
高いと言っても変な加工食品を買うより安いですから
でもインスタント食品やレトルトなども、
非常用には確保してあり食べることもあります

by taka (2012-10-31 22:03) 

kyon

子どもの成長とともに、あんなに気にしていた添加物や加工品、最近意識が薄れていました。
あらためて食を考えたいと思います。
by kyon (2012-11-01 16:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます