So-net無料ブログ作成

『驚異の視力回復法』で視力は回復するか [健康]

『驚異の視力回復法』(中川和宏著、三笠書房)について書きます。
戦後史といえば1945年以降を前提としていますが、その67年の間に、科学・医学は著しい発展を遂げました。が、私たちの日常生活ではまだまだ解決できていない病気や症状に満ちています。

たとえば、目の病気・症状はその代表的なひとつです。近視、乱視、老眼、視神経性の視野欠損(緑内障や糖尿病網膜症など)等、現代人は眼が正常である、といえる人の方が少数ではないのでしょうか。

私も、強度の近視であり乱視でもあります。あ、老眼も入ってきました。何通りかのコンタクトレンズを度数によって使い分けていますが、いちばん度の強いのをつけると、新聞のベタ記事や、写真の人物凝視がやや怪しくなります。

近視はともかく、老眼は40歳過ぎると誰でもそうなっていく老化現象……と思っていましたが、それを「間違い」とはっきり言い切る記事が「日刊ゲンダイ」(7月27日付)に出ていました。

『脅威の老眼回復法』(三笠書房)などの著書があるビジョン・フィットネスセンターの中川和宏所長です。

調べてみると、この中川和宏氏は方、最近メディアに引っ張りだこのようですね。

眼が心配の私は、思わず中川和宏氏の著書を買ってしまいました。

『脅威の老眼回復法』では、老眼は脳の機能が老化することで起こる。だからそれを改善することで老眼も防げると書かれています。

「一般的に老眼は、『目のピント調整能力の衰え』と考えられています。確かにそういった要素もありますが、もっと大きく関係しているのが脳の機能の低下です。日が捉えた映像の情報を脳で判断・解釈して初めて、目の前にあるものが『見える』。ところが、脳の機能が低下すると、それができないのです」

「「脳の機能は加齢とともに衰えていきます。細胞が老化するからです。レかし近年、意識して“訓練”することで、脳細胞が復活することが複数の検査で証明されています。つまり、脳の細胞と関係の深い老眼も、改善することができるのです」

中川和宏氏は、老眼改善についてたとえばこんなトレーニングを提案しています。
1.クロージング・オープニング法...まぶたをギューツと閉じて、目を大きく見開き、バッと上を見る。まぶたをギユーツと閉じて、目を大きく見開きバツと下を見る。同じ要領で、右、左も見る。
2.スピード遠近法...「4メートルほど離れたところのカレンダーやポスター」と「手元から40?50センチ離したところの新聞や本」を交互に見る。最初はゆっくり、徐々に速く。
3.平面遠近法...紙に、「あ」から→「ん」まで順不同で書く(できれば別の人に書いてもらう)。それを「あいうえお」順に文字を迫っていく。遠くできるようになったら、その逆に迫っていく。
4.イメージ近法...手元の本の1文字を3秒間、焦点を合わせて見る。次に3秒間目を閉じる。その間、目は閉じているが、文字に焦点を合わせ続けているイメージを保つ。バツと目を開け、先ほどの文字に焦点が合っているか確認。できるようになったら、5秒、10秒と時間を延ばしていく。

『脅威の老眼回復法』にはそうしたトレーニングが何通りも書かれています。

書籍購入以来2ヶ月。そのすべてではありませんが、気になる症状(近視、乱視など)に該当するトレーニングを行いました。

その結果はどうだったか。

スポンサードリンク↓

私は2ヶ月に1度ぐらいの間隔で、眼科医に視力等を診てもらっていますが、2ヵ月後にはかったところ、

なんと、一番上も満足に見えない視力が急に2.0に!

……とはなりませんでした。

パソコンを夜遅くまで使った次の日は若干視力が下がるのですが、このときはパソコンを使っていても下がらなかった、という程度の「成果」でした。ま、これも有意なものかどうかはわかりませんが。

思うに、『脅威の老眼回復法』で行うトレーニングでできることというのは、「回復法」ではなく「可塑化」ではないかと思います。

近視にしろ乱視にしろ老眼にしろ、緑内障にしろ白内障にしろ、いったん損傷したり変形したりした部分は元に戻りません。

ただ、残った正常な部分を鍛えることで、失ったり変質したりした部分を機能的に補うことはある程度可能で、それを実現するためのものではないかと思います。

「逆効果」になるようなものはなさそうですし、お金をかけて器具を買うようなトレーニングではないので、“モノは試し”でチャレンジされてもいいかもしれません。

【目のトレーニング&ピンホールアイマスク関連記事】
>>ピンホールアイマスク、視力回復説の真相は?
>>ピンホールアイマスク、男女、子供用など大特集
>>『進化版 視力アップアイグラス』で視力は回復するか!?

驚異の老眼回復法: 眼精疲労・白内障・緑内障・加齢黄斑変性にも効果絶大!

驚異の老眼回復法: 眼精疲労・白内障・緑内障・加齢黄斑変性にも効果絶大!

  • 作者: 中川 和宏
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2012/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(138)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 138

コメント 11

1stdmain

そんなに簡単に眼がよくなったらレーシック業者は廃業ですね
by 1stdmain (2012-10-08 01:21) 

はる

私も最近老眼が迫ってきて…。腕時計を替えようかと考えております。
by はる (2012-10-08 03:01) 

旅爺さん

目もやはり運動しないと衰えるんですね。
爺は年寄りですが、老眼鏡はPCや新聞読む時だけです。
度は1,5の弱い眼鏡でホームセンターの1000円ものです。
by 旅爺さん (2012-10-08 05:40) 

pandan

とっても気になる〜
PCで眼は疲れるし、
眼のトレーニングいいですね。
by pandan (2012-10-08 06:06) 

beny

 早速、試してみます。
by beny (2012-10-08 09:10) 

よいこ

やるといいとはわかっていても、なかなか面倒なことは続きません ^^:
by よいこ (2012-10-08 10:54) 

φ(・ω・)かきかき

赤字にびっくりしました。そんなに良くなるの?!
危うく騙されるところでした。
ちゃんと最後まで読んで良かった。
あ、毎回ちゃんと読んでいますよ(苦笑)
by φ(・ω・)かきかき (2012-10-08 23:26) 

chima

近くも遠くも見えません
脳が相当働かなくなっているんでしょう^^;
by chima (2012-10-09 06:56) 

momiji

確かに脳が認識するのですから、脳の活性化もしないとですね。
by momiji (2012-10-09 14:56) 

k_iga

昔は「まぶたをギューツと閉じて」はやらない方が良いと
眼科医は言ってましたが指導も変わったんですね。
by k_iga (2012-10-09 23:25) 

chinako33

近眼を治すのに、遠くの山を見る。毎日、これを繰り返すことによって近眼は多少は治ると聞いた記憶があります。
山は紅葉ではなく、緑豊かな山との事です。

by chinako33 (2013-01-05 00:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます