SSブログ

『男女7人夏物語』と『男女7人秋物語』は今も思いださせる名作 [懐かし映画・ドラマ]

男女7人夏物語

『男女7人夏物語』が放送されてから、今年でまる30年になります。同作には『男女7人秋物語』という「続編」も作られましたが、前者がトレンディドラマのハイライト、後者が、男女の結びつきの難しさを表現する人間ドラマになりました。どちらも鎌田敏夫氏による名作だと思います。

『男女7人夏物語』と『男女7人秋物語』

今日のFacebookで、『男女7人夏物語』と『男女7人秋物語』が話題になっていました。

男女7人夏物語

トレンディードラマのハイライトといえるようなこの2つのドラマは、いまだにネットでは話題になりいろいろなコメントが連なります。それだけインパクトの有るドラマだったんですね。(上の画像はFacebookより)

『男女7人夏物語』とは


男女7人夏物語
『男女7人夏物語』より

『男女7人夏物語』は、旅行代理店のツアーコンダクター・今井良介(明石家さんま)と彼のマンションに酔いつぶれて転がり込んできた、フリーライター・神崎桃子(大竹しのぶ)を中心に物語が進みます。

2人は、それぞれ友人を従えた合コンで再会します。

今井良介(明石家さんま)は、大学・ボクシング部の同級生の野上君章(奥田瑛二)、大沢貞九郎(片岡鶴太郎)と、神崎桃子(大竹しのぶ)は、コンパニオン時代の同僚である浅倉千明(池上季実子)、沢田香里(賀来千香子)、椎名美和子(小川みどり)らのグループでした。

3人対3人ですと、なんとなくカップルが決まったらそれで話は固まってしまいます。

しかし、この設定は3対4で、必ずしもメンバーの全員が恋愛模様を織りなすわけではありません。

だけれど、主人公の今井良介(明石家さんま)をめぐる神崎桃子(大竹しのぶ)と浅倉千明(池上季実子)のさやあてがあり、片思いですがそこに大沢貞九郎(片岡鶴太郎)も絡むという展開です。

結論として、野上君章(奥田瑛二)と沢田香里(賀来千香子)は結ばれます。

浅倉千明(池上季実子)は、神崎桃子(大竹しのぶ)のために今井良介(明石家さんま)を諦め、大沢貞九郎(片岡鶴太郎)を好きになろうとします。

しかし、肝心の神崎桃子(大竹しのぶ)は、マイケルジャクソンの取材をしにアメリカに行くと言い出し、今井良介(明石家さんま)との関係の発展はならず。

ハッピーエンドにはなりませんでした。

『男女7人夏物語』トレンディドラマの先駆けとなった恋愛群像劇
池上季実子&岩崎宏美、明石家さんま&大竹しのぶの“本当の話”暴露

登場人物たちの職業が、みんなトレンドの「かっこよさそうな」仕事ばかり。

たとえば、浅倉千明(池上季実子)はカストマディーラー、沢田香里(賀来千香子)は照明設計室勤務、椎名美和子(小川みどり)はプロ野球のウグイス嬢。野上君章(奥田瑛二)が商社マン、大沢貞九郎(片岡鶴太郎)が結婚式場職員。

大沢貞九郎(片岡鶴太郎)が地味といえば地味ですが、それ以外は、カタカナ職であったり、国際的であったり、メディアに関わりを持ったりなど、「普通の会社員・OL」からすると、華やかであったり、やりがいがありそうだったりします。

必ずしも、官僚だの、一部上場企業だのといった、伝統的な「エリート」ではなく、トレンディーな職業であることがポイントです。

しかも、服装も住宅も食事もトレンディ。同年代の人たちから見たら羨ましい限りです。

まさに、トレンディドラマのハイライトと言ってもいいような設定でした。

そして、感情移入したくなる男女の機微を描けば、人気作品となるのは当然です。

スポンサードリンク↓

『男女7人秋物語』とは


一方、『男女7人秋物語』というのは、ストーリーや登場人物は『男女7人夏物語』を継承していますが、ドラマのテイストは、トレンディドラマとしての質が少し変わったような気がしました。

ストーリーは、アメリカからなかなか帰ってくるとの連絡がない神崎桃子(大竹しのぶ)。

今井良介(明石家さんま)は寂しくなり、清州のマンションを引き払い、留守番ということで木更津の先輩の家に住んでいました。

神崎桃子(大竹しのぶ)は連絡できるはずもなく、なぜなら、アメリカで知り合った横山健(柳葉敏郎)と帰国して一緒に暮らしていたからです。

お互いが病気になった時、横山健(柳葉敏郎)と介抱しあい、わかれることができなくなったというのてす。

フェリーで神崎桃子(大竹しのぶ)と再会した今井良介(明石家さんま)は大変なショックを受けました。

しかし、気持ちを取り直し、大沢貞九郎(片岡鶴太郎)、そしてやはりボクシング部の同級生だった高木俊行(山下真司)らと合コンをしたときの相手である釣り船屋「荒三丸」を父親のかわりに経営する沖中美樹(岩崎宏美)、風洞研究所勤務の島村一枝(手塚理美)、チケット販売センター勤務の小泉ひかる(岡安由美子)らとの交際を考えます。

がまんごっこ

『男女7人秋物語』より


『男女7人夏物語』は、今井良介(明石家さんま)と神崎桃子(大竹しのぶ)の住まいをむすぶ清洲橋が舞台になっていましたが、今回は川崎であり、鶴見であります。

川崎が新しく地下街を作って生まれ変わり、「銀柳街」にかわってチネチッタなど、新しい施設も作られました。

ただし、まだ「海ほたる」や海底トンネルは完成しておらず、川崎から木更津はフェリーを使っており、すなわち変わりつつある川崎や、百万都市横浜らしくない鶴見の国道駅周辺を舞台にしています。

今井良介(明石家さんま)は、沖中美樹(岩崎宏美)との関係が少しずつ進展しますが、男女関係に屈折した思いを抱く島村一枝(手塚理美)が、ジャマをするために横恋慕。

神崎桃子(大竹しのぶ)は、つい断れなくて横山健(柳葉敏郎)と暮らしているものの、今井良介(明石家さんま)を諦めきれず、しばしば電話をしてちょっかいをだします。

今井良介(明石家さんま)は、そのために判断を誤り、島村一枝(手塚理美)といったんは関係してしまいますが、許してくれた沖中美樹(岩崎宏美)のために、こんどこそこの関係を結実させようと決意します。

しかし、今井良介(明石家さんま)と関わっているうちに、すっかり昔を思い出した神崎桃子(大竹しのぶ)は、今井良介(明石家さんま)への思いを隠しきれず、今井良介(明石家さんま)も結局神崎桃子(大竹しのぶ)を
採ります。

男女7人秋物語・妊娠4.png

そのため、一時期は三角関係でどろどろに。

【関連記事】
『浮雲』の高峰秀子と『男女7人秋物語』の大竹しのぶ
東京ガス・ワンダーシップ環境エネルギー館と荒三丸
男女7人秋物語、“理不尽”ストーリーとシャカタクのBGM再び
『男女7人秋物語』“がまんごっこ”の川崎球場は今……
『男女7人秋物語』京急大師線旧六郷橋駅前で「戦後最高」の恋愛場面
来て!見て!感じて! 鎌田敏夫イズムリファレンス
『男女7人秋物語』“がまんごっこ”の川崎球場は今……

『男女7人夏物語』から始まった、今井良介(明石家さんま)と神崎桃子(大竹しのぶ)の関係は、沖中美樹(岩崎宏美)と横山健(柳葉敏郎)を傷つける形で成就します。

誰かを好きになるということは、だれかを傷つける、というテーマが展開ごとにあてはまる、なんとも重いストーリーでした。

しかし、登場人物はみなおとなになり、トレンディートーラマから一歩発展した、大人の心を語るドラマであったと思います。

男女7人夏物語 DVD-BOX

男女7人夏物語 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD


nice!(63)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 63

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

Copyright © 戦後史の激動 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます